世界陸上女子マラソンから目が離せません

日本からは安藤友香、清田真央、重友梨佐が出場しています。

今も気になっているところですが、まずはポルトガルのリベイロがいきなり飛び出して独走状態でしたが、その後 先頭はイギリスのディクソンに代わりました。日本の3名も先頭集団に入っているようなので、このまま状態をキープして頑張っていってもらいたいです!!
テレビから目が離せません。

リベイロ(ポルトガル)


リベイロ(ポルトガル)がディクソン(イギリス)に
抜かされる

安藤友香、清田真央の走り方が独特なフォームで、両手を下げたまま、手を振らず、足も小股で走るんです。
『忍者走り』といわれるフォームだそうです。
解説の高橋尚子さん曰く、「上下動を少なくしてヒタヒタと走る『忍者走り』のフォームで、非常にマラソン向き」とのことです。

清田真央(手前)と重友梨佐


安藤友香

引用:https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1868112.html

手を振らないのでラクそうにみえますが、実際にはどうなのか、今度試してみようかななんて思っています。

今日も日が落ちてから走りましたが、まだ暑かったですけれど、なんとか楽しく走ることができました。。

日中の暑い中、日差しも照りつけ、狭い道やカーブもあり、急な上り坂もある。
そんな過酷なコースを淡々と走っているランナーたちが、羨ましくあり、それだけの練習量を重ねてきているんだろうなという尊敬の念を持って、画面をみつめています。

それにしても、増田明美さんの解説は素晴らしいですね。
なんといっても声がいいです!癒やされます!
各選手の細かいエピソードまで色々と調べ上げていて、マラソンを見ながら「ふむふむ、そんなことまで知っているんだな〜」と感心しています。

野口みずきさんの声も聞きやすくて、とてもいいなと思います。

今のところ、清田真央がなんとか食らいついている模様です。
頑張れ〜 ファイト!

ランキングに参加しています

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です