やっぱり大好き『数独』

かれこれ12年近く飽きずに楽しんでいます。

娘が久しぶりに家にいたので、楽しくいろんな話しをしていたら、急に なにを思い出したのか「そういえば、私にくれた数独の本はどこにあるの?」と、言うので、探して、本を渡すと、
「お母さんは 数独やっているの?」と聞かれて、

はぁ??
あっ、そうか、寝る前に寝床でやっているから、やっているのは知らないのか。。

私:「毎日、やっているよ。」

娘:「えーーー。そうなの。知らなかった。 よく飽きないでやっているよね。」

私:「楽しくて、楽しくて、毎日の習慣になっているし、やると、すぐに眠くなるんだよね。」

娘:「もう10年近くになるんじゃない?」

そうか、もう12年近くやっているかもしれないな。。

  

新聞の日曜版に クロスワードパズルと一緒に数独が載っていて、問題を解くのが毎週の楽しみになり、もっとやりたいなということで、数独の本があることを知り、それからずっとハマってしまったという訳なんです。

数独(すうどく)は、3×3のブロックに区切られた 9×9の正方形の枠内に1〜9までの数字を入れるペンシルパズルの一つである。「 ナンバープレース(ナンプレ)」とも呼ばれる。

【数独のルール】
あいているマスに、 1から9までの数字のどれかを入れます。
タテ列 (9列あります)、 ヨコ列 (9列あります)、 太線で囲まれた3×3のブロック (それぞれ9マスあるブロックが9つあります) のどれにも1から9までの数字が1つずつ入ります。

例題

こたえ

http://www.nikoli.co.jp/ja/iphone/sd_tutorial/

問題を解いていると、すぐに眠くなって、なかなか進まないのが難点ですけどね。。
いつまで続くかはわからないですが、毎日 寝る前の楽しみがあるのって、なんだかワクワクしちゃいます〜(*^_^*)

ランキングに参加しています

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です