参った1日…。はぁ〜〜疲れました〜(゚∀゚)

こんな日もあるさと自分に言い聞かせました……トホホ

「うちの旦那は大丈夫かな」と、本当に心配になった日となりました。

今日、旦那は 初めて行く病院で検査をする日でした。

携帯電話が鳴り、「誰だろうな」と画面を見たら、旦那の名前が出ていました。

検査に行って何かが起きたのではと ドキドキしながら電話に出たら、なんと?!お財布を忘れたと言うではないですかっ?!

「はぁ〜〜〜??、え〜〜〜??」となりましたよっ。

病院に行くのに、お財布を忘れますかねっ。

この間は、鍵を忘れて会社に行っちゃうし。まあ、会社に合鍵があったから難を逃れたようですけど。

なんだか、ここのところ忘れ物&物忘れが多くて、本当に大丈夫かなと心配になります。

そんなこんなで、「お財布を病院に持ってきてくれないか」と言うんですね〜

「そんな、無理だよ〜」と言えば、
「お財布がないと支払いができないし、どうするんだよ」と、逆ギレモード。

仕方なく持っていくことに。。
でもでも、初めて行く病院なので、無事に着けるのかどうか不安で仕方がありません。

病院の地図を送ると言っても、なかなか送られてこずで、とりあえず、最寄り駅まで行くことにしてみました。

送られてきたGoogleMapが英語表記で、全然わからなくて使えず、住所とビル名はメールで送ってきたのはいいんですけど、病院名が書いてなくて、人に聞くにもビル名しか言えずにホントに参りました。

最初に聞いた人には、「このビルのことは分からない」と、冷たくあしらわれ。

次に聞いた人には、「そのビルは、隣のビルですよ」なんて言われて、顔から火が出そうになるし。

やっとこさ、隣のビルに着いて、病院のある階をめがけて飛び乗ったエレベーターは11階までノンストップで、慌てた・慌てたでした。

自分だけが知っている、間違ってしまった出来事なんですけど、降りるときのなんともいえない恥ずかしさ。
そしてまた、素知らぬふりして、下に降りる矢印のボタンを押す。

エントランスで、女性にお聞きしたら、反対側に1階ずつ止まるエレベーターがあったんですね…トホホ
女性の方、忙しくしているところをお聞きしまして、ありがとうございましたm(_ _)m

心の声:「そんな反対側にあるなんて知らんがな〜」

やっとこさっとこ、病院のある階に着きましたけど、今度は病院が分からない。
ウロウロ、ウロウロ。
わかりにくいところにありました〜

「やっと着いた〜 あ゛ーーー、疲れた〜」

窓口で、「財布を届けに来ました」と言うのも、恥ずかしいものですね…

「どんだけ、とぼけているんだよ」というのを自分から言っているようなものですからね。

まあ、そんなこんなで、旦那に無事に届けられましたが、ビルが一体どこなのか分からなかった時に、旦那が電話に出たので、すかさずに言った「どこなのかなーーー??」という声が診察室中に響いたそうなんです。
そんなの当たり前ですよ。
ホントに「どこなのかなーーー??」と必死だったんですから。

先生も笑っていたということで、旦那は恥ずかしかったようですが、そんなの知ったこっちゃーないです。
財布を忘れたのはそちらなんですからね。

まあまあ、色々と愚痴りました。
こんな日もあるさですね。
月曜日からこんなんじゃ1週間が長く感じるでしょうけど、なんとか頑張っていきたいと思っています。

気を取り直して、娘がいないこともありで、夕飯はおあずけで、、旦那と近所の居酒屋チェーンに行った次第です。

またまた、大好物の白子を頼んでしまいました〜(*´∀`)
 

  

満足・満足・大満足です!!

ランキングに参加しています

7+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar
  • avatar

コメントを残す