久しぶりに見た『超ムーの世界』

UFOと核施設

一度、DVDを借りて見た『超ムーの世界』。

引用:BS12 トゥエルビ『超ムーの世界R』

なんと!今、BS12 トゥエルビで日曜日の20時から放送しているのですね!!
番組表で見つけたときは、飛び上がるほどに嬉しかったです。

番組名を見たら、”R”がついていて『超ムーの世界R』となっていました。
更にパワーアップされたのかなと嬉しい悲鳴です。

出演者は、
・島田秀平(お笑い芸人)
・三上丈晴(雑誌「ムー」編集長)
・並木伸一郎(超常現象・怪奇現象研究家)
・キック(サイキック芸人)
・角由紀子(不思議・ディスカバリー系WEBマガジン「TOCANA(トカナ)」編集長)
と、『超ムーの世界』と変わらないメンバー。

前も言ったかもしれませんが、こんなことを言ってはおこがましいですけれど、なんだか仲間のような気持ちになって見てしまうんですよね。

なかなか、この手の話を一緒に分かち合うことがないので。。。

変わり者という、冷たい目で見られるのがオチですからね。

なので、どうしてもワクワクしてドキドキして見てしまうんです!!

並木伸一郎先生(超常現象・怪奇現象研究家)がお話された”UFOと核施設”の内容がとても気になりました。

必ずと言って、核施設の周辺にUFOが現れるという話で、原発の周辺にUFOが多発しているというのです。世界中でもフランス、ベルギー、メキシコ、アメリカでも。なぜなのか??

3.11東日本大震災の時にも実はUFOが出て、その様子がアメリカで放送されたが、日本では未公開でした。ウェブカメラが葉巻型のかなり大きなUFOを撮っていました。

福島第一原発上空では、小さなUFOも当時盛んに飛んでいたそうです。

まあ、あの時の日本での状況では、放送はできなかったでしょう。
そんな状態ではありませんでしたし、そんなことを放送しては不謹慎に思われます。

でも、なぜ原発の近くにUFOが現れるのか?

チェルノブイリ原発事故の時も、空にUFOが現れて赤いビームを出し、そのおかげで大きな爆発事故が収まり、UFOのおかげであの規模で済んだのではないかと。

UFOは、核に興味を持っていて、監視しているのではないか?

長崎と広島に原爆が投下された後 目撃が増えている。
その後アメリカが核実験を行っているが、更に目撃が増えている。

第三次大戦で核戦争が起きたら地球は危険なので、警告のために来ているのではないか。

1970年代核ミサイルを持つ基地のそばにUFOが来た際に電子機能などが止まった。
UFOは核を止める能力を持っている。

核戦争になったら、UFOがもっと強力な武器で人類を阻止する可能性もある。
核によって地球が危ない方向に行くのを止めてくれる。

古代に神々が核戦争を起こし、地球が一度滅んでいる。
神は一度核で失敗しているから、人類を監視している。
再び過ちを起こさないようにしている。

宇宙法というのがあって、他の星に干渉し過ぎてはいけないらしい。
最低限のことならやってもいいらしい。

神いわゆる異星人が地球にいて約束ごとがあった。
人類は核には手を出すなと。

核は神の火をいわれている。

人類は核を使わないという約束を反故にされている。
恐らく古の契約があった。

UFO事件は突き詰めると、核や原子力、原爆が絡んでくる。

という並木伸一郎先生のお話には、「うん、あり得るかも」と納得し、UFOが監視し守ってくれているのかと思うと、また違った見方ができていいかもしれません。

都市伝説の最後の決め台詞「信じるか信じないかはあなた次第です」

ポチッと応援してくださると嬉しいです♥

7+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar
  • avatar

コメントを残す