2018年 CM高感度ランキングが あんまり納得がいかないんですけどね…

特に印象に残ったCMもそんなにないんですけど…

テレビCMの動向などを調査するCM総合研究所が2018年のCM好感度ランキングを発表しました。

その結果がこちらです。

 

上位は携帯会社3社。

それもどうかと思うんですけどね?!

好感度というか、もう、それくらいしか印象に残るCMがないんじゃないのかな。

4位に入っているIndeedのCMも飽きる感じがしました。
斎藤工くんは好きなのに、あのCMは、なんだか くどくてあんまり好きになれませんでした。
坂本九さんが歌ってヒットした『幸せなら手をたたこう』の素敵な曲が、あのCMの替え歌に使われているのも、”ちょっと”という感じです。

それと、気になったのは、『トリバゴ』のCMが やたら多かったように感じたんですよね。

『トリバゴ』のCMの素敵な外人の女性は、可愛くて綺麗なんだけど、なんか昔っぽくて、ファッションもイマイチ。
そういうところがまた目を引いちゃうんでしょうけど。

気になるのは、ホテルの料金が本当にあそこまでそれぞれ違うんでしょうか??

そして、出ました!
9位にランクインした『ハズキルーペ』。

528位から9位にって、スゴい躍進ですね〜

一体、どういうこと??

舘ひろしのときは最悪でしたけど、渡辺謙さんのほうは まだ許せるかなという感じかな。
『西郷どん』で島津斉彬を演じていたのが功を奏したのか。

ランクには入っていないんですけど、面白いなと思ったCMは、ムロツヨシさんが子供だったり、おばあさんになったりする ニッスイの大きな大きな焼きおにぎりのCMです。

そして、なんといっても吉野家のCM。

いつも笑かしてくれる佐藤二朗さん。

今年のCMも大変に面白かったな。

ランクに入らなくて残念でしたけどね。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♥

6+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar

コメントを残す