のん《能年玲奈》ちゃんの初舞台『私の恋人』気になります!!

『私の恋人』あの名女優 渡辺えりさんが脚本と演出を務める舞台だそうです!!

ここのところの芸能界では、吉本興業・ジャニーズ事務所の問題が明るみに出て、前からこういう問題はあったことは分かってはいましたが、所属している会社のいいなりにならないと後々テレビ、業界から干されてしまうという怖い仕組みがあることが分かりました。

《能年玲奈》改め《のん》となってだいぶ日が経っているのに、いまだにテレビ・ドラマで見かけることがない、CMにしか出ていないような。。。

所属していた事務所「レプロエンタテインメント」と契約をめぐってトラブルとなり、独立後も活動の場が狭められているようですね。

映画『この世界の片隅に』の主人公すずの声を担当したのんちゃん。
いや〜、素晴らしかった。
すずの声と のんちゃんの声がマッチしていて、『この世界の片隅に』がよりリアルなものとなったと言っても過言ではないと思うのです。

@non_staffnews Twitter

連続テレビ小説『あまちゃん』で国民的人気女優になった のんちゃん。
のんちゃんのドラマをまた見てみたいものです。
『あまちゃん』の脚本を手がけた宮藤官九郎さんと親しいということから、もしかしたら、もしかしたら、NHK大河ドラマ『いだてん』に出演するかもという噂が飛び交っているようです。

わあ、これが本当に実現すればいいのにな!!
楽しみです!!

なんと!JR西日本の『ホーム転落防止キャンペーン』イメージキャラクターを務めた のんちゃん。
JR大阪駅の『時空の広場』で啓発イベントに出演し、アルコールの飲み過ぎなど、安全に注意するよう求めました。

@non_staffnews Twitter

細々とですが、頑張っている のんちゃん!!

その のんちゃんの初舞台『私の恋人』。
共演が、脚本と演出を務める渡辺えりさんと小日向文世さん。
この面子からして面白いに決まっていると言っていいのではないでしょうか。
そしてもっと面白いのは、30の役をたった3人で演じるということ。
一体どうなっちゃうのかな??
想像するだけでも面白そう。

『私の恋人』
今年、第160回芥川賞を受賞して注目を集める上田岳弘が2015年に発表した同名原作をベースに、渡辺えり流の切り口で贈る音楽劇。
今回は、かねてより渡辺えり作品への出演を熱望していた小日向文世とのんの二人を迎え、渡辺えり自身の念願だった“たくさんの役柄を少人数で演じきる”という手法に挑み、時を超え、性を超え、物理も超えて30の役をたった3人で演じます。
三島由紀夫賞を受賞している話題の原作を、どのようにアレンジし、演技派の3人がどのように表現していくのか注目の作品です。

ポチッと応援してくださると嬉しいです♥

6+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar

のん《能年玲奈》ちゃんの初舞台『私の恋人』気になります!!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 音と言葉 より:

    のんさん、神戸新聞のCMに出ています。
    カツヤマサヒコshowを放映していたサンテレビで見ました。
    “神戸新聞 cm”で検索すると動画を見ることができますよ。

    1. juris より:

      コメントをありがとうございます!
      CMを見てみました。
      素敵なCMでした!! 教えてくださりありがとうございました(*^^*)

コメントを残す