薬か毒か摂取量で決まる

すべての物質は毒である。
毒でないものは何もない。
摂取量によって毒にも薬にもなる。
(パラケルスス Parachlsus,1493-1541 スイスの医師)

500年近く前から、判っていた真理。
例えれば、塩や砂糖は調味料だが、取り過ぎると体に悪い。

そもそも昔は赤チンの中に水銀が入っていた。
水俣病はチッソが垂れ流した有機水銀の食物連鎖で発症した。

時代に従い、評価方法が進化し、摂取量の基準も変わってくる。

少数意見の尊重は薬になるが、多数になったらどうなるか。
日本では数年前に毒になることが判った。

定量的に考えることと感情的に考えることが交差すると話が難しくなる。

昨日も書いたように政局は感情。
迷うばかりである。

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar