ブログ継続1年の誕生日は、静かに過ごしたいのだが

このブログを昨年の今日(誕生日)に始めて1年経った。
内容はともかく、毎日続けることができた。

朝日新聞のスクープを認められないひとたち〜そして改竄問題の今後の展開は【水曜の朝、午前8時】
https://blog.voicejapan.jp/archives/5641.html
<ひとつ驚いたのは、事実を丁寧に追うのではなく、「朝日新聞は安倍政権を倒すために誤報を出した」と考える人、事実がわかってきたときにそれを認めて論評をし直すのではなく、問題をはぐらかしたり、黙り込んだり、言い訳したりする人が多いということだ。><その勝谷も今朝のメール『勝谷誠彦の××な日々。』で“朝日新聞としては、久しぶりの大スクープである。それは認めざるをえない。幾度も書いているが、安倍晋三首相の、鉄壁のような政権をつぶしてやろうと考えた勢力が、最後の勝負に出たわけだ。いま起きていることは、その視点を外すとわかりにくくなる。”と書いている。朝日新聞批判では専門家とも言えるほどの論客で、「安倍首相と直電できるしいつでも会える」と自慢している彼ですら、朝日の報道は認めざるを得ず、一度キチンと認めてから持論を展開している。>

実は、忖度問題などは自分のブログに書くのを避けてきた。
これは森友問題というか、政治家や官僚の矜持の問題であろう。

一方、朝日新聞を批判結果、間違えだった場合、匿名で書く人に矜持など求めないが、署名ブログの人に矜持を求めるのは難しいのか。

高橋洋一さんは、
森友文書問題で「財務省解体」「財務大臣辞任」はやむなしか

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

朝日新聞「森友新疑惑」事実なら財務省解体、誤りなら朝日解体危機か
朝日新聞が森友学園問題の新疑惑を追及している。これが真実なら、財務省解体レベルの大ごとだ。しかし、万一朝日の報道に誤りがあった場合、朝日のほうが危機に瀕するだろう。

と朝日新聞の誤報とそうでない場合の可能性を分け、その結論を書いている。

しかし、なぜ財務省は公文書に政治家やその夫人の名前を入れるなど、癒着の証拠を残したのだろうか。
また、公文書を朝日新聞に漏洩したのは違反行為ではないのか。
勝谷史観ではないが、財務省の安倍内閣への反乱だろうか。

もし、安倍首相が責任をとって辞めるのなら、財務省を歳入庁、歳出庁に解体して見える化を推進してからにしてほしい。

5+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar