ねこが、便秘になったのだけれども…

上の写真は、最近のうちのねこのお気に入りフード、ロイヤルカナン。

先達ても少し書いたけれども、うちのねこは、しばらくの間、便秘だったのである。(丁度お食事中の方、ゴメンなさい…)
去年、一週間近くもお通じがない!というときがあったので、近所の犬猫病院に連れていった。全く出なくなってしまうと、その分、全く食べなくなって、終いには衰弱してしまうと思ったからである。その犬猫病院で獣医さんは、なんと!うちのねこのお尻を素手で掴み、お腹の中に溜まっていたウ★チを絞り出してくれたのだ。

それで、その獣医さんが、この「ロイヤルカナン療法食・消化器サポート『可溶性繊維』」というフードを紹介してくれた。便秘時の食事療法食である。何と、おフランス製w
病院から帰ってきた後、その試供品を家で食べさせてみたら、食いつきが結構良いのである。あんなに食欲がなかったのに、これならよく食べる。どうやら、お気に入りの味と香りのようなのだ。食べ始めて3日目くらいにもなると、大きいモノがたくさん出るようになってきたw

どうやら効き目がありそうなので、ちょっとお値段が張ったけれども、ネットで注文して一袋買ってみた。開封した後、そうだ一枚撮っておこうと思いソファの上にのせておいたら、匂いに惹かれて寄ってきた、という様子が上の写真。(いまは、これを国産の一般的なドライフードと半々の割合で混ぜて、毎日食べている)
あと、隣のビオフェルミンは、普通の人間用のもの。でも、ドラッグストアの販売員さんの話では、犬やねこに飲ませる(…というか餌に混ぜて食べさせる)ために買っていく人もいるらしい。獣医さんも、同様のことを言っていた。うちのねこは、こちらは余り口にしなかったので、お好みではなかったようだ。

その獣医さんの話では、うちのねこは、人間に換算すると、もう90歳なのだそうである。生まれて17年くらいになるのだから、そんなものだろうか。でも、そんな年寄りねこには全く見えないんだけれどもw
怪我や体調不良のために病院に通ったことは、実は今までに一回もなかったのだ。今回が初めてと言っても良い。毎日食欲旺盛で、よく昼寝をする甘えん坊の元気ねこなのである。

…..
この「ロイヤルカナン 療法食」のシリーズは、症状に合わせて、他にも色々な種類があるみたい。

「ロイヤルカナン 療法食 猫 消化器サポート可溶性繊維 500g」
…..

2+