雨天の下、膨らんだ蕾から雫が落ちる。開花は、まだまだお預けなのだろう…

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar

トップの写真は、今朝ベランダから、ニコン P900を使って望遠で撮ったもの。

先週は、気温が20℃くらいになった日もあり、ここのところ急速に蕾が膨らんできたように見えたソメイヨシノだけれども、今週に入ってからの気温低下と今日の雨で、それも一休みである。
枝からは雫が滴る。樹によっては、幾つか花がほころびかけたのもあった。しかし、開花はあともう少し。まだまだお預けであろう…。その足下では、菜の花が黄色く満開なのである。

ここには写っていないけれども、花弁が1枚、2枚と開いた桜もあった。ちょっとフライングをしてしまったのかも知れない。開きかけのまま、また暖かくなる日を待ち侘びるのだろうか。

菜の花が背後で沢山写っているように見えるけれども、10年くらい前までは、もっと多く咲いていた。それこそ一面、高密度に。そして、秋には秋桜が見られた。いずれも、手入れをする人が減ったためか、花の数も減ってしまったのである。


先達て、うさぎ用に牧草を購入したことを書いた。300gが3パック入ったセットである。あれから、もう1パック分近く食べたのではないだろうか。
目下のところ、チモシーとアルファルファのパックをそれぞれ開けて、チモシーをメインに、たまにアルファルファを与えている。アルファルファは比較的カロリーが高いそうなので、1~2日に一度の割合である。

このペースで食べていけば、当初の予測通り、2ヶ月以内には食べ切る計算になろうかと思う。多分、1ヶ月半くらいで底をつくだろう。そうなる前に、また半額セールのときを見計らって注文しなければならない。
図書館で借りたうさぎの買い方の本を読んでいる。そこには、牧草のほかに、ラビットフードを購入して与える、ということが説明されていた。

ねこの場合には、キャットフードが主食になる。うちでは、ドライのキャットフードをメインにして、缶詰やアルミパックに入ったフードを数日に一度のお楽しみとして与えている。
一方、うさぎにとっては、牧草があくまでも主食。ラビットフードや野菜、果物は、副食およびオヤツくらいの位置づけとなるようだ。つまり、自然派なのであるw

ラビットフードには、牧草や野菜、果物だけでは補いきれない栄養素も入っているようなので、うさぎの健康的な生活のために必要だろうと、本を読みながら感じた。まあ、そのうちに買おうと思っていたのだ。
すると、娘がAmazonで買って欲しいものがある、と言ってきた。その品物だけでは2000円に達しない。それじゃあ、と思って、ラビットフードも買うことにした。下の品物である。


「どうぶつ村 ラビットフード 牧草ミックス 4.5kg」

ひとまわり小さい2.5kgもあるのだけれども、値段がさほど変わらない。はて、4.5kgもあったら何ヶ月分になるのだろうか?と思ったけれども、結局これを注文した。
上述の幾つかのうさぎの本を読むと、ラビットフードは体重の1.5~2%または3%程度の量が1日分だと書いてある。多分1kgくらいの体重のうさぎなので、約20gを与えるということになるだろうか。

そうすれば、4.5kgは200日余りに相当する。つまり、半年分以上だ。ちょっと買い過ぎてしまったかなw まあ良い、ちゃーんと面倒を見てやるぞ。
空いているプラ容器に小分けし、乾燥剤を入れた。洗剤計量用のスプーンで山盛り一杯が、だいたい10gだ。これを1日2回与えれば良いだろう。

このラビットフードは、4種類の牧草のミックスである。牧草が大好きなうさぎなので、きっと気に入るだろうと思っていた。実際に与えてみると、よく食べるのである。スプーンで用意した時点で、立ち上がって待っているくらいだw

上の写真は、今朝の様子。こうして、ポリポリと小気味良い音を立てながらリズミカルに食す。ちなみに、ねこがドライフードを食べるときには、カリッ……カ、リッ…と、音が不規則なリズムで鳴るw

そんな風にして、うさぎには、日々の主食である牧草に加えて、ラビットフードも与えていくことにした。あと、オヤツとして、野菜や果物も時折与えている。
かみさんが、料理で出た、にんじんの皮の部分や他の野菜の葉の部分などを貰っている。りんごを小さく切って与えることもある。ただ、これらは水分が多いので少し注意を要するらしい。

うさぎは下痢を起こしやすいのである。従って、野菜や果物の幾つかについては、天日干しをしてから与えている。下の写真のように、ざるに入れて、晴れた日のベランダに3~4日置いておくのだ。

何だか中途半端に萎びたような物が写っているけれども、実はこれも、うさぎの大好物なのである。特に、りんごやバナナなど、干した果物には目がないようだ。きっと、水分が減った分だけ味が濃厚になっているためなのだろう、と思う。

…という訳で、目下のところ、うさぎの食べ物は主に3種類。牧草と、ラビットフードと、野菜や果物(天日干ししたものも含む)である。捨てられ(?)野に放たれた暮らしから一変、豊かな食生活を送っているうさぎなのであるw

(先達て、外に出したときに撮った写真。段ボール箱につかまり立ちをしている。まるで、人間の子供のようだw)
…..

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar