「 2018年08月 」一覧

8月が終わりつつある酷暑の日に、息子の通学用自転車のカゴをまたまた交換したのだ…

8月が終わりつつある酷暑の日に、息子の通学用自転車のカゴをまたまた交換したのだ…

トップの写真は、先達て撮影した花火大会の写真から、もう一枚。ニコン P900で画像を色々と再生していたときに見つけた。このブログで既に何枚かを紹介したのだけれども、上の写真は未掲載だったと思う。これもまた良いな、と思ったのである…。 まだまだ暑...

休みを利用して、山を3つ登り、ついに下山へ…(その2)

休みを利用して、山を3つ登り、ついに下山へ…(その2)

先達て、高尾山、小仏城山、景信山と順に登頂した、山登り日記。これが9回目だと思う。今回が、このシリーズの最終回。(投稿の一覧は、こちら) 景信山から小仏バス停まで、深い森の中の尾根道を歩いて下山することにしたのである。その途中、ハチに付き纏われ...

大仕事がひとつ終わり、ちょっとお出かけ。このブログを初めて、外出先から更新したのだ…

大仕事がひとつ終わり、ちょっとお出かけ。このブログを初めて、外出先から更新したのだ…

先日、長きに渡った夏期講習が、やっと終わったのである…。暑くて長い長い1ヶ月であった。最終日は、終了テストを全学年で行う。その後は、採点やコンピュータ入力、および発送の仕事が待っているのだ。 でも、それら一連の作業は、もう流れでやっていくような...

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。次は、景信山へ…(その1)

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。次は、景信山へ…(その1)

高尾山を登り、その後、隣の小仏城山も登頂した。次は、更に隣の山である、景信山を目指す。この山登り日記は、これで第6回になるだろうか。(投稿の一覧は、こちら) ここまでで、出発地点である京王線の高尾山口駅からの距離は約5.5km、時間にして丁度5...

僕にとって生涯ナンバーワンの映画、『アマデウス』のBlu-rayをようやく買ったのだ…

僕にとって生涯ナンバーワンの映画、『アマデウス』のBlu-rayをようやく買ったのだ…

トップの写真は、午前中に撮った、本日の陽射し。まるで、夏の強いそれがとんぼ返りして戻って来たかのような、実に暑い日中である。秋が少々、遠のいてしまったかも知れない。 またまた暑くなるのには、もううんざりなのだけれども、何とか我慢しながらやり過ごそう...

しばらく涼しい日が続いたと思ったら、また暑くなってきた。でも、これを乗り越えて、ようやく秋が訪れるのかも知れない…

しばらく涼しい日が続いたと思ったら、また暑くなってきた。でも、これを乗り越えて、ようやく秋が訪れるのかも知れない…

トップの写真は、日曜日に撮った空模様。上層の筋雲と、下層の綿雲が混在する、秋と夏が折衷したような光景だった。陽射しは強いけれども、暑さはそれ程でもなかった。 これで一気に秋へと移行していくのか、と思いきや、今週は案外と暑くなりそうである。予報で...

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。次は、小仏城山へ…(その2)

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。次は、小仏城山へ…(その2)

高尾山を登頂後、隣の小仏城山への山登り、その2。(その1は、こちら) もみじ台という、天気が良ければ富士山を見ることが出来るという休憩場所から、木で作られた階段を下った。前方を見渡すと、木が伐採されかかったような山が見える。天辺には、携帯電話の...

とうもろこしを、焼いて食す。これは夏の味覚だなあ。うさぎも、皮を食べているのだ…

とうもろこしを、焼いて食す。これは夏の味覚だなあ。うさぎも、皮を食べているのだ…

春は曙、とは言うけれども、夏もまた曙、である。 この季節の強烈な陽射しは、夜明け前から既に始まっている。太陽は、地平線の遥か下から光を強く射ち放ち、灰色の下層雲を緋く炙り出す。地上と雲の隙間は、忽ちの内に黄色く塗り上げられ、南西の方角の雲までもが茜...

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。次は、小仏城山へ…(その1)

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。次は、小仏城山へ…(その1)

先達て、3回に分けて、高尾山に登ったときのことを書いた。6号路を歩いて登頂したのである。僕は、その山頂で400円のスーパードライを買って飲み、お握りを食べて休憩した。 それから、濡れたTシャツを着替え、首に巻いたタオルも取り替えて、次の山へ向け...

ニコン P900の「シーンモード」機能を使って、打ち上げ花火を撮影してみたのだ…

ニコン P900の「シーンモード」機能を使って、打ち上げ花火を撮影してみたのだ…

前回まで、高尾山の山登りについて書いてきた。続きはまだまだあるのだけれども、ここで別の夏の話題を…。 僕の愛機、ニコン P900は、通常の撮影モード以外に、「シーンモード」という機能として、様々な場面に応じたモードを内蔵している。僕がよく使うの...

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。まずは、高尾山から…(その3)

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。まずは、高尾山から…(その3)

高尾山に登った…の3回目。(前回は、こちら)もうだいぶ高いところまで登って来た筈だ。頂上まで、あともう少し。そう自らを鼓舞しながら、僕は蝉の鳴き声が幾重にも重なる深い森林の中へと、更に歩みを進めた。 この高尾山を登っているときにも、あとで隣の別...

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。まずは、高尾山から…(その2)

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。まずは、高尾山から…(その2)

高尾山に登った…の2回目。(前回は、こちら)実は、前回も少し書いたけれども、高尾山の頂上まで登ったあと、すぐに下山せずに、隣の山を更にふたつ登ってから帰ったのである。 だから、滅法、疲れた。次の日が土日(しかも、土曜日の方は、「山の日」だったw...

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。まずは、高尾山から…(その1)

休みを利用して、山を3つ登ったのだ。まずは、高尾山から…(その1)

前回書いた通り、夏期講習の仕事の前半と後半の間にある休みを利用して、山に登ることにしたのである。折良く、山登りに適した靴も出てきた。きれいに磨いて準備したのだ。 バッグは、丁度良いリュックサックのようなものがない。どれも、縫い目やらチャックやら...

台風は通り過ぎたようだ。再び晴れて暑くなるのだろう。明日は、何処か山に登るつもりなのだ…

台風は通り過ぎたようだ。再び晴れて暑くなるのだろう。明日は、何処か山に登るつもりなのだ…

トップの写真は、一週間ほど前に撮った、自衛隊のヘリコプター。ちょっとブレてしまった。でも、青空と白き雲に、グリーンやカーキ色の迷彩色が良く映えていると思う。下の写真も、同じ機体。もう少しズームして撮影。 これまでも度々書いてきたように、...

結局、どんなことでもやっておくもんだなあ、あとで役に立つかも知れないから、とつくづく思うのだ…

結局、どんなことでもやっておくもんだなあ、あとで役に立つかも知れないから、とつくづく思うのだ…

トップの写真は、今朝の朝焼け。午前4時半頃に撮った。嵐の前の静けさにして、赤く色彩明瞭な光景である。 しかし、南の空を見遣ると、さにあらず。長い触手のような波状雲が、気味悪く空を覆う。恐らくは、台風の雲が伸びて来たものだろう、と思う。このように...

酷暑と涼しさが交互に訪れている夏。僕は断然、後者の方が良いのだけれども、さていつまで続くかな…

酷暑と涼しさが交互に訪れている夏。僕は断然、後者の方が良いのだけれども、さていつまで続くかな…

今朝は、早朝の仕事へTシャツ一枚で行っても良いものかどうか、着替える際に暫く考えた。そのくらいに、涼しかったのである。でも、作業で体を動かしているうちに、暑く感じるだろうと思い、昨日までと同じ服装で行った。 まあ、それで正解ではあったのだけれど...

ここら辺で、夏がやっと半分終わったのだろうか…という感慨。でも、あと半分は、まだ残っているのだ…

ここら辺で、夏がやっと半分終わったのだろうか…という感慨。でも、あと半分は、まだ残っているのだ…

トップの写真は、土曜日の空模様。夕方近くの西に、光のパイプオルガン(薄明光線)を撮った。今回は、縦の構図にして、トワイライトモードを使って撮影。更に、Snapseedで色味を調整済み。良い感じになったと思う。 勤務先の塾では、夏期講習の半分を区...

実に久し振りに歌詞の対訳を載せてみて、ここで雑感を。猛暑の日の、遠く青い空を眺めながら…

実に久し振りに歌詞の対訳を載せてみて、ここで雑感を。猛暑の日の、遠く青い空を眺めながら…

トップの写真は、きのうの空模様。ほぼ水平の薄雲に、天高く昇ろうとする積雲。暑い日和は続く。夏期講習の半分が、やっと終わりそうだ…。それでも、まだ半分である。今年は特に、長く感じるなあw あと、自衛隊のヘリが飛んでいたところを撮った。(ちょっとピ...

火星は地球に最接近し、僕は脚が攣る。日が短くなりつつも、暑い夏は、まだまだ、まだまだ続くのだろう…

火星は地球に最接近し、僕は脚が攣る。日が短くなりつつも、暑い夏は、まだまだ、まだまだ続くのだろう…

トップの写真は、今朝の朝焼け。午前4時20分頃に撮った。日の出の30分くらい前である。東の空は、赤く染まり始めているけれども、陽の姿は、まだ見られない。 この後、太陽が昇る直前になると、空の色彩はピンク色のような淡い茜色に変わる。そこから、これ...