うさぎのトイレを化学的な(?)方法で、お掃除してみたのだ…

1+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

僕は、このブログを「人気ブログランキング」というサイトに登録している。その登録カテゴリーは5つあって、ねこ、天体写真、図書館(本・書籍)などなどにエントリー済みである。
そんな訳で、色々な話題を日替わりで満遍なく載せているつもりなのだ…。他には、うさぎのカテゴリーにも登録しているのだけれども、今回は、そのうさぎカテゴリーにおける、一種のお役立ち情報情報を載せてみたいと思う。

でも、これは、うさぎを飼っておられない皆さんにとっても、参考になるかも知れない。話の内容は表題の通り、トイレの掃除だ。人間もトイレを使い、また掃除するからである。

以下、一部において、汚れた写真が登場するので、特にお食事を摂りながらご覧の方は、何分ご注意ください…。


うちのうさぎのトイレは、100円ショップで買った、ドックフードの白い容器である。これは、サイズが幾つかあったもののうち、直径20cm弱の大きいタイプで、プラスチック製。
これが丁度、うちのうさぎがすっぽりと入ることが出来る大きさで、しかも末広がりの形状をしているのでひっくり返りにくい。なかなか使い勝手が良いのである。

でも、難点がひとつある。白いために汚れが目立つのだ。うさぎは、ふんが小さくコロコロとしているので、これがトイレを汚すということは殆どない。
その一方で、おしっこが汚れの元凶になるのだ。尿石が多く含まれているようで、乾くと茶色の跡が残る。これが堆積すると、頑固で非常に落としにくい汚れへと変わるのである。

一度は、この茶色い汚れをたわしで擦って落としてみようとしたのだけれども、力が必要な割に余り落ちなかった。物理的方法(要するに、力づく)では駄目なようである。
そこで一計を案じて、化学的方法で試してみることにした。ある材料を用いて化学反応を起こし、汚れを落としやすくするというわけなのだ。

下の写真は、うさぎのおしっこの尿石で茶色く汚れたトイレである。人間のトイレも、同様の原因で同じように汚れることがあると思う。従って、今回のお掃除法は、人間のトイレにも応用できるかも知れない。

この容器をいつ買ったのかは、よく覚えていないけれども、まだ半年も使っていない筈である。まあ、数ヶ月分の尿石が、こうして溜まっているのだ…。

さて、早速、お掃除を開始。場所は、なるべく風通しの良いところで。まず、容器の底部に重曹の粉を、茶色が見えなくなるくらいに振りかける。重曹は、100円ショップで売られている、お掃除用途のものを用いた。
尚、この重曹は、あとで化学反応を促進させるために利用しているので、もし手元になければ、この工程をスキップしても構わないかも知れない。

次に、重曹の上に、クエン酸を溶かした水を霧吹きで吹きかける。クエン酸は、以前の投稿で、コーヒーメーカーをお掃除する際に使ったもの。これも、100円ショップで買うことが出来るだろう。
クエン酸を溶かす割合は、例えば200mlの水に対して、10g程度といった感じだろうか。僕も、目分量で適当に入れたのでw、定かではないのだけれども…。

このクエン酸水を吹きかけると、直ちに化学反応が発生する。重曹がシュワシュワと泡になるのである。この際、若干のガスが発生するので、吸い込まないように気をつけて下さい。

あとは、使い古しの歯ブラシなどを用いて、ひたすら擦る。尿石が化学反応によって、剥がれかけてきているので、余り力を入れなくても落ちると思う。
それでも頑固な汚れに対しては、歯ブラシのプラスチック部分でゴリゴリと擦ってやると剥がれてくるだろう。もし化学反応が弱くなってきたら、追加でクエン酸水をスプレーすれば良いと思う。

数分間擦った結果が、上の写真。まだ多少の汚れが残っているけれども、お掃除前と比べたら、格段に白くなったことがお分かり頂けると思う。

次は、容器のサイド部分の汚れ落しである。底部は重曹やクエン酸水が溜まってくれるので、とても掃除がやり易かった。でも、サイド部分は、どうしてもそれらが流れ落ちてしまい、掃除がやりにくいのである。
従って、奮闘の挙句、サイド部分の汚れは、紙やすりで擦り落とすことにした。この方法は、要するに削り落とすのと同じことなので、その部分に傷が残る。でも、元々100円ショップで買った容器である。気兼ねは無用だw

うちのうさぎは、おしっこをトイレの外によく溢すので、こうした底部の外周にも、茶色の汚れがこびりついていたのである。それをやや目の荒い紙やすりに水をつけて擦り落とす。
あと、先程、重曹とクエン酸で落とし切れなかった底部の若干の汚れも、同様に紙やすりで擦ったのである。そして、水で濯ぐと、あら見違えるように、容器が真っ白となったのであった…。

…というわけで、今回活躍した材料や用具と一緒にパチリ。トイレの容器の中に新聞紙を入れ、早速うさぎのケージに戻すと…。

どうやら、うさぎは、トイレを綺麗に掃除して貰ったことに気づかないようである。人間のこうした苦労(?)は、なかなか動物には伝わりにくいのであろうか…?w

でも、しばらく経つと、容器をクンクンと嗅ぎ始めた。おっ、気づいてくれたかなあ?次からは、きれいに使ってくれよ、と思ったのも束の間…。
この後、うさぎはトイレの中に入って、おしっこをしたのだけれども、相変わらず、その一部が外にはみ出し、またトイレが汚れ始めたのであるw

まあ、良いさ。数ヶ月後に、この投稿を参照しながら、同じようにトイレ掃除を再びやってみるつもりである…。

……

1+

Users who have LIKED this post:

  • avatar