息子の誕生日、実家からプレゼントが送られて来た。その中身は何と…

0

早朝の仕事場の周囲には、いつも鳩の群れがいる。建物のてっぺんに留まっていることが多い。

屋上にある骨組みのようなものに集まっているのだ。下の写真は、引きで撮影したもの。彼此、数年間、毎朝明るくなった頃には、こうして必ずこの上に留まっている。

その中の一羽を、ズームしてみた。手振れが少し出たのかどうなのか、ややフォーカスが甘くなってしまった。惜しいなあ…。鳩の凛々しいお姿であるw それにしても、朝の空が何と青いことよ…。

この鳩たち、ある時刻になると、何かで見たCMのように、雲のない空を大きく周回して飛び始める。あのコーラス風のCMソングが似合いそうな光景なのだw

鳥類が飛んでいるところを撮影するのは案外と大変だ。移動速度や方向が一定でなく、しかも先を読めないからである。AFやAEもなかなか追いつかない。上は、何とか撮ったものの一枚だった。


さて、先達ては、息子の誕生日だった。早いもので(?)、もう18歳になったのだ。
この日に合わせて、実家から例によって宅急便が届いた。僕には、いつものドリップコーヒーなどなど。一度お願いすると毎回これが入って来る。実に有難いことである…。

いつもの「深いコク焙煎」の他に、「まろやか焙煎」という銘柄のコーヒーも入っていた。こちらは、酸味がやや強いというテイストだ。どちらも香り良く、美味しかった。

それから、息子への誕生日プレゼントが入っていた。勿論、今回の荷物はこちらがメインなのだ。片手で持てるくらいの大きさの包みだった。それが、電気店の袋に入れられていたのだ。はて、中身はなんだろう?僕は思案した。

ひょっとすると、いま流行りの、昔のTVゲーム機のミニ版か何かかな、とか色々と考えた。でも、息子は受験生である。そんな遊び道具が入っているとは思われなかった…。
息子は、やや夜遅くになって、漸く学校から帰宅した。ここ最近、自習室で独習をしてから帰ることが多いのである。早速、息子が包みを開けてみたところ、中身は何と…
..
..
..

…電気シェーバーだったw 意外である。全く誰も想像だにしていなかったものが入っていたのだ。

実家の母からの手紙には、今年は18歳なので少し大人っぽいものを…と書いてある。うーん、これは流石に大人っぽ過ぎるのでは?w 息子は僕によく似て、決して体毛が濃いタイプではない。でもまあ、ごくたまーにひげを剃刀で剃ることはあるようだけれども。
あと、オマケで何故か、ワンピースのストラップの3個セットも、袋の中に一緒に入っていた。いつもながら、母は不思議な感性の持ち主だなあ…(僕も人のことは言えないかも知れないけれども)。

まあ、いいや。シェーバーは、水洗い可能なモデルなので、僕も使わせて貰うことがあるかも知れない。実を言うと、息子が本当に欲しいのは、任天堂のSwitchなのだけれども、今は受験生なので保留中というわけなのだ。

上の写真は、息子がバースディケーキの蝋燭を吹き消した瞬間。一本だけ火が残ってしまった瞬間を、僕がニコン P900で撮影。フラッシュなしの手持ちで、ブレずに撮れた。これはきっと、カメラの性能のお陰だろうと思う。ちなみに、SS1/30、F3.2、ISO180である。

上の写真は、先週の金曜日の空模様。この日、日没後の月の出の頃は、薄曇りの朧月だったのである。夜も相変わらず雲が多かった。写真で撮ると、このように月の周囲には青やら赤やらの色彩が混在するのだ。
なかなかドラマチックな写真になった。少し以前やったように、「ヨハネの黙示録」の私訳でも付したくなってくる。またその内に、やってみようか…。

……
天文学に関する博士号ホルダーのギタリスト、ブライアン・メイが、月面写真を何と3D写真集として刊行した、という超朗報がありました。あるネットニュースに写真が何枚か掲載されていたけれども、少し寄り目気味にして見つめたところ、ちゃんと立体視が出来たのです。これは、凄い!こういった写真が多数収められているのならば、僕は直ぐにでもこの写真集を買うぞ。いや、クリスマスプレゼントに、買って貰おうかなあ…。というわけで、後日、この本の海外レビュー動画をレビューしてみたいと思います。

『Mission Moon 3-D: A New Perspective on the Space Race (The MIT Press) 』
……

0