歌詞対訳:Glass(高橋幸宏)

1+

Glass(高橋幸宏)

作曲:高橋幸宏
作詞:高橋幸宏、ピーター・バラカン

Rain on the window falling slow
ゆっくりと落ちゆく窓の雨

Visibility is getting low
視界が徐々に遮られてくる

I could have sworn there was someone here
ここに誰かいた気がするのだけども

But there isn’t even a trace
痕跡さえ何もなく

Only the memory of a face
ただ、顔を覚えているだけ

Waves of amber seep into my brain
琥珀色の波が、僕の頭に浸み込む

Insidiously numbing the pain
知らないうちに痛みが麻痺していく

Just one of millions hanging on
幾百万のうちの、たったひとつにぶら下がり

Clutching at thin ice that melts away
融けゆく薄い氷にしがみつく

Closer to the bottom every day
毎日、どん底に近づいている

How many times have I asked myself
何回、自問してきたことだろう

Is your reflection for real
君が映った姿は本物なの?

Or just the glass ?
それとも、ただの鏡なの?

Rain falling harder on the glass
ガラスに激しく降る雨

Visibility is falling fast
視界が急速に失われてくる

I could have sworn there was someone here
ここに誰かいた気がするのだけども

But there isn’t even a trace
痕跡さえ何もなく

Only the memory of a face
ただ、顔を覚えているだけ

[Translated into Japanese by shironeko,2018]
……
この曲は、ユキヒロさんのソロ曲なのですが、YMO結成40周年記念コンピレーションアルバム『NEUE TANZ』にも収録されています。僕はこのアルバムの方で聴いて、今回和訳することを思いつきました。砂原まりんさんのリマスタリングで、音質も更にグレードアップ。まあ、このブログで繰り返し書いていますが、とてもおすすめのCDです…。

YMO『NEUE TANZ』
……

1+