「 2019年03月 」一覧

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その3)

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その3)

前回のつづき。実家へ自転車を車で遥々運び、4月に息子が入学する大学の方までサイクリングしたのだ。そんな1泊2日の旅である…。 息子と一緒に2度サイクリングしてみて、幾つかのポイントのようなものが見えてきた。田んぼ中の道を走るので、夜は真っ暗けw...

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その2)

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その2)

実家に息子の自転車を運んだお出掛け、2日目である。(前回の投稿は、こちら) この日も午前中、息子と大学までの通学路をサイクリング。父からの提案で、前日よりもっと近道を辿って走ってみた。距離的にはそのルートの方が短い。でも、これがほぼ見渡す限り、...

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その1)

息子の自転車を実家に運び、大学までサイクリングなのだ…(その1)

先達ての週末、いよいよ実行に移した。息子の自転車運びである。このような大きなものを自分の車に積み込んで長距離を走るのは、僕にとって初めてのことだ。 出発後、うちの周囲を少々走行したところで、前輪を外した自転車のフェンダー部分がチャリンチャリンと...

使い始めてもうすぐ1年になる、愛用のエアーベッドを補修してみたのだ…

使い始めてもうすぐ1年になる、愛用のエアーベッドを補修してみたのだ…

トップの写真は、きのうの月。満月の日だったのである。 月昇の時刻から十数分後に撮影。まだまだ仰角高度が低く、電線が写り込んでいるのはご愛嬌w ニコン P900のズームで覗くと、日がな一日ずっと強風だったためか、大気がまだまだ不安定だ。橙色の月面...

自転車を車に積み込んでみた。予行演習とちょっと違ったけどまあ良いや…

自転車を車に積み込んでみた。予行演習とちょっと違ったけどまあ良いや…

国立大学の後期入試の合格発表が、きのうから行われている。大学によって、きのうだったり、本日だったり。または、あしただったりするのだ。 息子が前期日程で合格した大学でも、後期の合格発表が行われた。息子の学科では、前期とほぼ同じ人数が、後期でも合格...

ラジオ放送をクリアに聴くべく、SSD搭載のCDコンポにアンテナとブースターをつけてみたのだ…

ラジオ放送をクリアに聴くべく、SSD搭載のCDコンポにアンテナとブースターをつけてみたのだ…

トップの写真は、ゆうべの月。日没後から、薄雲の向こうにずっと見えていた。まるで、絹のヴェールを纏っているかのように、柔らかに白い。 ベランダに三脚を据えて撮影に挑むも、ニコン P900のAFは、薄雲の方にピントを合わせようとする。色々とズームを...

息子の自転車を車で実家に運ぶ大作戦(の予行演習)なのだ…

息子の自転車を車で実家に運ぶ大作戦(の予行演習)なのだ…

トップの写真は、先達ての週末に100円ショップに行って買って来たもの。4月から大学生になる息子に必要なアレコレである。3つで500円(税抜き)なり。 3つの内のふたつは、PC用品。マウスとLANケーブルだ。ノートパソコン本体は、ネットで注文する...

夢を見た。高校に合格した教え子の生徒が登場し、目の前で試合を繰り広げたのだ…

夢を見た。高校に合格した教え子の生徒が登場し、目の前で試合を繰り広げたのだ…

昨夜の月。十日夜の月であった。トップの写真は、向かって下のあたりの欠け際だ。ティコという大きなクレーターが特に目につく箇所である。 ニコン P900で撮影した写真を、今回もまたAdobeのアプリで弄ろうとしたところ、どうもうまく機能してくれない...

昨夜は半月だった。ニコン P900を目一杯ズームして、月面の山岳を撮ったのだ。その山脈と山の名前は…

昨夜は半月だった。ニコン P900を目一杯ズームして、月面の山岳を撮ったのだ。その山脈と山の名前は…

昨晩は、半月だった。上弦である。暫く振りに、ニコン P900を三脚に据え、撮影してみた。 半月は、欠け際のクレーターを見るのが楽しい。そのゴツゴツとした感じが、太陽光を受けた深い陰影によって、一層強く炙り出されているかのようだ。 ...

文豪ふたりによる名言対決の本。これは実に面白い一冊なのだ…

文豪ふたりによる名言対決の本。これは実に面白い一冊なのだ…

トップの写真は、先達ての週末に、息子と実家へ行ったときにニコン P900のズームで撮ったアルプス。高速バスを降りてから、歩きながらの撮影。そういえば、そのとき息子が驚いたように言った言葉がある。 「なんか、草食動物のフンのような臭いがする…」そ...

再び息子と一緒にお出掛け。今度は1泊2日なのだ…(その3)

再び息子と一緒にお出掛け。今度は1泊2日なのだ…(その3)

息子と再びのお出掛け、その3(前回は、こちら)。 いよいよ、息子が入学する大学での説明会の当日だ。今回は、生協の主催である。従って、生活面についての説明が主になるのだろう。僕と息子は、朝食を食べ終えると、母の運転する車で市街地へと向かった。 ...

再び息子と一緒にお出掛け。今度は1泊2日なのだ…(その2)

再び息子と一緒にお出掛け。今度は1泊2日なのだ…(その2)

息子と再びのお出掛け、その2(前回は、こちら)。 新宿で高速バスに乗った。そのお陰で、今回は快適で安楽な旅となった。ふたりくらいの移動ならば、自分で運転して高速道路を走るよりもコストパフォーマンスが良いようだ。次回以降も高速バスを選択肢に入れて...

再び息子と一緒にお出掛け。今度は1泊2日なのだ…(その1)

再び息子と一緒にお出掛け。今度は1泊2日なのだ…(その1)

先達ての土日は、再び息子と一緒にお出掛けをした。行き先は、前回と同じく、僕の実家である。 用件は、日曜日に大学で開催される、入学説明会だ。大学生協主催のそれである。キャンパスツアーや新入生たちの交流会もあるそうなので、良い機会だと思い、遥々と足...

大学の入学手続き書類をひたすらに書く、書く。あと、うさぎの好きな牧草を半額セールでまた買ったのだ…

大学の入学手続き書類をひたすらに書く、書く。あと、うさぎの好きな牧草を半額セールでまた買ったのだ…

早速、きのうの午後、息子が合格した大学から、速達の簡易書留で郵便物が届いた。 その封筒のおもてには、「合格通知書類在中」という朱書きがある。はやる気持ちを抑えて、封を切った。すると、書類の束のいちばん上には、内容物に関するカバーレターが入ってい...

好きなCDをいくらでも聴くことの出来るような機器を探し求めていた。そこで見つけたのが、これなのだ…

好きなCDをいくらでも聴くことの出来るような機器を探し求めていた。そこで見つけたのが、これなのだ…

前回は、息子の高校卒業と国立大学受験の合格発表について書いた。お陰さまで、とても良い結果を得ることが出来た。 一夜明けて、「大学生になる実感は湧いた?」と僕が訊くも、「うーん、まだなっていないので分からない」との返事。なるほど、実感というものに...

高校の卒業式、そして国立大学の前期入試の合格発表。その結果は、さていかに…

高校の卒業式、そして国立大学の前期入試の合格発表。その結果は、さていかに…

もう、先週のことになるけれども、息子が学校から卒業アルバムを持ち帰って来た。卒業式はその翌日だけれども、その前に早々に配られたのだ。 息子は大の写真嫌いなのに、実に良い笑顔で写っていた。満面の笑みと言っても良いくらいだった。カメラマンの人が皆ん...

実家の帰省中に起きた、少し不思議な出来事なのだ…

実家の帰省中に起きた、少し不思議な出来事なのだ…

トップの写真は、きょうのお昼過ぎに撮った空模様。 宮沢賢治が詩に書いた「光のパイプオルガン」が、雲の向こうにある太陽から放たれている。このとき、上空ではボーイング757とかいう、少々珍しい機種の貨物機が通過中だった。 僕はそれを探して天を見上...

お掃除はやっぱり、気分の良くなるものなんだね、なのだ…

お掃除はやっぱり、気分の良くなるものなんだね、なのだ…

トップの写真は、先達ての土曜日の夜明け前の空。この日、僕は午前5時過ぎに目が覚めてしまった。息子の時計のアラームが聞こえたからである。でも、当の息子はずっと寝ていたのだw まあ、僕は元々、この日の朝は早起きして、久し振りに黎明の東天を撮るつもり...

息子と一緒に遥々、2泊3日のお出かけなのだ…(その5)

息子と一緒に遥々、2泊3日のお出かけなのだ…(その5)

前回のつづき…。僕は、日曜日の午後、実家から車に乗って空港へと出掛けて行った。ここで発着するジェット旅客機を撮影するためである。 空港には早めに着いたのだけれども、警察の青いヘリコプターが離陸する場面を見ることが出来た。その機は、西に聳えるアル...