きょうは朝から晩まで、色々な自衛隊機が飛ぶのを見かけるなあと思ったら…

0

今日は一日、実に数多くの自衛隊機がこの近くの上空を通過して行った。

先ずは午前中、UH-1 イロコイというヘリコプターが西から東へ。それは、僕が早朝の仕事から帰宅する途中であった。自転車に乗っていると、重低音を響かせながら頭上を通過して行ったのである。
そして、約1時間後。今度は、同じヘリが東から西へと戻って行った。それがトップの写真だ。如何にも春らしい厚い積雲の上を飛ぶ防人の勇姿である。まあ、自衛隊ヘリのこういった光景は、しばしば見かけるものなので、特に珍しいということはないだろうという気がした。

ところが、午後になると、P-3C哨戒機が北から南へと飛んで行ったのである。このところ、P-3Cは従来の東から西への空路ではなく、南北のそれを取ることが多くなった。どんな理由によるものなのかは、僕には分からない。
そのP-3Cの2機目が丁度、倍くらいの高度で西に向かうアシアナ航空のエアバスA380と、飛行ルートがクロスした。それが、下の写真である。これはちょっと珍しい光景だ。面白い構図で撮影できたと思う。

それから更に、それぞれの機体をズームで撮った。プロペラ機の方がP-3Cで、もう一枚がA380だ。A380の方はちょっとボケ&ブレ気味になってしまったかもw 多分、光量不足だったのだろう。

それから、夕方近くになると、今度はCH-47 チヌークという輸送ヘリが南から北へと向かって行った。これは、正にうちの真上を通過したのである。それが下の写真だ。

その輸送ヘリが、夜には北から南へ飛行して行った。再び、うちの真上である。下はそのときに撮った写真だけれども、夜間飛行ゆえ、赤い光跡しか写っていないのだ。

何故これほどに、今日は朝から晩まで、自衛隊機が大忙しなのだろう?何処かで何かあったのだろうか?思い当たることといえば、きょう発生した台湾の地震だけれども…。午後からの自衛隊機はそれと何か関連があるのだろうか?それとも…。


さて、下の写真は、娘が学校の遠足で買ってきたお土産である(右側)。僕ではなく、息子のために買ったようだ。

「生わさび」と書いてあるけれども、こういう柄の靴下なのだw 左側は本物のわさびのチューブ。息子は目下、僕の実家から毎日大学に通っている。早速、課題がたくさん出て頑張っているようだ。
GWには、とあるイベントでボランティア活動をするために、こちらへ帰って来る。娘は多分、今からそれが待ち遠しいのだろう。この一風変わったお土産はきっと、そのことを物語っているのだ。

……

0