「訳ありドリップコーヒー」というものを買ってみた。これもまた、美味しいのだ…

0

このブログでは時折、ドリップコーヒーについて取り上げている。僕が毎日欠かさずコーヒーを飲むため、数ヶ月に一度、まとめて購入するからである。

前回購入したのはいつだっただろうか?昨年だっただろうと思う。それから、母が送って寄越してくれる荷物の中にも、ドリップコーヒーのお買い得パックみたいなものが入って来るので、それを飲んでいることもあった。
そのいずれもが、そろそろ尽きかけようとしていたので、次の分を発注することにした。先月のことだ。それから暫く経って、到着した。約2週間前のことである。その開封の儀から、今回はいってみたいと思う。

商品は、こちら。下のリンクはAmazonだけれども、楽天でもYahoo!ショッピングでも買うことが出来る。品名は、CAFE工房(カフェ工房)の「訳あり カフェ工房 ドリップコーヒー 200P (100P×2)」という。

さて、下の写真は、送られてきたときの荷姿。「100P×2」なので、段ボール箱でふたつ分となる。黄色いテープ状の紐でくくってあるのだ。箱には「訳あり」と印刷されているのが見て取れる。

早速、開けてみたところ。それぞれ、中身がほぼ同じように見えるけれども、微妙に異なる。例えば、青い袋のものが入っているか、緑のものか、といった違いである。

下は、段ボール箱の中に書かれていた文言。何がどう「訳あり」なのか、ということが説明されている。まあ、要するに、製造時に発生した半端ものを詰め合わせたということなのだろう、と僕は理解した。

さてさて、箱から出して、全部を並べてみた。ひとつの山は5個である。それに加えて、「訳あり」と書かれて30個が纏めて入った銀の袋があるというわけだ。それで、1箱あたり全部で100個になる。

どちらの箱にも、「DRIP BAG」と表記された8gのコーヒーが55個入っていた。これは、前回カフェ工房から買ったときと同じものである。比較的安価だけれども、癖のないマイルドな美味しいコーヒーだったので安心だ。
あとは、キリマンジャロやブルーマウンテン、ルビーマウンテンなど、幾分お値段が張りそうな商品が5個ずつ入っていた。こちらは、初めてここからドリップコーヒーを買ったときのお試しセットの中に入っていた。とても美味しいコーヒーである。

さて、この「訳あり」と書いてある30袋入りだけれども、開封前にそれぞれを計量してみた。それぞれ微妙に重さが異なるので、中身が全く同じというわけではないようだ。

300gの方は、10g×30個なのだろう。もう片方は、きっと9gくらいのものが入っているということなのでは?

次に、300gの方のアルミの袋を開けてみた。すると、下の写真のように、30袋が裸で入っていた。開封した瞬間に立ち昇る、香ばしい匂いといったら、まあ…w

試しに、ひとつずつ計量してみると、やはり10gである。当たり前かw ちなみに、もう片方の30個パックは未開封なので、個別の計量はまだ行っていない…。

…という訳なので、目下のところ、この30個を缶の中に仕舞い、毎日1〜2個ずつ淹れて飲んでいる。銘柄や豆の産地は分からないのだけれども、味が濃くて美味しいコーヒーだ。
この「訳あり100P」の段ボール箱のセットは、ふた箱で3200円(送料無料)。つまり、ひと箱当たり1600円。100個のドリップコーヒーが入っているので、1個当たりでは平均16円である。とても安いと思う。

しかも、上述のように、キリマンジャロやブルーマウンテンなど異なった銘柄のものも多少入っているので、たまにこれらを淹れて飲んでみるという楽しみもある。
これからは(いや、きょうも含め)、暑い日が続いていくと思うので、コーヒーをたくさん作っておいて冷やして飲むということもあるだろう。元々安く買ったものなので、そういったがぶ飲み的な用途にも良いかも知れない。

そう考えると、今回もなかなか良いセットを買った。暫くの間は、こちらを愛飲していこうと思う…。

……

0