「 桜の花 」一覧

おもちゃのドローンを買ってみたのだ。これは、結構おもしろそうかも…

おもちゃのドローンを買ってみたのだ。これは、結構おもしろそうかも…

僕は毎日、作家で工学博士の森博嗣センセイのブログを読んでいる。これについては、以前の投稿にも書いたと思う。 最近、そのブログでの話題のひとつは、森センセイが「航空部」と呼ぶ、ラジコンの飛行機やヘリコプター等についてである。センセイは、20代の頃...

きのうは良い月夜だった。そうそう、今夜は平成最後の満月なのだ…

きのうは良い月夜だった。そうそう、今夜は平成最後の満月なのだ…

今回は、「半ドン」の投稿でいきたいと思う。ゆうべ撮った月の写真をどうぞご堪能ください…。 きのうは、小望月だった。つまり、今晩は満月だ。ちなみに、平成最後の満月なのである。聞くところによると、ピンクムーンになるという話もチラホラ。そんなこんなで...

桜が舞い散る週末に、ある芥川賞作家の講演を聞きに行ってきたのだ…

桜が舞い散る週末に、ある芥川賞作家の講演を聞きに行ってきたのだ…

週末は、すっかりと桜吹雪となった。うちの近所の並木道にも、足元には無数の花弁が散らばっている。車道では、車が走行するたびに、まるで薄桃色の波飛沫が起きるかの如く、花のひとひらひとひらが舞い上げられるのである。 そんな日のお昼頃、僕は遥々出掛けて...

夜桜の向こうに浮かぶ、月を撮ってみたのだけれども…

夜桜の向こうに浮かぶ、月を撮ってみたのだけれども…

このブログの来訪者数が、あともう少しで、のべ8万人に届きそうである。週末には到達するだろうと思う。いつも、訪問をどうも有難うございます。 さて、今回の投稿は、先達てお知らせした「半ドン」でいきたいと思う。まあ、つまり短縮版である。週に一度くらい...

満開の桜をP900で撮る。あの機能を使って、ソメイヨシノをピンク色に染めるのだ…

満開の桜をP900で撮る。あの機能を使って、ソメイヨシノをピンク色に染めるのだ…

トップの写真は、今週の日曜日に撮った。陽気に誘われて、また桜を撮りに出掛けたのである。 但し、先達てと同じようにソメイヨシノを撮影したのでは余り面白くないなあ、とも思った。例えば、全体的にもう少しピンク色っぽく撮れいないものだろうか?とか。 ...

夜、仕事の行き帰りに、ライトアップされた夜桜を撮ったのだ…

夜、仕事の行き帰りに、ライトアップされた夜桜を撮ったのだ…

トップの写真は、先週の土曜日に撮影した、太陽の前を横切るジェット旅客機。こうして見ると、まるで真夏の光景である。 この日くらいまでは、実に暖かであった。これも先週の、息子の大学の入学式の帰り、僕は車を運転している最中、余りにも暑くてエアコンを入...

実家へ行ったときに修理を頼まれたものを、持ち帰ってちょっと直してみたのだ…(下)

実家へ行ったときに修理を頼まれたものを、持ち帰ってちょっと直してみたのだ…(下)

トップの写真は、先週の土曜日に撮影。塾の仕事の、春期講習の関係でこの日も夜から出勤した。その際、たまたま通った道で、綺麗な夜桜を見たのである。 このとき、授業で仕事に行くわけではないという気楽さもあって、ニコン P900を持って出掛けていた。そ...

川沿いの桜並木を散策したのだ。何処までも、咲き誇る花の姿を求めて…(下)

川沿いの桜並木を散策したのだ。何処までも、咲き誇る花の姿を求めて…(下)

本日は、4月3日。当ブログ「×月×日、白ねこのため息」が始まって、2周年の日なのです…。 毎日、実に多数の方が来訪して下さり、どうも有難うございます。心より感謝を申し上げます。お陰さまで、目下のところ、のべ78000人を超えております。来週には...

川沿いの桜並木を散策したのだ。何処までも、咲き誇る花の姿を求めて…(上)

川沿いの桜並木を散策したのだ。何処までも、咲き誇る花の姿を求めて…(上)

近頃はだいぶ朝が早くなって来たと感じる。午前4時半にもなれば、東の空が群青色に染まり、仰角の低いところは既に黄色く光が射さんとしているかのようだ。 今朝は、その東天に明けの明星と有明月が左右に並んで見えた。その下には日昇が控え、暁光が薄っすらと...

桜咲き、次の元号が発表された。良いものですね。この季節、新しい時代…

桜咲き、次の元号が発表された。良いものですね。この季節、新しい時代…

次の元号が、きょう発表された。「令和」である。 僕は、午後1時頃にネットニュースの見出しで知ったのだけれども、目にした瞬間に「これ、良いね」と感じた。何と言うべきか、僕には第一印象の良い名前だったのである。 「令和元年」…やはり良い響きだと思...

落ち葉の散る季節、ふと見上げると、桜の花が開いていた。コスモスもまた、その下で咲いていたのだ…

落ち葉の散る季節、ふと見上げると、桜の花が開いていた。コスモスもまた、その下で咲いていたのだ…

前回の投稿、何と4000字以上にもなってしまった。まあ時間があったためもあるのだけれども、テオドール・クルレンツィスについて書いていたら、つい筆が乗ってしまったのである。お読みいただき、感謝申し上げます。 僕は、自称(?)天才ウォッチャーだ。あ...

雨雫に濡れる桜の蕾。すでに綻ぶものもあり。夜は、暫く振りに月を撮ったのだ…

雨雫に濡れる桜の蕾。すでに綻ぶものもあり。夜は、暫く振りに月を撮ったのだ…

トップの写真は、今朝撮った桜。ひと雨過ぎて、綻んだ花も幾つか。花弁に雫を滴らせているものも見て取れる。濡れたソメイヨシノは、何処か官能的な感じがする。 上は殆どまだ、蕾のままである。満開はまだもう少し先なのだろう。蕾はいずれも、拳を握り...

気温は20℃を超えただろうか。僕は自転車を駆って、娘の高校の手続きに走るのだ…

気温は20℃を超えただろうか。僕は自転車を駆って、娘の高校の手続きに走るのだ…

塾の仕事が休みだったので、娘の高校関係の手続きをひとつ済ませてきた。 高校へ書類を出しに行くと、その敷地の広さにやや驚く。校門を入ったところには、バスのロータリーのような広大な空間があった。真ん中には、イチョウだろうかポプラだろうか、一本の木が...