「 雲の写真 」一覧

週末の夕方、紫色の雷が光る瞬間を撮った。あと、大花火大会の動画も貼ったのだ…

週末の夕方、紫色の雷が光る瞬間を撮った。あと、大花火大会の動画も貼ったのだ…

週末は、弓道教室。これで7回目だ。全8回の教室なので、これも含めてあと2回ということになる。 今回は、座射(ざしゃ)の練習。これは、立って弓道場に入場し、その後、射位(矢を射るための場所)で一旦座り、また立ち上がって弓を開いて矢を射る、というも...

うさぎはみかんの皮を食し、蒼くて朱い夕焼けの日だったのだ…

うさぎはみかんの皮を食し、蒼くて朱い夕焼けの日だったのだ…

前回の投稿で書いたように、きのうは、うさぎを外で遊ばせながら、ミント摘みをした。その後、近所を歩いて夕焼けを撮った。雲の出具合と照り方が良かったからである。 トップの写真は、そのときに撮ったもの。思った通り、実に蒼くて朱い、美麗な日没だった。西...

僕は久し振りの、ミント摘み。うさぎも、外で遊ぶのは暫く振りだろうか。楽しそうなのだ…

僕は久し振りの、ミント摘み。うさぎも、外で遊ぶのは暫く振りだろうか。楽しそうなのだ…

トップの写真は、先日の夕方、塾の仕事へ行く途中に撮ったもの。雲の向こうから夕陽が射して、まるで仏像か何かの後光のようだったのだ。雲の輪郭が、実にくっきりと浮かび上がっている。 出勤途上につき、ニコン P900を持ち合わせていなかったので、バッグ...

長雨の合間の好天に、写真散歩を楽しむ。撮るものは、花であったり、蜜を吸うものであったり、西陽に煌めく雲であったり…

長雨の合間の好天に、写真散歩を楽しむ。撮るものは、花であったり、蜜を吸うものであったり、西陽に煌めく雲であったり…

前回の投稿は、後半に今年の中秋の名月の写真を載せた。 この日の天気は、幾分曇っていたのだけれども、雲間からどうにか観測することが出来たのである。こうした天体ショーの日には天候に恵まれないということが往々にしてあるものだ。 でも、今回は運が良か...

大仕事がひとつ終わり、ちょっとお出かけ。このブログを初めて、外出先から更新したのだ…

大仕事がひとつ終わり、ちょっとお出かけ。このブログを初めて、外出先から更新したのだ…

先日、長きに渡った夏期講習が、やっと終わったのである…。暑くて長い長い1ヶ月であった。最終日は、終了テストを全学年で行う。その後は、採点やコンピュータ入力、および発送の仕事が待っているのだ。 でも、それら一連の作業は、もう流れでやっていくような...

しばらく涼しい日が続いたと思ったら、また暑くなってきた。でも、これを乗り越えて、ようやく秋が訪れるのかも知れない…

しばらく涼しい日が続いたと思ったら、また暑くなってきた。でも、これを乗り越えて、ようやく秋が訪れるのかも知れない…

トップの写真は、日曜日に撮った空模様。上層の筋雲と、下層の綿雲が混在する、秋と夏が折衷したような光景だった。陽射しは強いけれども、暑さはそれ程でもなかった。 これで一気に秋へと移行していくのか、と思いきや、今週は案外と暑くなりそうである。予報で...

結局、どんなことでもやっておくもんだなあ、あとで役に立つかも知れないから、とつくづく思うのだ…

結局、どんなことでもやっておくもんだなあ、あとで役に立つかも知れないから、とつくづく思うのだ…

トップの写真は、今朝の朝焼け。午前4時半頃に撮った。嵐の前の静けさにして、赤く色彩明瞭な光景である。 しかし、南の空を見遣ると、さにあらず。長い触手のような波状雲が、気味悪く空を覆う。恐らくは、台風の雲が伸びて来たものだろう、と思う。このように...

ここら辺で、夏がやっと半分終わったのだろうか…という感慨。でも、あと半分は、まだ残っているのだ…

ここら辺で、夏がやっと半分終わったのだろうか…という感慨。でも、あと半分は、まだ残っているのだ…

トップの写真は、土曜日の空模様。夕方近くの西に、光のパイプオルガン(薄明光線)を撮った。今回は、縦の構図にして、トワイライトモードを使って撮影。更に、Snapseedで色味を調整済み。良い感じになったと思う。 勤務先の塾では、夏期講習の半分を区...

実に久し振りに歌詞の対訳を載せてみて、ここで雑感を。猛暑の日の、遠く青い空を眺めながら…

実に久し振りに歌詞の対訳を載せてみて、ここで雑感を。猛暑の日の、遠く青い空を眺めながら…

トップの写真は、きのうの空模様。ほぼ水平の薄雲に、天高く昇ろうとする積雲。暑い日和は続く。夏期講習の半分が、やっと終わりそうだ…。それでも、まだ半分である。今年は特に、長く感じるなあw あと、自衛隊のヘリが飛んでいたところを撮った。(ちょっとピ...

ニコン P900のタイムラプス機能で、雲の動画を撮ってみたのだ…

ニコン P900のタイムラプス機能で、雲の動画を撮ってみたのだ…

先達ての土曜日の明け方は、皆既月食の日であった。赤く様変わりした月と、その隣には地球最接近中の火星が控えるという、実に見応えのある構図だった筈なのだけれども、結局見られなかったのである…。 僕は、午前3時過ぎに一旦、目を覚ました。でも、雨の音を...

うちに、ふたつの来訪者が飛んでやって来た。別に、怖がることはないんだけれどねえ…

うちに、ふたつの来訪者が飛んでやって来た。別に、怖がることはないんだけれどねえ…

先達ての夕方、仕事帰りに入道雲を見た。北西の方角である。それは丁度、西日に照らされているところであった。急ぎ帰宅し、すぐニコン P900を手に再び外へ。トワイライト撮影モードで撮った。 それが、トップの写真。Snapseedで加工済み。大きな雲は、...

ぬるい風しか出なかった筈のエアコンが、文字通り、息を吹き返してしまったのだ…

ぬるい風しか出なかった筈のエアコンが、文字通り、息を吹き返してしまったのだ…

トップの写真は、先達ての週末に撮ったもの。ニコン P900に、減光フィルターをつけて撮影。強烈な日差しの太陽と、その周辺のわた雲。フィルターを通しても尚、眩しくあついのである…。 僕は、会社員時代に、出張でしばしばマレーシアへ行っていた。年に1...

BCLラジオ、SONY ICF-2001 Voice of Japanのスピーカーを取り替えてみたのだ(後編)…

BCLラジオ、SONY ICF-2001 Voice of Japanのスピーカーを取り替えてみたのだ(後編)…

トップの写真は、先日の午後に撮影した、すじ雲の青空。まるで、墨流しのようである。 このあと、夏期講習前の会議に出席するため、暑い中を自転車で出勤したら、翌日に延期になったんですよ、と言われたw どうやら、連絡が僕のところまで回って来なかったらしい。...

青い空に雲が良く映える休日。図書館で読書に勤しみ、不思議な像を眺めるのだ…

青い空に雲が良く映える休日。図書館で読書に勤しみ、不思議な像を眺めるのだ…

日曜日は、朝から爽やかな気候だった。気温は高すぎず、湿度も低く感じられる。NHK-FMでは、カーペンターズの特集を25分間放送していた。こんな日には、まさに、ぴったりの音楽だった。 空は、上層雲と下層雲の入り混じったような景色。雲が、上空の風に...

猛暑日の午後、自転車に乗っているときに天から降ってきたモノは、何と(苦笑)…

猛暑日の午後、自転車に乗っているときに天から降ってきたモノは、何と(苦笑)…

トップと下の写真は、先達ての日曜日の夕焼け。青い空にピンク色の雲が綺麗だったので、娘とベランダで並んで撮った。娘はスマホを使い、僕はニコン P900のトワイライトモードで撮影。 あとで、娘が撮った写真を見せて貰った。色味は、P900で撮...

うさぎの頭の上は、物を置きやすいのだ。あと、終末風(?)写真の続きをば…

うさぎの頭の上は、物を置きやすいのだ。あと、終末風(?)写真の続きをば…

トップの写真は、頭に葉っぱを載せたうさぎ。この葉っぱは、先達ての投稿で書いた、柏餅についていたものである。それを、うさぎのおやつにするために天日に干した。その最後の一枚だ。 うちのうさぎは、柏餅の葉っぱが大好物という程ではないけれども、たまに与...

週末は、月を撮ったり、太陽を撮ったり、雲を撮ったり。それから、写真を加工してみると…

週末は、月を撮ったり、太陽を撮ったり、雲を撮ったり。それから、写真を加工してみると…

週末は、特に予定は無かった。只、金曜日の夜に、突然のようにして会議が入った。例によって、深夜の会議である。多分、僕が仕事を休んでいた、水曜日か木曜日の間に決まったのだろう。 でも、火曜日の時点で、会議があるらしいよ、ということは仄聞していた。だ...

作曲家の東海林修先生が逝去された。今年もこうして、僕の好きなクリエイターがひとり、またひとりと世を去って行くのだ…

作曲家の東海林修先生が逝去された。今年もこうして、僕の好きなクリエイターがひとり、またひとりと世を去って行くのだ…

トップの写真は、GW中に撮った、空の写真。ひつじ雲のような上空の雲の中を、飛行機が飛んで行ったのだろうか、このような長い筋が斜めにひとつ出来ていたのだった。 ジェット機が高空を飛行して、所謂飛行機雲が出来ることはよくある。でも、それとは逆に、既...

雲の塊が浮かぶこんな青空に、種子は芽吹き、僕は野菜を干す。うさぎのおやつにするためなのだ…

雲の塊が浮かぶこんな青空に、種子は芽吹き、僕は野菜を干す。うさぎのおやつにするためなのだ…

ここ暫く、早朝の仕事は車で行っていた。気温がとても低く寒いのと、帰り道のFM放送でクラシックを聴くのが楽しみだったからだ。 でも、今朝は、ちょっと久し振りに自転車だったのである。上着を着ずに行ったのだけれども、行き帰りとも、走り出しは肌寒いよう...