「 2018年 」一覧

「小説家・勝谷誠彦の死(前後編)追悼文:花房観音」を何度も読んでしまった日に、勝谷誠彦ショップから

「小説家・勝谷誠彦の死(前後編)追悼文:花房観音」を何度も読んでしまった日に、勝谷誠彦ショップから

「小説家・勝谷誠彦の死(前後編)追悼文:花房観音」には思わず唸りたくなった。私にはめずらしいことだが何度も読み返してしまった。 明るく(続きはクリック)

記事を読む

第235回TOEIC® Listening & Reading Testの結果 前回比10%の伸びにとどまる

第235回TOEIC® Listening & Reading Testの結果 前回比10%の伸びにとどまる

今日、11月受験の第235回の結果が判明。うーん、初めてリスニングが下がった。リーディングで稼げたのが幸い。昨日受験の結果は吉と出ればいいの(続きはクリック)

記事を読む

第236回TOEIC® Listening & Reading Testをもって今次のEnglish Cupは終了、真っ白とはいかないが灰色になるくらいには燃え尽くせたのは紀平梨花の偉業のおかげ

第236回TOEIC® Listening & Reading Testをもって今次のEnglish Cupは終了、真っ白とはいかないが灰色になるくらいには燃え尽くせたのは紀平梨花の偉業のおかげ

毎度のことではあるが、もっとこうすれば、ということがなくはない。試験中はそれこそフルパワーで聴いて読んで、情報処理能力を働かせたのだが、問題(続きはクリック)

記事を読む

明日で終了、明後日からは新たな日々、そして、偲ぶ会にどうすれば参加できるか、途方にくれつつ師走を駆けるのみ

明日で終了、明後日からは新たな日々、そして、偲ぶ会にどうすれば参加できるか、途方にくれつつ師走を駆けるのみ

、何が終了って?約半年前から参戦していたEnglishCupが、である。 これが終わったらまた何をやろうか。まずいことに英語が面白くな(続きはクリック)

記事を読む

GP of Figure Skating Final 2018 ミスなしのザキトワのSP世界記録を更新して直接対決を制した紀平梨花は一体どこまで行くのか

GP of Figure Skating Final 2018 ミスなしのザキトワのSP世界記録を更新して直接対決を制した紀平梨花は一体どこまで行くのか

怪我など大きなアクシデントがない限り、共産圏のサイボーグ選手が現れない限り、日本の紀平梨花は今後10年近く世界のトップに君臨する可能性はある(続きはクリック)

記事を読む

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

いつまでも、というわけではなく 1-①最低1年は継続 1-②1年後に閉鎖となってもデータは移行できる ということである。今のままの環境(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第5局第2日 馬と呼ばれる広瀬が龍馬2枚と桂馬にやられた

第31期竜王戦七番勝負第5局第2日 馬と呼ばれる広瀬が龍馬2枚と桂馬にやられた

これで広瀬は1敗も出来なくなった。しかし、2つ勝てば新竜王である。タイトル100期など馬鹿馬鹿しく突出した記録を許すべきではない。本局は前2(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第5局第1日 いよいよ大詰めが近づいてきた

第31期竜王戦七番勝負第5局第1日 いよいよ大詰めが近づいてきた

羽生がいくぶん指しやすそうにみえる。しかし、少々の優位を保っていても終盤でやらかしてしまうのが最近の羽生だ。まだまだ期待している。この第5局(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦挑戦者に渡辺明棋王

第68期王将戦挑戦者に渡辺明棋王

私が復活を命じた渡辺明がその狼煙をあげた。既にB1級順位戦では8勝0敗でA級復帰をほぼ確実にしているし、ここに来てタイトル戦登場でまずまず復(続きはクリック)

記事を読む

死への希求を懐く者を止めることはできない

死への希求を懐く者を止めることはできない

通勤途中で公式問題集を忘れたことに気づいた。仕方がないので駄文を書き散らすことにする。 「勝谷誠彦のxxな日々。」の読者であれば、勝谷(続きはクリック)

記事を読む

M-1グランプリ2018王者は霜降り明星

M-1グランプリ2018王者は霜降り明星

途中TOEIC特訓で中座したが、今年は全体的に低調な印象。 今年も和牛が安定感抜群で間違いなく獲ると思ったが好みのさかなぁ。(そいや今(続きはクリック)

記事を読む

第4期叡王戦本選トーナメント羽生竜王(前棋聖)vs菅井七段(前王位)は豊島相手に失冠した両者の争いだからか、藤井聡太七段の初解説のほうがニュースになっている

第4期叡王戦本選トーナメント羽生竜王(前棋聖)vs菅井七段(前王位)は豊島相手に失冠した両者の争いだからか、藤井聡太七段の初解説のほうがニュースになっている

ニコ生はChromecastに対応していないから視聴しにくいな。プレミアムでないと追い出されるし。 本局は20時までは藤井聡太を見守る(続きはクリック)

記事を読む

丸のFA読売入りで広島&読売は戦力ダウン、ガルシア退団が痛すぎる中日ドラゴンズは金子千尋を獲るべし

丸のFA読売入りで広島&読売は戦力ダウン、ガルシア退団が痛すぎる中日ドラゴンズは金子千尋を獲るべし

丸は2年連続リーグMVPだが広島にいてこそ力を発揮できた。FAで読売入りした多くの選手が悲惨な目にあったのを知らぬ愚か者であったとは残念なこ(続きはクリック)

記事を読む

唯一の開設条件が失われんとする今、我々の行く道はいずこへ

唯一の開設条件が失われんとする今、我々の行く道はいずこへ

カツブロ開設の条件が明記されている。⇒こちら ただ一つ。『勝谷誠彦の××な日々。』の読者であること。 12月で閉じる『勝谷誠彦の××(続きはクリック)

記事を読む

旅を終える、または、旅立つ、ということ

旅を終える、または、旅立つ、ということ

人はその生涯で何度か、あまりに大きな出来事に遭遇したときに、傍目からそう見えるかどうかは別にして、あらゆる感情が静止し呼吸はもとより鼓動すら(続きはクリック)

記事を読む

After『勝谷誠彦のxxな日々。』のことをぼんやりと考える

After『勝谷誠彦のxxな日々。』のことをぼんやりと考える

自ら依存症を認め、然るべき施設への入所を承諾しない場合は、12月末日をもって『勝谷誠彦のxxな日々。』を終了するとのこと。 どうも勝手(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦は渡辺明棋王と糸谷八段のプレーオフへ

第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦は渡辺明棋王と糸谷八段のプレーオフへ

S級順位戦と呼んでも良さそうな今期の王将戦挑戦者決定リーグは最終戦を終えても決着がつかず、渡辺明棋王と糸谷八段のプレーオフで挑戦者が決まるこ(続きはクリック)

記事を読む

与党民進党が惨敗し蔡英文総統が党代表辞任した台湾統一地方選や、心揺るがぬ逆転Vでグランプリファイナル進出をいとも簡単に決めた紀平梨花のことも書きたかったが、やはり今日は、もはや不調という領域を静かに脱しつつある重篤な終盤のやらかし症候群に陥った羽生を気の毒にさえ感じるような第31期竜王戦七番勝負第4局第2日のことを書く

与党民進党が惨敗し蔡英文総統が党代表辞任した台湾統一地方選や、心揺るがぬ逆転Vでグランプリファイナル進出をいとも簡単に決めた紀平梨花のことも書きたかったが、やはり今日は、もはや不調という領域を静かに脱しつつある重篤な終盤のやらかし症候群に陥った羽生を気の毒にさえ感じるような第31期竜王戦七番勝負第4局第2日のことを書く

予告していたNHK杯戦の3永世名人の一局は森内俊之十八世名人(九段)の勝ち。フリークラス転出などする必要があったのだろうか。もう一度名人に復(続きはクリック)

記事を読む

大阪万博(EXPO’70)の思い出と第31期竜王戦七番勝負第4局第1日

大阪万博(EXPO’70)の思い出と第31期竜王戦七番勝負第4局第1日

カツブロをやっている皆さんなどは感覚的に私と同年代の方が多くて、EXPO'70に関しての記憶も似たようなものがあるかもしれない。最近は昔話を(続きはクリック)

記事を読む

藤井聡太七段の年度内タイトル戦登場消滅、第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で敗退、斎藤慎太郎王座の壁高し

藤井聡太七段の年度内タイトル戦登場消滅、第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で敗退、斎藤慎太郎王座の壁高し

藤井聡太七段はマスクをしながらの対局で体調万全とはいかなかったようだが、今年度もタイトル戦登場なしに終わった。 恐ろしい終盤力を誇り史(続きはクリック)

記事を読む

帰り道でよく見かけるのらねこが随分と丸くなってきた

帰り道でよく見かけるのらねこが随分と丸くなってきた

いいエサを食べているに違いない。中央の大きい写真のこである。 こちらへのクリックが一番の応援です! ↓ にほんブログ村(続きはクリック)

記事を読む

次週NHK杯テレビ将棋トーナメントは永世名人3名登場の冠絶カード

次週NHK杯テレビ将棋トーナメントは永世名人3名登場の冠絶カード

谷川浩司十七世名人(九段)と森内俊之十八世名人(九段)の対局で解説が羽生善治十九世名人(竜王)である。こんな組み合わせがかつてあっただろうか(続きはクリック)

記事を読む

与田が星野流の大トレード断行するとして、1987年の落合博満のような大物を連れてこられるのか、しかし、与田はアスカに似てんじゃね

与田が星野流の大トレード断行するとして、1987年の落合博満のような大物を連れてこられるのか、しかし、与田はアスカに似てんじゃね

現球界の野手で欲しい野手はそうはおるまい。エース級の投手は当然欲しいな。マネーゲームに参戦しないのは吉。読売の惨状を見よ。「一億円」原がシレ(続きはクリック)

記事を読む

第234回TOEIC® Listening & Reading Testの結果 さらに150ポイントアップ

第234回TOEIC® Listening & Reading Testの結果 さらに150ポイントアップ

取り返しのつかないことをしてしまった。100ポイントずつ上げていくはずだったが、一気に150上がってしまった。あと50ポイント上がれば、En(続きはクリック)

記事を読む

第235回TOEIC® Listening & Reading Test会場はお化け煙突の跡地に出来た新しくきれいな大学であったが、試験の出来はイマイチ、しかし、ジャニス閉店フェアの大いなる混雑ぶりで心地よい疲れの中、今夜はよく眠れそうである

第235回TOEIC® Listening & Reading Test会場はお化け煙突の跡地に出来た新しくきれいな大学であったが、試験の出来はイマイチ、しかし、ジャニス閉店フェアの大いなる混雑ぶりで心地よい疲れの中、今夜はよく眠れそうである

大正の終わりから昭和38年3月までの間、帝京科学大学千住キャンパスが建設される40数年前のその地に、かつて国民生活を支えていたエネルギーを作(続きはクリック)

記事を読む

ジャニス閉店

ジャニス閉店

何ということか。(←2日連続) 神田神保町のレンタルCDの聖地「ジャニス」が閉店とのこと。実は8月に告知があったらしいのだが、迂闊なこ(続きはクリック)

記事を読む

天野健太郎氏逝去

天野健太郎氏逝去

何ということか。『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリー』の翻訳者のひとりであった天野健太郎氏が逝ってしまった。47歳。 貓夫(続きはクリック)

記事を読む

読んでもわからん英文を聴いてわかるわけがない

読んでもわからん英文を聴いてわかるわけがない

ということで、今週後半からは英文を目で追いながら聴いてわかることを目標にしている。リスニング&リーディング対策である。これは結構楽しい。辞書(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年十一月場所 ただ引退させてはつまらない稀勢の里の使い方

平成三十年十一月場所 ただ引退させてはつまらない稀勢の里の使い方

横綱審議委員会からの引退勧告は当然あるだろうな。 歴代横綱最悪の8場所連続休場は既に樹立している。今日の不戦敗を除いた横綱の初日からの(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年十一月場所 稀勢の里3連敗、引退秒読み

平成三十年十一月場所 稀勢の里3連敗、引退秒読み

こりゃもうあかんな。一人横綱が務まる状態ではない。竜電前頭三枚目で1勝2敗。 こちらへのクリックが一番の応援です! ↓ (続きはクリック)

記事を読む

超新星などと持ち上げられてくると少々気持ちがささくれだってくるが、そんなことより、今季EnglishCupはスタディサプリと心中することにした

超新星などと持ち上げられてくると少々気持ちがささくれだってくるが、そんなことより、今季EnglishCupはスタディサプリと心中することにした

前半はこの記事である⇒生きること=フィギュアスケート。日本の超新星・紀平梨花の秘密。 ここに書かれていることの大部分はとっくに知ってい(続きはクリック)

記事を読む