中日ドラゴンズの4連勝5割復帰はめでたいのだが、名人戦第1局は優勢だった天彦が羽生に敗れてめでたくない

通算1400勝というのは偉業ではあるが、羽生にとっては通過点に過ぎない。
本局は大変な熱戦であったようだ。棋譜も見られない状況で簡単な途中経過と結果を知ったのみである。
まだ第1局が終わったばかりだが、後手横歩で敗れた佐藤天彦はこのシリーズ大変苦しい展開になった。

だが、あきらめるな。佐藤天彦は2年前も初戦を落として名人位を奪取(●○○○○)したはずなのである。
まだまだわからないのだ。

世の中全体の風潮として、
羽生が勝って「すわ、通算100期」だの「やれ、名人10期」だの、と全くもって姦しいことである。
こうした風潮を苦々しく思うのは私だけだろうか。


中日ドラゴンズは今日も勝った。吉見の勝ち投手が嬉しい。
頭部の毛の生え方を間違ったような異様な風貌の新外国人、アルモンテが今日も本塁打を打ち好調である。
昨シーズンのリーグホームラン王をくれてやった由伸Gが最下位であることと対照的なのだ。


ブログランキングに参加しました!いったい今日は何位でしょうか(^^?

にほんブログ村 外国語ブログ 台湾語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

4+
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar