第66期将棋王座戦5番勝負第3局 中村王座が後手番ブレイク返しで反撃開始、そして私が希望するタイトル戦の形態

ここから斎藤慎太郎七段に連勝していくのは至難の業であるが、中村太地王座が苦しい後手番で勝ち、ストレート失冠を免れた。次戦は先手番だし、最終戦にまでもつれこむ可能性も十分ある。

王座戦、棋聖戦、棋王戦のような1日制五番勝負はスピーディでよい。先手有利がこれだけはっきりしているのだから、一局半日制にして先後2局を指し、2勝差をつけるまでやるのが最も公平である。

お願いします。こちらへのクリックのみが応援です!

にほんブログ村 外国語ブログ 台湾語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

4+
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar