「 2018年11月 」一覧

丸のFA読売入りで広島&読売は戦力ダウン、ガルシア退団が痛すぎる中日ドラゴンズは金子千尋を獲るべし

丸のFA読売入りで広島&読売は戦力ダウン、ガルシア退団が痛すぎる中日ドラゴンズは金子千尋を獲るべし

丸は2年連続リーグMVPだが広島にいてこそ力を発揮できた。FAで読売入りした多く(続きはクリック)

記事を読む

唯一の開設条件が失われんとする今、我々の行く道はいずこへ

唯一の開設条件が失われんとする今、我々の行く道はいずこへ

カツブロ開設の条件が明記されている。⇒こちら ただ一つ。『勝谷誠彦の××な日々(続きはクリック)

記事を読む

旅を終える、または、旅立つ、ということ

旅を終える、または、旅立つ、ということ

人はその生涯で何度か、あまりに大きな出来事に遭遇したときに、傍目からそう見えるか(続きはクリック)

記事を読む

After『勝谷誠彦のxxな日々。』のことをぼんやりと考える

After『勝谷誠彦のxxな日々。』のことをぼんやりと考える

自ら依存症を認め、然るべき施設への入所を承諾しない場合は、12月末日をもって『勝(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦は渡辺明棋王と糸谷八段のプレーオフへ

第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦は渡辺明棋王と糸谷八段のプレーオフへ

S級順位戦と呼んでも良さそうな今期の王将戦挑戦者決定リーグは最終戦を終えても決着(続きはクリック)

記事を読む

与党民進党が惨敗し蔡英文総統が党代表辞任した台湾統一地方選や、心揺るがぬ逆転Vでグランプリファイナル進出をいとも簡単に決めた紀平梨花のことも書きたかったが、やはり今日は、もはや不調という領域を静かに脱しつつある重篤な終盤のやらかし症候群に陥った羽生を気の毒にさえ感じるような第31期竜王戦七番勝負第4局第2日のことを書く

与党民進党が惨敗し蔡英文総統が党代表辞任した台湾統一地方選や、心揺るがぬ逆転Vでグランプリファイナル進出をいとも簡単に決めた紀平梨花のことも書きたかったが、やはり今日は、もはや不調という領域を静かに脱しつつある重篤な終盤のやらかし症候群に陥った羽生を気の毒にさえ感じるような第31期竜王戦七番勝負第4局第2日のことを書く

予告していたNHK杯戦の3永世名人の一局は森内俊之十八世名人(九段)の勝ち。フリ(続きはクリック)

記事を読む

大阪万博(EXPO’70)の思い出と第31期竜王戦七番勝負第4局第1日

大阪万博(EXPO’70)の思い出と第31期竜王戦七番勝負第4局第1日

カツブロをやっている皆さんなどは感覚的に私と同年代の方が多くて、EXPO'70に(続きはクリック)

記事を読む

藤井聡太七段の年度内タイトル戦登場消滅、第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で敗退、斎藤慎太郎王座の壁高し

藤井聡太七段の年度内タイトル戦登場消滅、第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で敗退、斎藤慎太郎王座の壁高し

藤井聡太七段はマスクをしながらの対局で体調万全とはいかなかったようだが、今年度も(続きはクリック)

記事を読む

帰り道でよく見かけるのらねこが随分と丸くなってきた

帰り道でよく見かけるのらねこが随分と丸くなってきた

いいエサを食べているに違いない。中央の大きい写真のこである。 こち(続きはクリック)

記事を読む

次週NHK杯テレビ将棋トーナメントは永世名人3名登場の冠絶カード

次週NHK杯テレビ将棋トーナメントは永世名人3名登場の冠絶カード

谷川浩司十七世名人(九段)と森内俊之十八世名人(九段)の対局で解説が羽生善治十九(続きはクリック)

記事を読む

与田が星野流の大トレード断行するとして、1987年の落合博満のような大物を連れてこられるのか、しかし、与田はアスカに似てんじゃね

与田が星野流の大トレード断行するとして、1987年の落合博満のような大物を連れてこられるのか、しかし、与田はアスカに似てんじゃね

現球界の野手で欲しい野手はそうはおるまい。エース級の投手は当然欲しいな。マネーゲ(続きはクリック)

記事を読む

第234回TOEIC® Listening & Reading Testの結果 さらに150ポイントアップ

第234回TOEIC® Listening & Reading Testの結果 さらに150ポイントアップ

取り返しのつかないことをしてしまった。100ポイントずつ上げていくはずだったが、(続きはクリック)

記事を読む

第235回TOEIC® Listening & Reading Test会場はお化け煙突の跡地に出来た新しくきれいな大学であったが、試験の出来はイマイチ、しかし、ジャニス閉店フェアの大いなる混雑ぶりで心地よい疲れの中、今夜はよく眠れそうである

第235回TOEIC® Listening & Reading Test会場はお化け煙突の跡地に出来た新しくきれいな大学であったが、試験の出来はイマイチ、しかし、ジャニス閉店フェアの大いなる混雑ぶりで心地よい疲れの中、今夜はよく眠れそうである

大正の終わりから昭和38年3月までの間、帝京科学大学千住キャンパスが建設される4(続きはクリック)

記事を読む

ジャニス閉店

ジャニス閉店

何ということか。(←2日連続) 神田神保町のレンタルCDの聖地「ジャニス」(続きはクリック)

記事を読む

天野健太郎氏逝去

天野健太郎氏逝去

何ということか。『書店本事 個性的な台湾書店主43のストーリー』の翻訳者のひと(続きはクリック)

記事を読む

読んでもわからん英文を聴いてわかるわけがない

読んでもわからん英文を聴いてわかるわけがない

ということで、今週後半からは英文を目で追いながら聴いてわかることを目標にしている(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年十一月場所 ただ引退させてはつまらない稀勢の里の使い方

平成三十年十一月場所 ただ引退させてはつまらない稀勢の里の使い方

横綱審議委員会からの引退勧告は当然あるだろうな。 歴代横綱最悪の8場所連続(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年十一月場所 稀勢の里3連敗、引退秒読み

平成三十年十一月場所 稀勢の里3連敗、引退秒読み

こりゃもうあかんな。一人横綱が務まる状態ではない。竜電前頭三枚目で1勝2敗。 (続きはクリック)

記事を読む

超新星などと持ち上げられてくると少々気持ちがささくれだってくるが、そんなことより、今季EnglishCupはスタディサプリと心中することにした

超新星などと持ち上げられてくると少々気持ちがささくれだってくるが、そんなことより、今季EnglishCupはスタディサプリと心中することにした

前半はこの記事である⇒生きること=フィギュアスケート。日本の超新星・紀平梨花の秘(続きはクリック)

記事を読む

TOEIC® Listening & Reading Test 残り28日の作戦

TOEIC® Listening & Reading Test 残り28日の作戦

今週も強引に一日120分ペース完了。しかし、物足りない。 公式問題集だけで(続きはクリック)

記事を読む

紀平梨花、期待はしていたが、まさかの浅田真央超えのハイスコアで大逆転優勝

紀平梨花、期待はしていたが、まさかの浅田真央超えのハイスコアで大逆転優勝

しりもち転倒で5位に終わったSPからの大逆転優勝である。 2度のトリプルア(続きはクリック)

記事を読む

さあ、現将棋連盟会長の「天衣無縫 佐藤康光勝局集」で将棋感覚を破壊されよう

さあ、現将棋連盟会長の「天衣無縫 佐藤康光勝局集」で将棋感覚を破壊されよう

来月、現将棋連盟会長 佐藤康光九段の新刊「天衣無縫 佐藤康光勝局集」が出るらしい(続きはクリック)

記事を読む

フィギュアNHK杯が明日開幕、注目はもちろん

フィギュアNHK杯が明日開幕、注目はもちろん

紀平梨花である。ジュニアだったということでピョンチャン五輪には出られなかったが、(続きはクリック)

記事を読む

トランプ君の中間テスト結果

トランプ君の中間テスト結果

ねじれてしまって、まぁそのまま学級委員やってていいよ、ってことか。大統領令バンバ(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦 中村太地七段VS広瀬章人八段は広瀬が勝って竜王戦に続き挑戦権に近づいたが「将棋界の偉大な記録で打線を組んだ」が面白すぎて吹っ飛んでしまった

第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦 中村太地七段VS広瀬章人八段は広瀬が勝って竜王戦に続き挑戦権に近づいたが「将棋界の偉大な記録で打線を組んだ」が面白すぎて吹っ飛んでしまった

広瀬章人八段は4勝1敗で快走している。残りは名人天彦、勝てば当確。豊島は2勝2敗(続きはクリック)

記事を読む

根尾はショートに絞って吉、あとは京田と思う存分争ってほしい

根尾はショートに絞って吉、あとは京田と思う存分争ってほしい

根尾がショートになると京田⇒セカンド、高橋⇒サード、福田⇒外野、と玉突きになりそ(続きはクリック)

記事を読む

今週のスタディサプリTOEIC® L & R TEST対策コース

今週のスタディサプリTOEIC® L & R TEST対策コース

今週も無事にノルマ達成。しかし、学習日数55日にして、総学習回数2,484回って(続きはクリック)

記事を読む

ASUS Store Akasaka &台湾牛肉麺店 三商巧福

ASUS Store Akasaka &台湾牛肉麺店 三商巧福

家族のお祝いというか壮行会で久しぶりに赤坂へ行ってきた。正確にいつ以来か記憶にな(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第3局第2日 優勢だった羽生のわずかな次善手を敵失にして勝利をもぎとった広瀬が竜王奪取へ大きな一歩を踏み出した

第31期竜王戦七番勝負第3局第2日 優勢だった羽生のわずかな次善手を敵失にして勝利をもぎとった広瀬が竜王奪取へ大きな一歩を踏み出した

正直、羽生の力負けにみえる。後手番を互いに取りあって次局は広瀬の先手。今年の名人(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第3局第1日 鹿島神宮での決戦で広瀬は立ち直るべし

第31期竜王戦七番勝負第3局第1日 鹿島神宮での決戦で広瀬は立ち直るべし

広瀬は桂馬を、羽生は角を、それぞれ自陣に打ち込んだ。この局面で50手目を広瀬が封(続きはクリック)

記事を読む