「 2018年12月 」一覧

どうということのないはずのない一年が終わるのだが、50歳を超えても脳が若返る生き方 (講談社+α) 新書 2018/8加藤 俊徳  (著)を読む

どうということのないはずのない一年が終わるのだが、50歳を超えても脳が若返る生き方 (講談社+α) 新書 2018/8加藤 俊徳 (著)を読む

多少のことはいつも通りあったが、今年も暮れようとしている。 もなちゃんは逝(続きはクリック)

記事を読む

「望郷」(1937年)

「望郷」(1937年)

「究極の名作映画大全集」 DVD10枚組 BCP-007の3日目は「望郷」(19(続きはクリック)

記事を読む

2018 台湾 KOM チャレンジと「カメ止め」

2018 台湾 KOM チャレンジと「カメ止め」

足の状態は相変わらずよくない。曳舟のマッサージと立石のMosバーガーに行ったが、(続きはクリック)

記事を読む

今日から10日連続で「究極の名作映画大全集」 DVD10枚組 BCP-007を鑑賞する 初日は「カサブランカ」

今日から10日連続で「究極の名作映画大全集」 DVD10枚組 BCP-007を鑑賞する 初日は「カサブランカ」

相変わらず右足親指付け根は痛み止めと消炎鎮痛湿布が必要な状態であるが、年の瀬の帝(続きはクリック)

記事を読む

2018年 年末納会での”怪挙”により、これまでも、これからも、縁がなかったはずの東京ディズニーリゾートへの道が開かれた

2018年 年末納会での”怪挙”により、これまでも、これからも、縁がなかったはずの東京ディズニーリゾートへの道が開かれた

今日あった年末納会のクイズ大会で優勝してしまった。トランプは米国第■代大統領か?(続きはクリック)

記事を読む

痛みは和らいできたが、相変わらず腫れている

痛みは和らいできたが、相変わらず腫れている

恐るべし痛風。こんな恐ろしい病に20代前半からやられていたのだ。喘息はもっと長く(続きはクリック)

記事を読む

序列第1位に広瀬竜王、以下、天彦名人、豊島二冠、高見叡王、斎太郎王座、渡辺棋王、久保王将、羽生九段、、、

序列第1位に広瀬竜王、以下、天彦名人、豊島二冠、高見叡王、斎太郎王座、渡辺棋王、久保王将、羽生九段、、、

一部では新しい羽生の肩書きが「九段」になったことがニュースになっているが、これは(続きはクリック)

記事を読む

耶蘇生誕前夜祭とは何をする日か

耶蘇生誕前夜祭とは何をする日か

私はキリスト教徒ではないのでいつも通りの冬の一夜である。右足親指付け根の痛みはま(続きはクリック)

記事を読む

宮原のV5は阻止したが坂本にかわされ紀平梨花の逆転優勝ならず フィギュアスケート世界選手権代表選考会兼全日本選手権

宮原のV5は阻止したが坂本にかわされ紀平梨花の逆転優勝ならず フィギュアスケート世界選手権代表選考会兼全日本選手権

ショートプラグラムで文字通りの大コケがなければ、余裕で優勝だったな。フリーだけな(続きはクリック)

記事を読む

週報『迂闊屋』最終号、迂闊屋Dの正体がついに

週報『迂闊屋』最終号、迂闊屋Dの正体がついに

週報『迂闊屋』の最終号が配信された。いよいよ最後が近づいてくることを実感する。も(続きはクリック)

記事を読む

かつて平成という時代があり羽生善治という傑出した存在が30年にわたり99期もの将棋タイトルを保持したことがある、と語られることは間違いない 第31期竜王戦七番勝負第7局第2日

かつて平成という時代があり羽生善治という傑出した存在が30年にわたり99期もの将棋タイトルを保持したことがある、と語られることは間違いない 第31期竜王戦七番勝負第7局第2日

本日は通常勤務の日であり、終局は18時48分、帰宅途中の京成電鉄の車両の中であっ(続きはクリック)

記事を読む

日本将棋史に残るであろう一局は広瀬章人八段の先手で角換わり相腰掛銀 第31期竜王戦七番勝負第7局第1日

日本将棋史に残るであろう一局は広瀬章人八段の先手で角換わり相腰掛銀 第31期竜王戦七番勝負第7局第1日

今の広瀬に先手を持たれて勝ちにいける棋士はめったにいないことは確実であるが、この(続きはクリック)

記事を読む

100日経過、スタディサプリTOEIC® L & R TEST対策コース

100日経過、スタディサプリTOEIC® L & R TEST対策コース

2万日以上生きてきて、そのうちのわずか100日連続であるが本日達成した。人生の目(続きはクリック)

記事を読む

On the Beach / Nevil Shute

On the Beach / Nevil Shute

いわずと知れた「渚にて」である。この間の土曜日に図書館で借りた。LEVEL4だが(続きはクリック)

記事を読む

今年の勝ち頭のガルシアを阪神に奪われ、竜王にあと1勝に迫った広瀬章人が棋王戦の挑戦者に決まった日に誠論会(仮)メール会員を選択した

今年の勝ち頭のガルシアを阪神に奪われ、竜王にあと1勝に迫った広瀬章人が棋王戦の挑戦者に決まった日に誠論会(仮)メール会員を選択した

これでカツブロしばらく続くかな。 今年辛うじて最下位を免れたのはガルシアが(続きはクリック)

記事を読む

西郷どん最終回

西郷どん最終回

2018年1月7日に始まった「西郷どん」は今日最終回。時々チャンネルを合わせては(続きはクリック)

記事を読む

TOEICと実用英語技能検定(英検)のスコア換算表

TOEICと実用英語技能検定(英検)のスコア換算表

ややトラウマチックな英検の記憶はなくはない。だが、高校1年くらいまでは得意な科目(続きはクリック)

記事を読む

ちと暗雲

ちと暗雲

12月26日(水)東京での「勝谷誠彦を偲ぶ会」は貸切になって一人3,000円(飲(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第6局第2日 前代未聞の昼食休憩前投了でついに最終戦へ、無冠か100期か、史上最大の振り幅の1戦で平成とともに羽生の時代が終わらんとしている

第31期竜王戦七番勝負第6局第2日 前代未聞の昼食休憩前投了でついに最終戦へ、無冠か100期か、史上最大の振り幅の1戦で平成とともに羽生の時代が終わらんとしている

やはり何故羽生が横歩取りへ誘い、自爆に近い敗戦へ突き進んでいったかよくわからない(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第6局第1日 あとのない広瀬八段相手に驚愕の後手横歩取りへ誘導した羽生竜王は何を考えているのか

第31期竜王戦七番勝負第6局第1日 あとのない広瀬八段相手に驚愕の後手横歩取りへ誘導した羽生竜王は何を考えているのか

あと一敗はできるから遊んでみようという気になったのではあるまいな。または、Alp(続きはクリック)

記事を読む