半ば冗談で記した木村一基vs豊島将之の十番勝負が本当に実現してしまった 第60期将棋王位戦7番勝負第6局2日目

昨日の大長考の封じ手は△7六歩。浮き上がった▲7七金を全否定する手で意外な一手。木村九段は▲8六金と飛車に当てながら金をかわしたが、そこで後手は飛車を逃げずに△7七角!豊島王位の防衛の懸かる大一番でのまさかの強襲、しかし、これは無理筋らしい。これで決まれば気分がよいが、昼食休憩明けの△3五歩に木村九段が▲同銀と応じた後の△3六歩が緩かったか。一気に決戦ムードから先手に流れが行ってしまった。

これで王位の行方は最終戦に持ち込まれた。ここまで十番勝負は豊島将之の5勝4敗。しかし、次戦で敗れると王位を失冠することになる。棋聖を失ったのは相手が渡辺明であったから仕方がない面もあるが、普通にストレート防衛と思われた王位戦で最終戦にまでもつれるのは正直意外だった。最終戦の先後は振り駒である。豊島王位が先手なら防衛間違いないだろうが、後手であれば事件である。ついに無冠の帝王歴代No.1返上か。

応援のワンクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2+
  • avatar
  • avatar

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加