第69期王将戦挑戦者決定リーグ 本日最終3局一斉対局、藤井聡太七段が30年ぶりタイトル挑戦最年少記録を狙う以外は消化試合のみ

終盤に絶対の自信を持つ藤井聡太七段が序盤・中盤でも工夫を凝らし無難な展開をするようになって、豊島将之名人のキャッチフレーズのように、最近は全く隙がなくなってきた。対する広瀬章人竜王は竜王戦でも3連敗であとがない。対局も過密気味でおそらく対藤井聡太の研究も十分ではないかもしれない。残留で十分と言ってよかった顔ぶれの中での挑戦権獲得となれば、現時点で十分A級上位、タイトル保持者に匹敵する強さになったと考えていいだろう。

令和の初期は豊島・渡辺時代ではないかと思っていたが、思いのほかその時代は短い可能性がある。⇒藤井七段が30年ぶりタイトル挑戦最年少記録なるか

応援のワンクリックを是非お願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

3+
  • avatar
  • avatar
  • avatar

「はてブ」ボタンを設置しました!何が起こるか、是非クリックお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加