「 国内 」一覧

飯塚幸三とかいう腐れ元官僚をさっさと逮捕しろよ 池袋都道暴走死傷事故

飯塚幸三とかいう腐れ元官僚をさっさと逮捕しろよ 池袋都道暴走死傷事故

本当に天下り、否、官僚という奴らはクズしかいないな。いつまでたっても87歳男性と(続きはクリック)

記事を読む

新元号発表は会社の仮眠スペースにて生中継で視聴、「令和」の第一印象は「平成」ほど違和感なし

新元号発表は会社の仮眠スペースにて生中継で視聴、「令和」の第一印象は「平成」ほど違和感なし

歴史的な一瞬を「いつでもどこでも視られる」のがスマホの革新的な効用である。電波が(続きはクリック)

記事を読む

今日の品川シーサイド公園

今日の品川シーサイド公園

だいぶ咲いてきた。 いったい今日は何位でしょうか(^^? ↓ (続きはクリック)

記事を読む

西十間橋から見える東京スカイツリーが絶景すぎて哭ける

西十間橋から見える東京スカイツリーが絶景すぎて哭ける

今月から通い始めた錦糸町のマッサージ屋さん(正式にはリラクゼーションサロン)から(続きはクリック)

記事を読む

とりあえず「いだてん」の放映は続くことが判明した慰労会だか決起会だか行われた夜

とりあえず「いだてん」の放映は続くことが判明した慰労会だか決起会だか行われた夜

いつもは送別ランチで使われる会社近くのホテルのレストラン。つい食べ過ぎちゃうし飲(続きはクリック)

記事を読む

数え年=元号、であるという新たな知見

数え年=元号、であるという新たな知見

数え年の存在や定義は知ってはいたが、この年齢になるまで「何故こんなものが存在する(続きはクリック)

記事を読む

どぐされ役人どもの裁き方を考えよう

どぐされ役人どもの裁き方を考えよう

私の公務員嫌いはいささか病的だという自覚はあるが、最近の不正統計騒ぎでさすがに賛(続きはクリック)

記事を読む

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が危険水域らしいが、一体それのどこが問題なのか

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が危険水域らしいが、一体それのどこが問題なのか

そもそもNHKのような番宣のCMしか存在しない、受信料でジャブジャブな組織が視聴(続きはクリック)

記事を読む

羽田空港アクセス線は京急・東京モノレール・リムジンバスに大打撃を与えるか

羽田空港アクセス線は京急・東京モノレール・リムジンバスに大打撃を与えるか

今日、JR東日本が建設する方針を固めた羽田空港と東京駅を乗り換えなし18分で結ぶ(続きはクリック)

記事を読む

「ちば移住市町村合同フェア」に行ってきたよ

「ちば移住市町村合同フェア」に行ってきたよ

半分冷やかし気味であることに違いはないが、暖かい南房総方面にはあこがれるものがあ(続きはクリック)

記事を読む

今日のプライムパークス品川シーサイド ザ・タワー

今日のプライムパークス品川シーサイド ザ・タワー

一昨年くらいからずっと建築中だったタワーマンションの工事のカベが今年に入って取り(続きはクリック)

記事を読む

「天牛堺書店」破産の衝撃

「天牛堺書店」破産の衝撃

いやぁ、完全に個人的な話である。が、しかし、「天牛堺書店」以上に力強い名前の書店(続きはクリック)

記事を読む

今日のOthelloQuest

今日のOthelloQuest

22:00退社、あるいは23:20帰宅。 xxな日々風にこういう書き出しに(続きはクリック)

記事を読む

今日の帰り道

今日の帰り道

職場から駅に向かって歩いているところ。こう毎日忙しいとブログを更新するひまなどあ(続きはクリック)

記事を読む

新しい大学カテゴリと今日の右足親指

新しい大学カテゴリと今日の右足親指

かなり痛みは和らいできたが、相変わらず結構な見かけの右足親指付根。完治までかなり(続きはクリック)

記事を読む

年初、7年ぶりに首位陥落したアップルに替わってお久しぶりに注目のマイクロソフト、そして、大本命アマゾンが世界時価総額首位へ

年初、7年ぶりに首位陥落したアップルに替わってお久しぶりに注目のマイクロソフト、そして、大本命アマゾンが世界時価総額首位へ

7年もの長い間首位を堅持していたアップルがあっという間に4位である。ジョブズがい(続きはクリック)

記事を読む

「平成最後」ばかり連呼するアホ番組につきあいきれず映画ばかり観ていた年末年始 日本国の時代区分について

「平成最後」ばかり連呼するアホ番組につきあいきれず映画ばかり観ていた年末年始 日本国の時代区分について

たしかに現天皇明仁の生前退位のある今年の4月30日をもって平成時代は終わる。だか(続きはクリック)

記事を読む

12年前のこの日と同じ「一歩前へ出てくれたあなたへの私から最初のメール」を読んで感じたことと比べるにはあまりに陳腐なタイトルのフランク・キャプラの集大成、しかし、悪くはない

12年前のこの日と同じ「一歩前へ出てくれたあなたへの私から最初のメール」を読んで感じたことと比べるにはあまりに陳腐なタイトルのフランク・キャプラの集大成、しかし、悪くはない

あらためて12年前の有料メール創刊号(の文章)を読むにつれ、勝谷氏が生みだす文章(続きはクリック)

記事を読む

2018年 年末納会での”怪挙”により、これまでも、これからも、縁がなかったはずの東京ディズニーリゾートへの道が開かれた

2018年 年末納会での”怪挙”により、これまでも、これからも、縁がなかったはずの東京ディズニーリゾートへの道が開かれた

今日あった年末納会のクイズ大会で優勝してしまった。トランプは米国第■代大統領か?(続きはクリック)

記事を読む

痛みは和らいできたが、相変わらず腫れている

痛みは和らいできたが、相変わらず腫れている

恐るべし痛風。こんな恐ろしい病に20代前半からやられていたのだ。喘息はもっと長く(続きはクリック)

記事を読む