「 国内 」一覧

ちと暗雲

ちと暗雲

12月26日(水)東京での「勝谷誠彦を偲ぶ会」は貸切になって一人3,000円(飲み放題、うどん付き。入り口での献花は無料)とのこと。私は酒は(続きはクリック)

記事を読む

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

いつまでも、というわけではなく 1-①最低1年は継続 1-②1年後に閉鎖となってもデータは移行できる ということである。今のままの環境(続きはクリック)

記事を読む

死への希求を懐く者を止めることはできない

死への希求を懐く者を止めることはできない

通勤途中で公式問題集を忘れたことに気づいた。仕方がないので駄文を書き散らすことにする。 「勝谷誠彦のxxな日々。」の読者であれば、勝谷(続きはクリック)

記事を読む

旅を終える、または、旅立つ、ということ

旅を終える、または、旅立つ、ということ

人はその生涯で何度か、あまりに大きな出来事に遭遇したときに、傍目からそう見えるかどうかは別にして、あらゆる感情が静止し呼吸はもとより鼓動すら(続きはクリック)

記事を読む

After『勝谷誠彦のxxな日々。』のことをぼんやりと考える

After『勝谷誠彦のxxな日々。』のことをぼんやりと考える

自ら依存症を認め、然るべき施設への入所を承諾しない場合は、12月末日をもって『勝谷誠彦のxxな日々。』を終了するとのこと。 どうも勝手(続きはクリック)

記事を読む

大阪万博(EXPO’70)の思い出と第31期竜王戦七番勝負第4局第1日

大阪万博(EXPO’70)の思い出と第31期竜王戦七番勝負第4局第1日

カツブロをやっている皆さんなどは感覚的に私と同年代の方が多くて、EXPO'70に関しての記憶も似たようなものがあるかもしれない。最近は昔話を(続きはクリック)

記事を読む

第235回TOEIC® Listening & Reading Test会場はお化け煙突の跡地に出来た新しくきれいな大学であったが、試験の出来はイマイチ、しかし、ジャニス閉店フェアの大いなる混雑ぶりで心地よい疲れの中、今夜はよく眠れそうである

第235回TOEIC® Listening & Reading Test会場はお化け煙突の跡地に出来た新しくきれいな大学であったが、試験の出来はイマイチ、しかし、ジャニス閉店フェアの大いなる混雑ぶりで心地よい疲れの中、今夜はよく眠れそうである

大正の終わりから昭和38年3月までの間、帝京科学大学千住キャンパスが建設される40数年前のその地に、かつて国民生活を支えていたエネルギーを作(続きはクリック)

記事を読む

トランプ君の中間テスト結果

トランプ君の中間テスト結果

ねじれてしまって、まぁそのまま学級委員やってていいよ、ってことか。大統領令バンバン出して暴走しやがらないかな。もっとも分散された立法府になっ(続きはクリック)

記事を読む

今日の東品川

今日の東品川

夜なんだが、空の色が印象的。 こちらへのクリックが一番の応援です! ↓ にほんブログ村 にほんブログ村

記事を読む

雨にも風にも雪にも強かったはずの我らが京成電鉄が塩にやられた

雨にも風にも雪にも強かったはずの我らが京成電鉄が塩にやられた

区の中央を走り抜ける京成電鉄は葛飾区の大動脈である。JRの常磐線や総武線などは区の南北端をかすめているだけなのである。 その京成電鉄が(続きはクリック)

記事を読む

三県人とは三賢人? 凄まじい揺れであったことはデータが示している

三県人とは三賢人? 凄まじい揺れであったことはデータが示している

たしかに迷彩服のようだ。 こちらへのクリックが一番の応援です! ↓ にほんブログ村 にほんブログ村

記事を読む

麻生氏「我々はG7唯一の有色人種」って

麻生氏「我々はG7唯一の有色人種」って

これまたボケ老人なんだろうな。米国前大統領のことなど全く忘れている。 誰か小学生で指摘してあげる人はおらんのかい? 日本の政治家はこ(続きはクリック)

記事を読む

読み応えのある10日間

読み応えのある10日間

会社からの帰りの電車内でポツポツと書いてみる。 勝谷氏入院によるヨロンさんの代筆代信が始まって10日が経過した。その間の「勝谷誠彦の×(続きはクリック)

記事を読む

勝谷氏の病状を勝手に想像してみる

勝谷氏の病状を勝手に想像してみる

ヨロンさんより、本人からの報告をお待ちください、とあったので待つ以外にないのである。 そこで、今までの状況より医者でもなく一般常識程度しか(続きはクリック)

記事を読む

軽井沢の定宿から中軽井沢図書館経由で帰京の際、複数の偶然の賜物で天皇皇后両陛下のご尊顔を拝する

軽井沢の定宿から中軽井沢図書館経由で帰京の際、複数の偶然の賜物で天皇皇后両陛下のご尊顔を拝する

うーん、最高敬語の使い方など良く知らないで使おうとすると不敬の限りをしでかしそうだが、件名に(懸命に)使ってみた。 軽井沢の定宿と言え(続きはクリック)

記事を読む

5年ぶりの軽井沢

5年ぶりの軽井沢

勝谷氏の体調を大いに気にしつつも、5年ぶりの軽井沢。 中軽井沢駅直結の図書館がお休みだった以外は予定通り。 否、予想以上に有意義な時間だ(続きはクリック)

記事を読む

夏時間の採用についての私見

夏時間の採用についての私見

以前、2020東京五輪のマラソンを何故札幌でやらないのか、という記事を書いたが、国だか五輪組織委員会だかは夏時間の採用をもって、このマラソン(続きはクリック)

記事を読む

今日の佐倉市

今日の佐倉市

緑が目にしみわたる。日差しは強いが爽やかな風が吹く。 一年中このような陽気であれば日本は住むに値する。 昨日、「半分、青い。」が(続きはクリック)

記事を読む

今日の空@品川シーサイド

今日の空@品川シーサイド

涼しく爽やかな8月。もう秋が来てしまったのではなかろうか。来週行く予定の軽井沢は寒いかもしれない(苦笑) 今日の記録⇒2018(続きはクリック)

記事を読む

古代のシステム移行で四苦八苦しているうちに三菱UFJはキャッシュレスに向かい着々

古代のシステム移行で四苦八苦しているうちに三菱UFJはキャッシュレスに向かい着々

三菱UFJ(赤)と三井住友(緑)の最大の弱点は名前が無駄に長いことだ。 その点でのみ、みずほ(青)はリードしている。だが、3メガ最後尾激走(続きはクリック)

記事を読む

今日のうちのこと東品川

今日のうちのこと東品川

中日ドラゴンズ5連勝のあと4連敗、将棋のタイトル戦もない、こんな日はどうにもブログを書く気になれず、おかげでにほんブログ村のランキングも下が(続きはクリック)

記事を読む

翁長さん、どえりゃぁ痩せたな、来月に知事選あるのに職務代行って、意識混濁?と思っていたら

翁長さん、どえりゃぁ痩せたな、来月に知事選あるのに職務代行って、意識混濁?と思っていたら

帰宅後のTBSニュースバードの速報で逝去を知り、おったまげた。 すい臓がん自体はステージ2だったはず、 でも、肝臓に転移していたのが(続きはクリック)

記事を読む

第52回葛飾納涼花火大会(動画あり)

第52回葛飾納涼花火大会(動画あり)

中日ドラゴンズがめずらしく快勝し、将棋王位戦の第2局も始まったが、今日はやはり葛飾納涼花火大会だ。 今年も集合住宅の5階から悠々鑑賞。行き(続きはクリック)

記事を読む

『「捨てる!」技術』の著者が人生を捨てさせられた交通事故を許さない

『「捨てる!」技術』の著者が人生を捨てさせられた交通事故を許さない

まだ若いのに、と思わざるをえない。 ⇒辰巳渚さん死去「『捨てる!』技術」著者 自動運転技術にはまだまだ懐疑的ではあるのだが、安全(続きはクリック)

記事を読む

今日の戸山公園と血圧

今日の戸山公園と血圧

某所に向かう途中に戸山公園があったので初めて歩いてみた。 東京近辺に住んで50年近くになるのに、ここは初めて通る場所である。 なかな(続きはクリック)

記事を読む

今日の東品川

今日の東品川

退社時の空、月が出ている。 一年で一番日没が遅い時期になってきた。 日の出が早い時期はもうピークを過ぎている。 ブログラン(続きはクリック)

記事を読む

2018年6月大阪北部地震

2018年6月大阪北部地震

今日出社したら地震の話題が出ていたので、てっきり昨日午後の群馬・埼玉を震源とする地震のことかと思っていた。 実はそうではなく、阪神淡路(続きはクリック)

記事を読む

今日の立石駅周辺

今日の立石駅周辺

雨の中、かつて4年4ヶ月ほど住んでいた京成立石駅にふと降りてみた。 ここはやがて大変貌をとげる予定である。 ⇒「立石駅北口地区市街地(続きはクリック)

記事を読む

全ての高層ビルファンを狂喜させるであろう絶好の場所を発見した

全ての高層ビルファンを狂喜させるであろう絶好の場所を発見した

遅きに失したとしか言えない。 既に昨年4月にグランドオープンしていたGINZA SIXである。 少しさかのぼるが、2014年10月以(続きはクリック)

記事を読む

過労死推進関連法案、衆院厚生労働委員会で可決

過労死推進関連法案、衆院厚生労働委員会で可決

もうそんなに時間外労働する年齢ではなくなっているので心配はしていない。 無理はしないよ、できないし。 ⇒<働き方法案可決>高プロ、懸念払(続きはクリック)

記事を読む

「自主創造 日本大学」ではなく

「自主創造 日本大学」ではなく

「相手破壊 日本大学」ですな。TVCMも何もかもやめてしまえよ。 「相手破壊」の精神があったからこそ、甲子園ボウルで勝てたのだ(続きはクリック)

記事を読む