「 娯楽 」一覧

数独もしくはナンバープレイスなるものとRSS設定追加

数独もしくはナンバープレイスなるものとRSS設定追加

目標タイム25分らしいが、全く終わらん(苦笑) そして、当ブログのサイドバ(続きはクリック)

記事を読む

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第3回は、ぎゃーんといって、ぎゃーんとなって、ぎゃーんぎゃーんやな

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第3回は、ぎゃーんといって、ぎゃーんとなって、ぎゃーんぎゃーんやな

猛烈に面白くなってきた『いだてん〜東京オリムピック噺〜』 大河ドラマだと思(続きはクリック)

記事を読む

崖っぷちシリーズ 数学Ⅲの微分積分の検定外教科書 改訂第二版  ホクソム 単行本(ソフトカバー)2018/3安田 亨 (著)

崖っぷちシリーズ 数学Ⅲの微分積分の検定外教科書 改訂第二版 ホクソム 単行本(ソフトカバー)2018/3安田 亨 (著)

1/18に神戸で開催された勝谷誠彦を偲ぶ会は、カツブロだけみると12/26の東京(続きはクリック)

記事を読む

今日のOthelloQuest

今日のOthelloQuest

22:00退社、あるいは23:20帰宅。 xxな日々風にこういう書き出しに(続きはクリック)

記事を読む

14年間途絶えていた日本出身横綱がまた土俵を去り再び蒙古時代が始まる

14年間途絶えていた日本出身横綱がまた土俵を去り再び蒙古時代が始まる

稀勢の里の最近の印象は、休んでばかりで勝てない(弱い)横綱、である。先場所、史上(続きはクリック)

記事を読む

今日のOthelloQuest

今日のOthelloQuest

会社の昼食休憩、夕食休憩時にかなりOthelloQuestをやりこんでしまった。(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦七番勝負第1局2日目 渡辺明が落とすはずがなく落としてはいけない先手番にて先勝、そしてOthelloQuestにはまる

第68期王将戦七番勝負第1局2日目 渡辺明が落とすはずがなく落としてはいけない先手番にて先勝、そしてOthelloQuestにはまる

渡辺明棋王の先勝である。後手の久保王将は捌きのアーティストの異名を持つ棋界最高の(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦七番勝負第1局1日目だが、第237回TOEIC® Listening & Reading Testを受験し、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第2回もあり

第68期王将戦七番勝負第1局1日目だが、第237回TOEIC® Listening & Reading Testを受験し、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第2回もあり

何でも一つの記事に入れるとエッジが効いたものにならないのだが仕方がない。 (続きはクリック)

記事を読む

おしりダンディ登場

おしりダンディ登場

この愛すべき珍妙な生命体にも、その眷属がいた。おしりたんていには映画化の予定もあ(続きはクリック)

記事を読む

渡辺明10連勝でA級確定、来期A級順位戦に(名人を除く)7大タイトル保持者が集結する可能性が高まった

渡辺明10連勝でA級確定、来期A級順位戦に(名人を除く)7大タイトル保持者が集結する可能性が高まった

現時点の順位戦を基準にしたタイトル保持者たちの立ち位置は以下のようになっている。(続きはクリック)

記事を読む

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第1回

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第1回

楽しく視られたが、それほど面白いわけでもない。大河ドラマに笑いを求めてはいけない(続きはクリック)

記事を読む

「平成最後」ばかり連呼するアホ番組につきあいきれず映画ばかり観ていた年末年始 日本国の時代区分について

「平成最後」ばかり連呼するアホ番組につきあいきれず映画ばかり観ていた年末年始 日本国の時代区分について

たしかに現天皇明仁の生前退位のある今年の4月30日をもって平成時代は終わる。だか(続きはクリック)

記事を読む

原作者の名のほうにはるかに馴染みがあった「オペラの怪人」(1925年)はちっとも怖くない

原作者の名のほうにはるかに馴染みがあった「オペラの怪人」(1925年)はちっとも怖くない

「究極の名作映画大全集」も8作目、ガストン・ルルー原作の「オペラの怪人」である。(続きはクリック)

記事を読む

箱根駅伝で往路優勝・復路優勝・総合優勝ですべて別の大学になったことと現日本プロ野球で下克上日本一になることの相似性について

箱根駅伝で往路優勝・復路優勝・総合優勝ですべて別の大学になったことと現日本プロ野球で下克上日本一になることの相似性について

今年の箱根駅伝は各紙既報の通り、東海大学が創部59年目、出場46回目にして初めて(続きはクリック)

記事を読む

青学の5連覇が風前の灯であるのは慢心であると指摘することは容易いが、78年前の映画がこれほど痛快であると思ってもみなかった 『群衆』(Meet John Doe)1941年

青学の5連覇が風前の灯であるのは慢心であると指摘することは容易いが、78年前の映画がこれほど痛快であると思ってもみなかった 『群衆』(Meet John Doe)1941年

相変わらず、タイトルの件名の文章のつながりのなさ=日本語能力の欠如=論理展開の稚(続きはクリック)

記事を読む

12年前のこの日と同じ「一歩前へ出てくれたあなたへの私から最初のメール」を読んで感じたことと比べるにはあまりに陳腐なタイトルのフランク・キャプラの集大成、しかし、悪くはない

12年前のこの日と同じ「一歩前へ出てくれたあなたへの私から最初のメール」を読んで感じたことと比べるにはあまりに陳腐なタイトルのフランク・キャプラの集大成、しかし、悪くはない

あらためて12年前の有料メール創刊号(の文章)を読むにつれ、勝谷氏が生みだす文章(続きはクリック)

記事を読む

どうということのないはずのない一年が終わるのだが、50歳を超えても脳が若返る生き方 (講談社+α) 新書 2018/8加藤 俊徳  (著)を読む

どうということのないはずのない一年が終わるのだが、50歳を超えても脳が若返る生き方 (講談社+α) 新書 2018/8加藤 俊徳 (著)を読む

多少のことはいつも通りあったが、今年も暮れようとしている。 もなちゃんは逝(続きはクリック)

記事を読む

「望郷」(1937年)

「望郷」(1937年)

「究極の名作映画大全集」 DVD10枚組 BCP-007の3日目は「望郷」(19(続きはクリック)

記事を読む

2018 台湾 KOM チャレンジと「カメ止め」

2018 台湾 KOM チャレンジと「カメ止め」

足の状態は相変わらずよくない。曳舟のマッサージと立石のMosバーガーに行ったが、(続きはクリック)

記事を読む

今日から10日連続で「究極の名作映画大全集」 DVD10枚組 BCP-007を鑑賞する 初日は「カサブランカ」

今日から10日連続で「究極の名作映画大全集」 DVD10枚組 BCP-007を鑑賞する 初日は「カサブランカ」

相変わらず右足親指付け根は痛み止めと消炎鎮痛湿布が必要な状態であるが、年の瀬の帝(続きはクリック)

記事を読む

序列第1位に広瀬竜王、以下、天彦名人、豊島二冠、高見叡王、斎太郎王座、渡辺棋王、久保王将、羽生九段、、、

序列第1位に広瀬竜王、以下、天彦名人、豊島二冠、高見叡王、斎太郎王座、渡辺棋王、久保王将、羽生九段、、、

一部では新しい羽生の肩書きが「九段」になったことがニュースになっているが、これは(続きはクリック)

記事を読む

宮原のV5は阻止したが坂本にかわされ紀平梨花の逆転優勝ならず フィギュアスケート世界選手権代表選考会兼全日本選手権

宮原のV5は阻止したが坂本にかわされ紀平梨花の逆転優勝ならず フィギュアスケート世界選手権代表選考会兼全日本選手権

ショートプラグラムで文字通りの大コケがなければ、余裕で優勝だったな。フリーだけな(続きはクリック)

記事を読む

週報『迂闊屋』最終号、迂闊屋Dの正体がついに

週報『迂闊屋』最終号、迂闊屋Dの正体がついに

週報『迂闊屋』の最終号が配信された。いよいよ最後が近づいてくることを実感する。も(続きはクリック)

記事を読む

かつて平成という時代があり羽生善治という傑出した存在が30年にわたり99期もの将棋タイトルを保持したことがある、と語られることは間違いない 第31期竜王戦七番勝負第7局第2日

かつて平成という時代があり羽生善治という傑出した存在が30年にわたり99期もの将棋タイトルを保持したことがある、と語られることは間違いない 第31期竜王戦七番勝負第7局第2日

本日は通常勤務の日であり、終局は18時48分、帰宅途中の京成電鉄の車両の中であっ(続きはクリック)

記事を読む

日本将棋史に残るであろう一局は広瀬章人八段の先手で角換わり相腰掛銀 第31期竜王戦七番勝負第7局第1日

日本将棋史に残るであろう一局は広瀬章人八段の先手で角換わり相腰掛銀 第31期竜王戦七番勝負第7局第1日

今の広瀬に先手を持たれて勝ちにいける棋士はめったにいないことは確実であるが、この(続きはクリック)

記事を読む

On the Beach / Nevil Shute

On the Beach / Nevil Shute

いわずと知れた「渚にて」である。この間の土曜日に図書館で借りた。LEVEL4だが(続きはクリック)

記事を読む

今年の勝ち頭のガルシアを阪神に奪われ、竜王にあと1勝に迫った広瀬章人が棋王戦の挑戦者に決まった日に誠論会(仮)メール会員を選択した

今年の勝ち頭のガルシアを阪神に奪われ、竜王にあと1勝に迫った広瀬章人が棋王戦の挑戦者に決まった日に誠論会(仮)メール会員を選択した

これでカツブロしばらく続くかな。 今年辛うじて最下位を免れたのはガルシアが(続きはクリック)

記事を読む

西郷どん最終回

西郷どん最終回

2018年1月7日に始まった「西郷どん」は今日最終回。時々チャンネルを合わせては(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第6局第2日 前代未聞の昼食休憩前投了でついに最終戦へ、無冠か100期か、史上最大の振り幅の1戦で平成とともに羽生の時代が終わらんとしている

第31期竜王戦七番勝負第6局第2日 前代未聞の昼食休憩前投了でついに最終戦へ、無冠か100期か、史上最大の振り幅の1戦で平成とともに羽生の時代が終わらんとしている

やはり何故羽生が横歩取りへ誘い、自爆に近い敗戦へ突き進んでいったかよくわからない(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第6局第1日 あとのない広瀬八段相手に驚愕の後手横歩取りへ誘導した羽生竜王は何を考えているのか

第31期竜王戦七番勝負第6局第1日 あとのない広瀬八段相手に驚愕の後手横歩取りへ誘導した羽生竜王は何を考えているのか

あと一敗はできるから遊んでみようという気になったのではあるまいな。または、Alp(続きはクリック)

記事を読む

第236回TOEIC® Listening & Reading Testをもって今次のEnglish Cupは終了、真っ白とはいかないが灰色になるくらいには燃え尽くせたのは紀平梨花の偉業のおかげ

第236回TOEIC® Listening & Reading Testをもって今次のEnglish Cupは終了、真っ白とはいかないが灰色になるくらいには燃え尽くせたのは紀平梨花の偉業のおかげ

毎度のことではあるが、もっとこうすれば、ということがなくはない。試験中はそれこそ(続きはクリック)

記事を読む

GP of Figure Skating Final 2018 ミスなしのザキトワのSP世界記録を更新して直接対決を制した紀平梨花は一体どこまで行くのか

GP of Figure Skating Final 2018 ミスなしのザキトワのSP世界記録を更新して直接対決を制した紀平梨花は一体どこまで行くのか

怪我など大きなアクシデントがない限り、共産圏のサイボーグ選手が現れない限り、日本(続きはクリック)

記事を読む

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

今週のSPA!と『カツブロ』は続くよ、

いつまでも、というわけではなく 1-①最低1年は継続 1-②1年後に閉鎖とな(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第5局第2日 馬と呼ばれる広瀬が龍馬2枚と桂馬にやられた

第31期竜王戦七番勝負第5局第2日 馬と呼ばれる広瀬が龍馬2枚と桂馬にやられた

これで広瀬は1敗も出来なくなった。しかし、2つ勝てば新竜王である。タイトル100(続きはクリック)

記事を読む

第31期竜王戦七番勝負第5局第1日 いよいよ大詰めが近づいてきた

第31期竜王戦七番勝負第5局第1日 いよいよ大詰めが近づいてきた

羽生がいくぶん指しやすそうにみえる。しかし、少々の優位を保っていても終盤でやらか(続きはクリック)

記事を読む

第68期王将戦挑戦者に渡辺明棋王

第68期王将戦挑戦者に渡辺明棋王

私が復活を命じた渡辺明がその狼煙をあげた。既にB1級順位戦では8勝0敗でA級復帰(続きはクリック)

記事を読む

M-1グランプリ2018王者は霜降り明星

M-1グランプリ2018王者は霜降り明星

途中TOEIC特訓で中座したが、今年は全体的に低調な印象。 今年も和牛が安(続きはクリック)

記事を読む

第4期叡王戦本選トーナメント羽生竜王(前棋聖)vs菅井七段(前王位)は豊島相手に失冠した両者の争いだからか、藤井聡太七段の初解説のほうがニュースになっている

第4期叡王戦本選トーナメント羽生竜王(前棋聖)vs菅井七段(前王位)は豊島相手に失冠した両者の争いだからか、藤井聡太七段の初解説のほうがニュースになっている

ニコ生はChromecastに対応していないから視聴しにくいな。プレミアムでない(続きはクリック)

記事を読む

丸のFA読売入りで広島&読売は戦力ダウン、ガルシア退団が痛すぎる中日ドラゴンズは金子千尋を獲るべし

丸のFA読売入りで広島&読売は戦力ダウン、ガルシア退団が痛すぎる中日ドラゴンズは金子千尋を獲るべし

丸は2年連続リーグMVPだが広島にいてこそ力を発揮できた。FAで読売入りした多く(続きはクリック)

記事を読む

唯一の開設条件が失われんとする今、我々の行く道はいずこへ

唯一の開設条件が失われんとする今、我々の行く道はいずこへ

カツブロ開設の条件が明記されている。⇒こちら ただ一つ。『勝谷誠彦の××な日々(続きはクリック)

記事を読む