「 将棋 」一覧

19:57 広瀬前竜王投了、第4代竜王・名人に豊島将之(桐山清澄九段門下 棋士番号264 愛知県一宮市出身)2年連続の最優秀棋士賞もほぼ手中

19:57 広瀬前竜王投了、第4代竜王・名人に豊島将之(桐山清澄九段門下 棋士番号264 愛知県一宮市出身)2年連続の最優秀棋士賞もほぼ手中

豊島将之にあと必要なものといえば防衛だけだ。奪取はもう4連続で果たしている。終盤(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第5局第1日 摩訶不思議な銀の舞、桂は取られたがガッチリ互角

第32期竜王戦七番勝負第5局第1日 摩訶不思議な銀の舞、桂は取られたがガッチリ互角

戦型は手損なしノーマル角換わり相腰掛銀。この先手豊島名人の銀が不思議な動きをして(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第5局前夜 決戦の地は津和野

第32期竜王戦七番勝負第5局前夜 決戦の地は津和野

広瀬竜王は棋王戦・叡王戦・A級順位戦、豊島名人も叡王戦で順調に勝ち残っている。こ(続きはクリック)

記事を読む

第5期叡王戦本戦2回戦 帝王渡辺明三冠が佐藤天彦前名人を下し、いまだに豊島名人以外に負けなし、年度最高勝率記録更新へ前進

第5期叡王戦本戦2回戦 帝王渡辺明三冠が佐藤天彦前名人を下し、いまだに豊島名人以外に負けなし、年度最高勝率記録更新へ前進

渡辺明三冠の勝ちまくりぶりは止まるところを知らない。これで26勝4敗(0.866(続きはクリック)

記事を読む

祝、弐段卒業証ゲット

祝、弐段卒業証ゲット

初段の卒業は今年の8月だった。約3ヶ月で初段から弐段に上がった。もっと若いときに(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第4局第2日 豊島将之ストレート奪取ならず、そして不気味な予感が湧きあがってきた

第32期竜王戦七番勝負第4局第2日 豊島将之ストレート奪取ならず、そして不気味な予感が湧きあがってきた

広瀬竜王がハイレベルすぎる将棋を勝ちきり、ひとつ星を返してシリーズとしては面白く(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第4局第1日と水元公園

第32期竜王戦七番勝負第4局第1日と水元公園

豊島名人の2日制で豊島名人の対戦相手が封じ手をするのはしばらく記憶にない。初めて(続きはクリック)

記事を読む

藤井聡太の最年少記録までのカレンダー、残る可能性は最年少タイトル獲得のみ

藤井聡太の最年少記録までのカレンダー、残る可能性は最年少タイトル獲得のみ

次第にリミットが近づいてきている。タイトルホルダーに確実に一発入れられる力がない(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第4局 前夜祭

第32期竜王戦七番勝負第4局 前夜祭

豊島名人はリラックスした表情、広瀬竜王も(藤井聡太を降した)昨日の将棋があって気(続きはクリック)

記事を読む

詰ませる技術では古今随一の神童をもってしても魔の一着を放ってしまった将棋最終盤の闇、広瀬章人竜王が挑戦権獲得 藤井聡太七段の史上最年少タイトル挑戦阻止

詰ませる技術では古今随一の神童をもってしても魔の一着を放ってしまった将棋最終盤の闇、広瀬章人竜王が挑戦権獲得 藤井聡太七段の史上最年少タイトル挑戦阻止

広瀬章人という棋士は大記録を阻むという点では昨年度以来、特筆すべき実績を残してい(続きはクリック)

記事を読む

第69期王将戦挑戦者決定リーグ 本日最終3局一斉対局、藤井聡太七段が30年ぶりタイトル挑戦最年少記録を狙う以外は消化試合のみ

第69期王将戦挑戦者決定リーグ 本日最終3局一斉対局、藤井聡太七段が30年ぶりタイトル挑戦最年少記録を狙う以外は消化試合のみ

終盤に絶対の自信を持つ藤井聡太七段が序盤・中盤でも工夫を凝らし無難な展開をするよ(続きはクリック)

記事を読む

第40回将棋日本シリーズ、渡辺明無敵の2連覇、今年度いまだに豊島将之以外に負けなし、そして、渡辺明がタイトル獲得率ではレジェンド達を上回る史上最強棋士であることの証明について

第40回将棋日本シリーズ、渡辺明無敵の2連覇、今年度いまだに豊島将之以外に負けなし、そして、渡辺明がタイトル獲得率ではレジェンド達を上回る史上最強棋士であることの証明について

今の将棋界は豊島将之が頂点である竜王・名人位をあと1勝(しかも通算8戦全勝)で手(続きはクリック)

記事を読む

全員が順位戦A級・竜王戦1組以上のスーパーリーグに一人C1級で加わった藤井聡太七段が、前王将の久保利明九段を圧倒して、最年少タイトル挑戦目前

全員が順位戦A級・竜王戦1組以上のスーパーリーグに一人C1級で加わった藤井聡太七段が、前王将の久保利明九段を圧倒して、最年少タイトル挑戦目前

何か創ったような展開であるが、こうなることはボンヤリと予想できた。第69期王将戦(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第3局第2日 一瞬の緩手も見逃さず再逆転の上、その後ソフト最善連発で一気に3連勝の豊島将之名人は、やはり現時点での将棋界トップ中のトップ

第32期竜王戦七番勝負第3局第2日 一瞬の緩手も見逃さず再逆転の上、その後ソフト最善連発で一気に3連勝の豊島将之名人は、やはり現時点での将棋界トップ中のトップ

今日は強烈なものを2つも見せつけられて、実のところいまだに放心状態である。ひとつ(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第3局第1日 持ち時間を大幅に費やしても封じ手番を決して渡さない豊島名人

第32期竜王戦七番勝負第3局第1日 持ち時間を大幅に費やしても封じ手番を決して渡さない豊島名人

実は将棋の七番勝負はここのところ全て第3局の勝者がシリーズを制している。連敗スタ(続きはクリック)

記事を読む

第78期順位戦C級1組 藤井聡太⑦佐々木勇気⑦石井健太郎⑤が6連勝

第78期順位戦C級1組 藤井聡太⑦佐々木勇気⑦石井健太郎⑤が6連勝

藤井聡太七段はほぼ当確。強敵の青嶋未来にも別格の強さ。超A級が集う王将リーグでも(続きはクリック)

記事を読む

第69期王将戦挑戦者決定リーグ 広瀬竜王、豊島名人がいずれも勝ち、依然として藤井七段が挑戦圏内

第69期王将戦挑戦者決定リーグ 広瀬竜王、豊島名人がいずれも勝ち、依然として藤井七段が挑戦圏内

貓‧旅行閉店ショックが尾を引いているので簡単に。。。 広瀬竜王、豊島名人と(続きはクリック)

記事を読む

スプリングボクス(南アフリカ)が3度目の優勝でオールブラックス(NZ)に並んだが、日本代表がこの域には決して到達できない理由がある

スプリングボクス(南アフリカ)が3度目の優勝でオールブラックス(NZ)に並んだが、日本代表がこの域には決して到達できない理由がある

日本を破った南アフリカが優勝することと各国代表とメディアの評判のよさで一応の開催(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第2局第2日 豊島将之 The Dragon King Masterまであと2勝

第32期竜王戦七番勝負第2局第2日 豊島将之 The Dragon King Masterまであと2勝

奇しくも同日のポストになってしまったが、豊島名人の連勝スタートである。 こ(続きはクリック)

記事を読む

第32期竜王戦七番勝負第2局第1日 異様に封じ手率の高い豊島名人がやはり封じた

第32期竜王戦七番勝負第2局第1日 異様に封じ手率の高い豊島名人がやはり封じた

場所は仁和寺。特定の棋士以外はめったに振り飛車などみなくなった昨今、戦形は相掛か(続きはクリック)

記事を読む