「 相撲 」一覧

14年間途絶えていた日本出身横綱がまた土俵を去り再び蒙古時代が始まる

14年間途絶えていた日本出身横綱がまた土俵を去り再び蒙古時代が始まる

稀勢の里の最近の印象は、休んでばかりで勝てない(弱い)横綱、である。先場所、史上(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年十一月場所 ただ引退させてはつまらない稀勢の里の使い方

平成三十年十一月場所 ただ引退させてはつまらない稀勢の里の使い方

横綱審議委員会からの引退勧告は当然あるだろうな。 歴代横綱最悪の8場所連続(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年十一月場所 稀勢の里3連敗、引退秒読み

平成三十年十一月場所 稀勢の里3連敗、引退秒読み

こりゃもうあかんな。一人横綱が務まる状態ではない。竜電前頭三枚目で1勝2敗。 (続きはクリック)

記事を読む

黄金のまわしに黄金の左、輪島大士逝く

黄金のまわしに黄金の左、輪島大士逝く

高校生の頃、柔道部の練習をサボって早く帰っては相撲ばかり観ていた。当時の最強は北(続きはクリック)

記事を読む

竜電勝ち越しで虎視眈々と幕内最高優勝を狙える位置にあり、そして、万が一今シーズン中日ドラゴンズがリーグテールエンドの場合は1994年以来の珍事になる

竜電勝ち越しで虎視眈々と幕内最高優勝を狙える位置にあり、そして、万が一今シーズン中日ドラゴンズがリーグテールエンドの場合は1994年以来の珍事になる

竜電が好調である。先々場所の大負けと先場所の苦しい勝ち越しで、今場所はかなりふっ(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年七月場所 祝、御嶽海初優勝&竜電勝越

平成三十年七月場所 祝、御嶽海初優勝&竜電勝越

横綱・新大関が不在で、優勝のハードルはかなり下がってはいたが、関脇の御嶽海は千載(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年七月場所 竜電6勝6敗の正念場

平成三十年七月場所 竜電6勝6敗の正念場

竜電は五月場所では前頭七枚目まで番付をあげていたのだが、そこで3勝12敗と大きく(続きはクリック)

記事を読む

平成三十年五月場所 竜電未だ初日出ず

平成三十年五月場所 竜電未だ初日出ず

惜しかったな。 相撲に勝って勝負に負けた、みたいだ。 物言いがついて行司さし(続きはクリック)

記事を読む

今年の桜と竜電執念の勝ち越し

今年の桜と竜電執念の勝ち越し

3月の月イチ帝釈天ウォーキングは、ほぼ満開の桜の花の時期に実施できて愁眉を開く思(続きはクリック)

記事を読む

相撲の決まり手にはなかったはずの内股を豪快に決められた遠藤、これまた珍しい波離間投げをくらった竜電、ともに現相撲界屈指のパフォーマーである

相撲の決まり手にはなかったはずの内股を豪快に決められた遠藤、これまた珍しい波離間投げをくらった竜電、ともに現相撲界屈指のパフォーマーである

どちらもお見事! 栃ノ心は小手をとっているから小手投げだ。 しかし、ふっ(続きはクリック)

記事を読む

顔面相似形3組と今日の血圧

顔面相似形3組と今日の血圧

フィギュアスケート2組、大相撲1組。 いずれも既視感ありと感じていたが、すぐに(続きはクリック)

記事を読む

竜電、新入幕にて阿炎とともに敢闘賞@平成三十年初場所はめでたいのだが、久しぶりに両親と会えたことはもっとめでたい

竜電、新入幕にて阿炎とともに敢闘賞@平成三十年初場所はめでたいのだが、久しぶりに両親と会えたことはもっとめでたい

写真の左側はダーウィンが来た!を視ているもなちゃん。 右側にちらばっているのは(続きはクリック)

記事を読む

稀勢の里に大きな決断の時が迫っている

稀勢の里に大きな決断の時が迫っている

先に白鵬に休場されて、休むに休めなくなったか。 怪我は治ったのだと思う。 (続きはクリック)

記事を読む

現在の二所ノ関親方が元大関若島津であると一瞬わからなかった

現在の二所ノ関親方が元大関若島津であると一瞬わからなかった

意識不明で頭部緊急手術とはおだやかではない。 ⇒元大関・若島津 4時間半の頭部(続きはクリック)

記事を読む

白鵬 1047勝

白鵬 1047勝

今夜、アクシデントが起こらない限り、新記録はほぼ確実!日本国籍取得もあるぞ(^O(続きはクリック)

記事を読む

竜電と稀勢の里、ともに1勝2敗

竜電と稀勢の里、ともに1勝2敗

稀勢の里はほんまにやばいな。 何場所かかってもしっかり休んで左大胸筋を治さない(続きはクリック)

記事を読む

第75期将棋名人戦七番勝負第5局第1日と中日ドラゴンズ逆転サヨナラ勝ちと竜電勝ち越し

第75期将棋名人戦七番勝負第5局第1日と中日ドラゴンズ逆転サヨナラ勝ちと竜電勝ち越し

カテゴリが沢山つけられるのは私の性に合う。一日一記事と限定するならば、どうしたっ(続きはクリック)

記事を読む

竜電は負けたが中日ドラゴンズは勝った、そんなことより

竜電は負けたが中日ドラゴンズは勝った、そんなことより

竜電は朝乃山に負けて7勝4敗、勝ち越しまであと1番なのだが足踏みをしている。驚く(続きはクリック)

記事を読む

竜電と稀勢の里、勝って負けて6勝3敗

竜電と稀勢の里、勝って負けて6勝3敗

何故、十両と横綱の二人を応援しているか。そこにはじいちゃんの代から中日ドラゴンズ(続きはクリック)

記事を読む

連敗はしないぞ!稀勢の里

連敗はしないぞ!稀勢の里

今のところ、勝ち星と負け星が交互にくる「ぬけぬけ」になっている日本人最強力士、稀(続きはクリック)

記事を読む

稀勢の里、初白星

稀勢の里、初白星

初白星はめでたいが、怪我を早く治して欲しい。゚(゚´Д`゚)゚。 ブロ(続きはクリック)

記事を読む

平成二十九年三月場所

平成二十九年三月場所

優勝は稀勢の里。ただの優勝ではない。13日目の左肩の大怪我をおしての「大逆転、2(続きはクリック)

記事を読む