「 野球 」一覧

クライマックス・セ ファーストステージ2度目の快挙達成

クライマックス・セ ファーストステージ2度目の快挙達成

ひそかな期待通り、セ・リーグも3位のDeNAが初戦黒星のあと、勝ち抜けた。 ⇒DeNAが連勝で下克上!打線爆発で阪神を圧倒 2年連続で広島(続きはクリック)

記事を読む

クライマックス・パ ファーストステージ初の快挙達成

クライマックス・パ ファーストステージ初の快挙達成

パ・リーグのクライマックスシリーズ ファーストステージ(昔の言い方では第1ステージ)では初の快挙である。 初戦を落としてからの勝ち残りはな(続きはクリック)

記事を読む

もはや野球とは呼べないようなプロスポーツ観戦を堪能した

もはや野球とは呼べないようなプロスポーツ観戦を堪能した

2017セントラルリーグ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、阪神-DeNA(阪神甲子園球場)のことである。 まるで田んぼの(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ  全日程終了

2017 中日ドラゴンズ  全日程終了

2017セントラルリーグ 5位 中日ドラゴンズ  143試合 59勝 79敗 5引分 勝率.428 勝差12 残試合0 487得点 623(続きはクリック)

記事を読む

タイブレークよりも有効なスピード感アップの秘策

タイブレークよりも有効なスピード感アップの秘策

やっと甲子園でもタイブレーク導入である。⇒甲子園でタイブレーク導入 正式決定! 野球は素晴らしい競技だと思っているが、時間制限がない、(続きはクリック)

記事を読む

清宮、悩むな、中日ドラゴンズに来い

清宮、悩むな、中日ドラゴンズに来い

逸材に違いはあるまい。 4年は長いよ、一年でも早くプロ入りするべきだ。 広陵の中村も一緒にドラゴンズでやろうぜ! 横取り読(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 大野が今季初完封で6勝目

2017 中日ドラゴンズ 大野が今季初完封で6勝目

これが4月ならバッチリなのだが、もう9月なのだった。 今月は帰宅が午後10時をまわる日々;; ブログランキングに参加しました!い(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ  大島洋平 サヨナラ打で激戦に終止符、首位チームにカード無敗でクライマックスシリーズを目指すのだ

2017 中日ドラゴンズ 大島洋平 サヨナラ打で激戦に終止符、首位チームにカード無敗でクライマックスシリーズを目指すのだ

大正義中日ドラゴンズは今季5度目のサヨナラ勝ち。 2カード連続の勝ち越しで、引き分けを挟んで3連勝。 八木が2回で降板して以降は、祖(続きはクリック)

記事を読む

ヤングドラゴン強打者京田、5打数5安打3打点2盗塁

ヤングドラゴン強打者京田、5打数5安打3打点2盗塁

京田陽太内野手(23)がプロ初の1試合5安打! 5打数5安打、3打点、2盗塁で大正義中日ドラゴンズを勝利に導いた。 初回に二塁打で出塁す(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀 通算登板試合数950達成

2017 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀 通算登板試合数950達成

いやぁ、時間の問題だったが見事に達成。 しかし、今シーズン中に1000試合登板を達成するのは、残り試合42で50試合に出ないといけない(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀 通算登板試合数949達成

2017 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀 通算登板試合数949達成

岩瀬仁紀が4日の読売戦に出場し、 通算登板試合数を949として米田哲也(阪急-阪神-近鉄)のプロ野球最多記録に並んだ。 九回途中、6番手(続きはクリック)

記事を読む

谷元獲得が中日ドラゴンズ復活の狼煙となる可能性は高い

谷元獲得が中日ドラゴンズ復活の狼煙となる可能性は高い

なぜ、このようないい投手を金銭で獲得できたのか、にわかには信じがたい。 (民進党か共産党のような言い方だ)⇒日本ハム・谷元 金銭トレードで(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 7連敗後の7点差勝ち、ってそれじゃあかんのよ

2017 中日ドラゴンズ 7連敗後の7点差勝ち、ってそれじゃあかんのよ

投打のかみ合わない長い長い7連敗だった。 先発・八木が6回無失点の好投で今季初勝利、読売とはまだ4.5差。何とかなろうものだ。 (続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 連敗ストップ 岩瀬 通算登板数944

2017 中日ドラゴンズ 連敗ストップ 岩瀬 通算登板数944

中日ドラゴンズ快勝、連敗ストップ。 四回に1点を先制すると、五回には福田の2号ソロ、六回にはゲレーロに24号2ランで効果的に得点。 先発(続きはクリック)

記事を読む

レジェンド オブ レジェンド岩瀬 仁紀はあらゆる記録の更新への歩みを止めない

レジェンド オブ レジェンド岩瀬 仁紀はあらゆる記録の更新への歩みを止めない

中日ドラゴンズの岩瀬仁紀が14試合に登板し無失点で12年ぶりに月間MVP(6月)を受賞した。 なんと平成17年4月以来、12年ぶり2回目賞(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 同一カード3連勝は5月の広島戦以来今季2度目

2017 中日ドラゴンズ 同一カード3連勝は5月の広島戦以来今季2度目

勝ったがねー!!!! 1回表は大野奪三凡、その裏、今日は京田の代わりに荒木の安打で口火を切ってゲレーロ先制で好スタート。 あとは投げ(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 準地元の浜松でも勝利、今年のセでは2位まで狙える戦力である

2017 中日ドラゴンズ 準地元の浜松でも勝利、今年のセでは2位まで狙える戦力である

中日の3点は全てゲレーロ。初回犠飛、四回本塁打、八回死球。 投げては、鈴木翔太が七回途中1失点の好投、その後5人の継投で逃げ切り、 凱旋(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ  高卒二年目甲子園優勝ドラ1好投&一年目即戦力ショート猛打賞

2017 中日ドラゴンズ 高卒二年目甲子園優勝ドラ1好投&一年目即戦力ショート猛打賞

いやぁ、気分の良い試合。 浅尾はもとより大野、吉見すらもういいよ、と言いたいくらいの小笠原の快投。 元楽天マギーのHRなけりゃな~、(続きはクリック)

記事を読む

2017 中日ドラゴンズ 交流戦後は飛車角落ちながら死神と名馬が甦り、格下読売に競り勝つ

2017 中日ドラゴンズ 交流戦後は飛車角落ちながら死神と名馬が甦り、格下読売に競り勝つ

ビシエド&平田を欠き、 交流戦後に失速が危ぶまれた中日ドラゴンズであったが、 見事に接戦を制した。 バルデス完投でも良かったのかも(続きはクリック)

記事を読む

2017年度 日本生命セ・パ交流戦 完全終了

2017年度 日本生命セ・パ交流戦 完全終了

これで今週末から再び両リーグに別れての戦いが始まる。 中日ドラゴンズは勝率5割で8位。 同じ勝率5割のDeNAの後塵を拝している(続きはクリック)

記事を読む