【レポート】合格した[民法総論][日本法制史Ⅰ]が返却された

7時起床。黒い雲が足早に横に流れている。雨が激しい。午前中は低気圧が通過中である。

[民法総論][日本法制史Ⅰ]のレポート自体が返却されてきた。合格というのはすでに解っているので、採点者からのコメントを見るのが〈楽しみ〉。

まずは[民法総論]。レポート巻末についている「講評欄」は詳細に書いてくださっていた。課題は2017年度のもの。

指摘点としては、「自分なりの論旨の展開」という項目に「不十分」とチェックされていた。立場としては少数派の論旨を展開したのだが、あまり深く踏み込んでいなかったことを指摘されていた。少数派の立場なら立場なりのしっかりした論旨であるべきだった・・・力不足。手書き4000文字だったので、胸をなでおろしている。有り難うございました。

つづいて[日本法制史Ⅰ]。こちらは「多くの文献にあたっていて良し。ただし、もう少し個々の用語の説明をしたほうが良い」というコメントを頂戴した。なんだかんだで、じつは[民法総論]より多くの時間を割いていると思う。こちらもうれしい。有り難うございました。

あとは、試験に合格できていれば!

明日からは、いよいよEスクーリングと放送授業(英語のリーディング、ライティング)がはじまる。のんびりできるのは今日までだ。

横浜ベイスターズ、なんと今日で8連勝。2001年以来17年ぶりの8連勝だそうで、首位をキープしている。出来すぎでは(笑)?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする