「ホルスの大冒険」を観た

今日(12/28)から、年末年始休暇に入った。正確には昨日の午後からだったけれど。ちょっとした雑事を除いて、会社の宿題を抱えていないで休みを過ごすことはほんと久しぶりなので、うれしい。

じつは明後日(12/30)から年末年始恒例の年越しキャンプに出かけるので大学(慶應通信)の勉強もしなければいけないのだけれど、ソファに座った瞬間に身体のタガがハズレてしまったことを自覚した。

ということで、午前中家の掃除を少ししてから寒いこともあって、録り溜めていたTV番組をチラチラ観たりしていたのだが、ふと思い立って、ずっと買ったまま放置していた高畑勲の「太陽の王子ホルスの大冒険」を観ることにした。たしか大学生のときに観ているはずだが、あまり覚えていない。

わたしは法学徒だけれど、高畑勲を卒論で取り上げようかと考えていて(ただしテーマが法学部の卒論として相応しいかどうかはまた別の話)、どういう切り口がいいのか思案投首状態だった。

そこで高畑に関する文献をいくつか読んで「ひょっとしてこれはいけるかもしんない」というささやかな感触を自分なりに得たので、まずは映画を観てみることにしたのだ。

再見ははたして、どうにも暗い映画で、これは子どもにはしんどいなと思った。娯楽性が薄いし、「大冒険」というタイトルは羊頭狗肉ではないかと感じた。

とまれ、面白い/面白くない、は卒論テーマとは直接関係ないので、まずはとっかかりとして映画自体を観ることができたのはよかった。

さて、もう1本映画を観たいのだが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする