『血気酒会』トラブルの原因はなんと電池切れ?

会社に行く間、電車内で「何が原因だったんだろう」といろいろ考えていた。

映像をインターネットに配信する機器『LiveShell X』が突然シャットダウンしてしまい、その後何度電源を入れても3つのオレンジの点滅のあとに「Goodbye」の表示とともにシャットダウンしてしまう。

結局、以前使っていた『LiveShell Pro』を急遽用意して設定し、後半部分を配信した。

とりあえず、オレンジの点滅が何かエラーメッセージのはずなので、マニュアルの「よくあるお問い合わせ」の一番最後に、

LiveShell Xは付属の AC アダプタにてご利用いただくことを前提としており、付属品以外のものをご利用いただいた場合の動作については弊社では保証しておりません。
また 付属品以外のアダプタをご利用の場合に生じた故障や損害等については弊社保証の対象外となりますのであらかじめごご了承くださいますようお願い申し上げます(詳細にはお手元の保証書をご参照ください)。

上記事項をご理解された上で付属品以外の AC アダプタをご利用になられる場合には出力が 12V/3000mA の 丸形DCプラグを備えたものをご利用ください。

12V/3000mA

結構大きめではないか。

通常は、ACアダプタはプラグ形状が合えばたいてい使うことができる。でも、原因はほぼこれだと思い、出社して確認したところ、使っていたのは5VのACアダプタだった。

ACアダプタは事務所内に20個ぐらいあるため、調べて12Vのアダプタを見つけて挿したところ、ランプが充電中の赤い点灯となり、1時間くらいで青に変わった。

これだったのか・・・

ACアダプタは全部まとめてあり、その都度適当に組み合わせて使っていたので、5Vアダプタでは充電されず、以前充電された状態でしばらく使っていて、昨日もテスト配信を行っていたときに充電してある電気を消費していて、本番の途中でゼロになったのだ。

テスト配信しなければ持ったのに・・・と悔やんでも仕方ない。仕様をよく確認しなかった自分が悪い。

さらに、今回から高画質配信を行うためにわざわざ外部のレコーダー(ATOMOS Ninja2)に録画していたはずが、モニターできていたので録画ボタンを押し忘れていた。これは単に間抜け。

万事休すか・・・と思ったが、幸いにも、いつもサポートに来てくれる若松さんが3台のカメラで録画ボタンを押してくれていたので、トラブルの間の映像もそこから取ることができた。

YouTubeに配信されたのは720pの画像だったけど(FacebookLiveも720p)、なんとか残っていた映像を繋いでタイミングを合わせて完全版を作ろうとしたところ、

再度問題が・・・

編集ソフトとして使っている『FinalCutPro』を最新バージョンに上げたら、フリーズするわ動かないわで、全く編集作業が進まない。

スタッフは『Premiere』を使っているので、そっちに切り替えようかとも思ったけど、私は『FinalCutPro』が染み込んでいるので、『Premiere』を覚えている余裕は無い。

というわけで、動かない『FinalCutPro』を騙し騙し使っていたものの、終電となり今日中の完成は断念。トボトボと終電で帰宅しました。

残りは明日。でもなんとか完全版の見通しは立ったので、明日中には公開できるかな。

 

4+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar
  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)