AppleはOSの会社・・・でいいか

なんとか勝谷日記はトラブルが治まったようだが、相変わらず無線LANが使えないので、尼崎に行ったときどうなるんだろう。ああ、考えたくない。

スタジオ化は、機材がほぼ揃ったのに、まだ開けていない箱も3つほどある。今日もほぼ会社にはおらず、長〜い打ち合わせとビデオ撮影などで一日が終わってしまった。

もうひとつのブログを書く余裕もなくなってしまった。

Appleの年次デベロッパー向けカンファレンス「WWDC」では、ハードウェアが発表されなかった。

WWDC 2018まとめ:発表された12のコト(GIZMODE)

Apple(アップル)の年次デベロッパー向けカンファレンス「WWDC」が今年も開催されました。去年のWWDCでは大量のハードウェアが発表されたこともあり、ギズはウキウキ・そわそわしながらリアルタイム更新を実行。ところが、ハードウェアは…………いっこうに……発表されず…。シクシク…。

あ、でも、そうでした。去年のWWDCが特別だっただけで、このカンファレンスは本来ソフトウェアにフォーカスを当てたものなんですよね。

私はいわゆる「Apple信者」だけど、最近はiPhone、iPad、MacBook、iMacなどのハードウェアに対する興味は少し薄れ(いまだにiPhoneは7だし)、「Appleの最大の魅力はOSだ」と言い切っているので、そういう意味では今回のWWDCはAppleらしいと歓迎する。

しかし・・・

やっぱりハードが何も発表されないのは悲しいよなあ。買う買わないは別として。

それでも、ハードは秋に期待することにして、ここはOSを楽しもう。そもそも、今のハードで物足りないと思っているわけではないしね。

気になるのはMacOSとiOSの結合。Appleはいつも否定するけど、要望は強い。

これができると、iPadだけ持って出張に行かれるんだけどな。

4+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)