新潟県知事選挙はあと1日

さて、新潟県知事選挙もあと1日を残すのみとなった。

途中、「もうダメか」と思ったこともあったけど、よく最後まで大接戦で来れたなあ、と陣営の頑張りに感心しております。

花角候補は気のいいオッサンの風貌で、イメージは良いし、途中から娘を全面的に登場させる浪花節戦略も良い。原発の争点化も外すことができたし、政党も隠せた。

そうやって第三者的に見ていると、花角候補で行っちゃいそうだけど、池田ちかこ候補の頑張りは、自民党をビビらせるに足るものだった。まさか最終コーナーまで接戦になるとは思っていなかったでしょう。

いろいろと戦略がハマっているのに、花角候補が差をつけられない理由はいくつかあるけど、一番は池田陣営の多角展開化が功を奏しているということ。街頭演説では最初の頃共産党色が強く出てしまったけれど、立憲民主を中心としたリベラル系から国会の「無所属の会」のような真ん中よりのところが踏ん張った印象。

今回のような選挙は、蓋を開けてみないとわからないけど、希望を感じる結果で終わって欲しいな。責任を取れない大人の傀儡県政だけは勘弁してほしい。

 

4+

Users who have LIKED this post:

  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)