ハウステンボス、300機のドローンが飛び交っているそうです

インテルの「ドローン・ライトショー」がスゴいらしいです!

たまたま見た映像に度肝を抜かれました。
300機ものドローンを飛ばせて、ショーができるなんて、なんてスゴいことを考えたのでしょう。。
日本では初の試みだそうです。

ドローンといえば、空撮というイメージしかなく、人が入れないようなところの調査とか、物資を運ぶというのもありますね。あとは、ドローンのレースもあるようです。
今、何かと注目を集めていますが、ショーまでデキちゃうんなんて驚きました!

同ショーで使用されるドローン「インテル Shooting Star」は、新しいタイプのUAV(無人航空機)で、フェスティバルやイベントなどで活用されるためのエンターテイメントに特化したデザインがされている。安全性を重視して設計され、実装されているLEDライトにより、40億ものカラー・コンビネーションを実現できるほか、あらゆるアニメーションにも簡単に対応できるという。

これら数百機のドローンの飛行は、なんと一人のパイロットによるコントロールできるようだ。インテルは、2015年に、最も多くの無人航空機(UAV)を同時に空中に浮かべたことで、ギネス世界記録を達成した。2016年には、その記録を自ら更新している。
https://robotstart.info/2017/06/23/drone-intel.html


夜空で、素敵な光のショーが繰り広げられて、UFOの中から宇宙人たちも驚いていることでしょう…

平原綾香さんの名曲「Jupiter」に乗せて、300機のドローンが輝く!
ドイツやアメリカを中心に1億3千万人以上を魅了した、近未来ドローン・エンターテインメント“シューティング・スター”を開催! ハウステンボスの夜空に、LEDのイルミネーションを纏った300機のドローンが音楽に合わせ、近未来のアーティスティックなショーを展開します。
http://www.huistenbosch.co.jp/event/drone-light-show/

開催は8月5日(土)までで、このショーは、ハウステンボスのハーバーエリアにて行われているそうです。
ハウステンボスに行って、見てみたいものです。チョー感動するだろうな!

ランキングに参加しています

3+

コメントを残す