映画『翔んで埼玉』を観てきました〜(^o^)

大爆笑の渦で 「あるある うんうん」連発で超面白かったです〜

次女が埼玉県で一人暮らしをしていることもあり、この映画が見逃せないと一緒に観に行ってきました〜

自分としては、あまり期待していなくて、
「え〜 なんで?? GACKTが出ているんだ。 どういうこと?!」

伊勢谷友介さんも出演されていて、雰囲気が ちょっとカブっちゃっているようなのもあるし。

二階堂ふみちゃんとGACKTが恋仲になるのかな??
なんて思って観に行ったら、そこは当たっていましたけど、二階堂ふみちゃんが女の子じゃない??

「埼玉県をディスる映画にGACKTが出ているのね」というくらいの感じで観に行ったならば、
まあ面白い・面白い。大爆笑

関東地方に住んでいる人には、もう”抱腹絶倒”間違いなしです。

その他の地方に住んでいる方にも、う〜ん、関東地方には こういう戦いがあるのかと面白おかしく見てもらえるんじゃないかな〜

東京都の中でもランク付けをし、青山、赤坂はランクが上で、田無や町田はディスられていました。
神奈川県は2位という位置づけで、東京都に媚びているという設定。

埼玉県、千葉県民たちは東京都民からひどい迫害を受けていて、通行手形がないと東京都に入れないなんて。。。

でも、ごめんなさい、神奈川県民なので、だいぶ笑っちゃってました。
映画館での大爆笑の笑い声・笑い声・笑い声。
なかなか無いです。
『カメラを止めるな!』も笑い声はいっぱいありましたけど、ここまでではなかったかな〜

埼玉県人の中でも差別があるようで、大宮と浦和がどっちが上を言い合いをしていたとき、他県民からすると、一瞬、「どちらもダサイタマだよ」とツッコミを入れたくなっちゃいましたよん。

「ダサイタマ」、「クサイタマ」、あとはなんだったっけ、「〇サイタマ」とディスる言葉のオンパレードの時は笑いが止まりませんでしたよん。

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

うわ〜、スゴい〜(笑) なんというディスり。

その上、埼玉県だけで症例の見られていた恐ろしい病気「サイタマラリヤ」。
二階堂ふみちゃんが高熱が出て倒れた時、「サイタマラリヤだぁ〜」に大爆笑。

こんなにスゴいディスり。

隠れキリシタンしかり、隠れサイタマで、草加せんべいを踏ませるのも笑い。
おせんべいには、埼玉県の鳥「シラコバト」が書かれているし。

いやいや、面白い・面白い。

千葉県もなかなかディスられていました…
落花生を穴という穴に詰め込む拷問。
地引網で鍛えられた足腰などなど。

埼玉県民と千葉県民の戦いで、出身芸能人で争う場面も大ウケ。

YOSHIKI【X JAPAN】(千葉)が上がれば、高見沢俊彦【THE ALFEE】(埼玉)。

両県が有名人【桐谷美玲・真木よう子(千葉)や反町隆史・竹野内豊(埼玉)】を上げていき、千葉県側が「ゆうこりん」こと小倉優子さんを上げた瞬間に「弱い」、そのあとに小島よしおさんで「もっと弱い」って言ったところは大爆笑。
最終兵器で市原悦子さんの旗がはためいたときは。。。
「わああああ!! そうだ!」と嗚咽をもらしちゃったではないですかっ。

でもでも、最後には「埼玉県日本征服」、「埼玉県世界征服」と埼玉県のスゴさをアピール。
有名な埼玉の企業を紹介し、あの会社もそうなのね、あのお店も埼玉なんだと感心いたしました。

2月22日に公開されてから、都道府県興収シェアが東京を抑え、埼玉県が全国1位となったそうですし。

埼玉県民の結束力の強さには恐れ入った次第です。

神奈川県民の竹中直人さんが都知事にお土産を持っていくシーンで崎陽軒のシウマイが出て嬉しかったですよん。映画館でも「おおお〜」という歓声が。

埼玉県人を演じた加藤諒くん。
迫真の演技、とても良かったです!!
ちなみに加藤くんは静岡県出身。

久しぶりに、京本政樹さんのお姿を見ることもできました。
相変わらず素敵でした〜

ポチッと応援してくださると嬉しいです♥

6+

コメントを残す