『焼きペヤングメーカー』でペヤングソース焼きそば超大盛りを焼いてみました〜

まるか食品監修の『専用ホットプレート』というのがあるのです!!

”ペヤングをさらにおいしく!”のうたい文句が箱に書いてあり、ペヤングが大好きなものとしては、その言葉だけで、いろんなことを妄想しちゃってました。

「どんなペヤングに出会えるのであろう??」
「焼いてあるペヤングって、どんな感じになるのだろう??」

早く、その『専用ホットプレート』を使って、焼いて食べるペヤングの未開の味を体験したい気持ちでいっぱいになっちゃっていました。

箱を開けると、ちっちゃなホットプレートが出てきましたよん。
おもちゃみたい。

遊びながら、楽しく調理できる、ワクワクしてきちゃったではないですかっ。

おいしい調理方法を見てみると、ワクワク感が頂点に!!

「水の量やソースを入れるタイミングを変えて、自分好みの『焼きペヤング』を追求してください!」と書いてあります。

うん、慣れたらそうしてみよう。

今回は初めてなので、調理方法に書かれたとおりに作ってみましょう。

まずは水の量を測って、『専用ホットプレート』に注ぎます。
水の目安は、普通盛…220ml 超大盛…300ml なのね。

水が沸騰したら、麺とかやくを入れる。

 

下半分がしんなりしてきたら麺を裏がえすのね。
目安は約1分だそうです。

水気が少なくなったら、麺をよくほぐし、水気が無くなるまでよく炒める。
この炒める行為が、これぞ、まさに、醍醐味の『焼き』です!!!

屋台の焼きそば屋さんとまではいきませんけど、麺をかき混ぜるときに煙がブワーッとなり、麺がじりじりと焼ける音は、まさに、まさに醍醐味です。

わあ、焼きペヤングだぁ〜〜

炒め終わったらまんべんなくソースをかけ、全体によく絡ませるのね。

  

ジューッと、いい音と共に、いい香りに包まれます。

わあああ、美味しそう!!!

仕上げに、付属のふりかけ・スパイスをかけて完成です。

焼きペヤングができました!!

食べてみましたら、いつものカップ式やきそばとは違うというのが第一印象。

麺のもちもち感といい、香ばしさといい、ソースがちょっと焦げた感がいいんです。
これは、もはや、別の次元のペヤング?!

カップで作ったときよりも、ソースの味が濃いように思いました。
そうか、麺の水分を焼いてとばしたからでしょうか。

上手にできなかった反省点は、麺が固まっているところが多少あったことですね。

これはありでしょう。

”ペヤングをさらにおいしく!”のうたい文句は間違っていませんでした。
おっしゃる通りでございました。

そのあと、もう ちょっとだけ食べれそうな気がしたので、「ペヤング海老やきそば」も焼いてみたら、海老が香ばしく焼けて、なんということでしょうという美味しさに。

ホットプレートで焼き肉や、鍋をやったり、はたまた 外でバーベキューをするなど、台所での調理ではなく、みんなで作る感の料理は、また一段と美味しく感じるのではないでしょうか😊

ポチッと応援してくださると嬉しいです♥

6+

『焼きペヤングメーカー』でペヤングソース焼きそば超大盛りを焼いてみました〜” に対して1件のコメントがあります。

  1. 臺灣貓老公 より:

    美味しそうですね!試してみようかな🤗

    完全にペヤング専用なのでしょうか。私の好きな一平ちゃんにも使えるかしら(^O^;

    1. juris より:

      『焼きペヤングメーカー』は2,980円(税別)で、お手頃価格です!
      ペヤング専用かどうかは分かりませんけど、他のカップ焼きそばもいけるかもしれませんね。
      あっ、他のカップ焼きそばだと水加減が難しいかもです(汗)

コメントを残す