台風が通過するまでは 気が気ではなかったです。。。ドキドキしていましたよん

台風が通過する時、はたまた通過した後、何事が起きるのかと思わんばかりの恐怖心をあおる台風関連ニュース

携帯から時折 緊急速報のいや〜な警報音が流れて、「もう、やめて」と言いたくなっちゃいましたよぉ〜
それでなくとも、台風関連ニュースで『直ちに命を守る行動を』なんて言っていて、恐怖心をあおられているというのに。
ホント、やめてほしいですよ。
ああいう表現。
どんだけスゴい台風が通過するのよとドキドキしちゃうじゃないですか。

台風関連ニュースで、「今まで大丈夫だと思っていた常識が通用しない」なんてことも言っていて、心の中では誰しも「自分は大丈夫だろう」と思いたいところを、ニュースで言われてしまうと、もしかしたら避難所に行かなきゃならない事態になるかもしれないとか、停電・断水になるかもしれないと恐怖心がまたフツフツと湧き上がってしまいました。

一応、前日から防災グッズが入ったリュックを点検して、飲み水、食料、ラジオ、懐中電灯、ランタン、カッパ、携帯トイレなどなどが入っているのを確認。

ローリングストックをしなければいけないと痛感いたしました。
とりあえず、災害備蓄用パンとカンパンを食べて、新しいものを入れておくようにしようと思います。

断水になったらどうしようということで、ポリタンクに水を入れたり、ありとあらゆる水筒・鍋に水を入れたり。

食料もどうなるだろうかと、お米をいっぱい炊いたり、ゆで卵やふかし芋を作ったりと。。。
そんなことをして、もうグッタリ。

そんなことをしていると、今度は地震。
台風&地震。
もう、どうなっちゃうの。
どこかの誰かが国民を困らせようと仕組んでいるのかと思う始末。

そんなことで、避難することになったらどうしようかなと考え始めたら、頭がもうろうとしてくる始末。
旦那がハザードマップを確認してくれたら、危険区域でないことが判明したので、そこでホッと一安心。

断水になったらどうしよう、避難所に行くことになったらどうしようで、お風呂に午前中と夜と2回も入っちゃったではないですかっ。

台風関連ニュースで言われていた『直ちに命を守る行動を』で、身体が緊張している状態が続いていたのでしょうか、強風が おさまった21時くらいから、急激に疲れがドバッと出てきてしまい、ヘロヘロに。
避難所に退避されている方たちは、私が体感した疲れの状態ってものではないでしょう。
そういう大変な状態を ほんの少しですけれども体験させていただきました。

『非常に危険、命助かる行動を』

「命を守るから、命助かる行動になっちゃったよ」と頭をかかえてしまいましたね。

今回の台風で、テレビにより情報を得られることは有り難いですけど、恐怖心をあおられるのはどういうものかなと考えさせられました。

会見をしていた気象庁の梶原靖司予報課長を見ていたら、ちょっとだけムロツヨシさんに似ているななんて思っちゃったのは私だけでしょうけどね。。。トホホ

 

ポチッと応援してくださると嬉しいです♥

6+

コメントを残す