『おすぎとピーコ』はどうしているのかな…なんて思ってしまったわけでして…

家に”籠もる”の”こも”から 何故かしらねど、”小森のおばちゃま”になったことから始まってしまったんですよね。。。

こんなことばかりを考えている日々を送っておりまして、クチに出た言葉から連想されるものをついつい言ってしまう癖がありまして。。。

旦那も同じような部類でダジャレ好き。例えば、
「もう年だから」の年の言葉に反応して、「敏いとうとハッピー&ブルー」と言ったり。
「古紙回収」の古紙の言葉に反応して、「越美晴」と言ったり。
「寒ーいね」の寒ーの言葉に反応して、「サミー・デイビス・ジュニア」と言ったり。
「あと3本あるね」の3本の言葉に反応して、「サンボマスター」と言ったり。

この間なんかは、「途方に暮れてるね」から、「はい、なんですか?」と促しても分からないというので、「”そして僕は途方に暮れる”でしょ」と、ふてくされてしまいましたけどね。
そうです、大沢誉志幸さんの”そして僕は途方に暮れる”です。

こんなことばかりをしていて、「家に籠もっていて」の籠もっての言葉に反応して、”小森のおばちゃま”が出てきたんですよね。

画像元:shikoku-np.co.jp

わあ、”小森のおばちゃま”かあ。
懐かしいなあ。
自分で言っておいて、自分で懐かしんじゃってましたけど。

”小森のおばちゃま”といえば、映画評論家。

映画評論家といえば、淀川長治さんや水野晴郎さんがすぐに頭に浮かびます。
『日曜洋画劇場』『金曜ロードショー』の解説を見るのが楽しみでしたねぇ。

今だったら誰がいるかな? 映画評論家って??
LiLiCoさん、町山智浩さんなんかが頭に浮かんで、
そうだっ!! ”おすぎ”さんだってなったんですよ。

そういえば、『おすぎとピーコ』のお姿を最近見ていないよなってなりましてね。

『おすぎとピーコ』は1945年1月18日生まれの75歳。
もう、75歳になったのですね。

お元気にされているのだろうかと心配になってきちゃって。。。
そういえば、ピーコさんは左目にメラノーマ(悪性黒色腫)というがんを患って、眼球を摘出されて、義眼を入れていますしね。

銀座の街を大きなカバンを抱えて、颯爽と歩いていくピーコさんをお見かけしたことがあって、ファッションセンスも良くて、カッコいいなあって見とれちゃいましたっけ。

そう、そう、『辛口ピーコのファッションチェック』が好きでしたね〜

それにしても、お二人とも、どうされているのかな。。。

『爆報!THEフライデー』で取材されたっけかな?って考えてしまいましたけど、記憶に無いってことは取材されていないのでしょうかね。

わお、2018年2月23日の『爆報!THEフライデー』で、ピーコさんが、かつて恋をしていた野村宏伸さんと、涙の再会を果たしていました。
すっかり忘れていました〜
お元気そうで、なりよりです😊

 

近況をちょっと調べてみましたら、福岡を拠点に活動中ということで安心致しました。

九州朝日放送で『サンデーおすぎ』という番組を3月末までされていたようです。
5月4日に、『サンデーおすぎ』で行われていた大人気コーナーが復活しますというTwitterを発見!

@5LJSd69LuodTa2j Twitter

『おすぎとピーコのシスターシスター』というラジオ番組も3月いっぱいで終了したそうです。

番組ファンからは「もしかしたら、博多を離れるのかも。。。」と心配する声もありました。
その声に「それは、無いんじゃないですか。あれだけ、博多が好きって言ってたおすぎさんですから」というファンも。

@kbc_osugi Twitter

2019年12月1日に投稿されたTwitterの写真。
KBC前で福岡国際マラソンの応援している”おすぎ”さん。
相変わらずに、オシャレですね!!

バナーを押してくださると嬉しいです😊
応援の程よろしくお願い致します♥

8+

コメントを残す