『レディ・プレイヤー1』で大抜擢された森崎ウィンくんってハーフなのかな??

今晩放送される『レディ・プレイヤー1』。日本人(?)の森崎ウィンくんが出演していて嬉しかったんですけど、ハーフなのでしょうかね??

@win_morisaki_official Instagram

映画はさておいて、森崎ウィンくんはハーフなのか?日本人なのか?と思っていたら、なんと、生粋のミャンマー人でした。

日本人の血は一切入っておらず、ご両親共にミャンマーの方だったのです。

2018年の映画公開時には、いろんなメディアに登場していて、日本語が普通に上手(?)だったし、名前が【森崎】なんで、てっきり日本人かハーフなのかなと思い込んでいました。

まさか、まさか、生粋のミャンマー人だとは思いも寄らなかったです。

森崎ウィンくんは1990年8月20日生まれの29歳。
出生地はミャンマー ヤンゴン。

小学4年生で日本の地を踏んだというウィンくん。

ご両親は出稼ぎのために日本に来ていて、ウィンくんは幼かったためミャンマーでおばあちゃんと一緒に暮らしていたそうです。
おばあちゃんが英語の先生をしていたこともあって、英語も流暢に話せるようになったのですね。

中学2年生のときにスカウトされて芸能界へ入ったんですってねぇ〜
そんな前から日本で活躍していたなんて全然知りませんでしたよ。。。トホホ

2008年に、ダンス&ボーカルユニット『PRIZMAX』に加入し、ボーカルを担当していたとはっ。

@win_morisaki_official Instagram

『レディ・プレイヤー1』のオーディションに受かって芸能界入りし、それまでは素人だったのかなと勝手に思い込んでおりました。

@win_morisaki_official Instagram

@win_morisaki_official Instagram

映画デビューは、2009年の『ごくせん THE MOVIE』だったんですね。
ヤンキー生徒の中にいたのでしょう。きっと。

映画デビューから10年もしないうちにハリウッドデビューができるなんてラッキーボーイとしかいいようがありません!!

これはスゴい!! マシ・オカさんとツーショット😍

@win_morisaki_official Instagram

2018年に映画館に見に行ったんですけど、VRの世界の印象が強くて内容をすっかり忘れてしまっているんで、もう一度ちゃんと見てみたくなっている感じでしょうか。

VRの世界のお話というと、どうしても、フェイスブックの創設者マーク・ザッカーバーグがスタートさせたVRのSNS『ホライズン』の世界と重なってしまうんですよね。

まさしく、次世代VRワールド・・・・パラレルワールド

どんどんと現実化していく

もはや、映画の世界や都市伝説ではなくなってきている現実。

 

森崎ウィンくんのお顔を見ていたら、誰かに似ているなって感じたんですよね…

あっ、そうだ、そうだ、お笑いコンビ『ミキ』の亜生くんだあ〜🤩
わおおお、一緒に映っている写真がインスタにあったではないですかっ。

@win_morisaki_official Instagram

メガネをかけると余計に似ているっ。

いい笑顔😊

ポチッと押してくださると嬉しいです😊
応援の程よろしくお願い致します♥

8+

コメントを残す