ペコちゃんが南極大陸で隊員の方たちを和ませているなんて知りませんでした…

日テレ系『スクール革命!』の【クイズ!おかげさまで◯周年】で知りました!!

毎週楽しみに見ている関東ローカル番組である『スクール革命!』。
ためになる情報も満載だし、とにかく面白い!
それなのに、なんで?全国放送にならないのかが不思議なんですけどね。

8月2日に放送された回も大変ためになるものが多く、今更ながら知ることができた情報を有り難く思っております。

【クイズ!おかげさまで◯周年】ということで、のりたまが60周年、ケンタッキーが50周年と、自分とだいたい同じ歴史を刻んでいることもあり興味深く見ていました。


カルビーのポテトチップスうすしお、森永ハイチュウも45周年。

まさしく黄金時代。
自分が小中学生くらいのときは色んなものが流行りだしたものです。。。
アメリカから、ケンタッキーやマクドナルド、ファンタなどなどが入ってきましたものね。

そして、不二家のペコちゃんの問題で、「1976年、ペコちゃんがあることで一躍有名に!その理由とは?」

あの有名なペコちゃんがあることで一躍有名になったこと??

1976年に?? なんだろう?? なあに?? 知らない

なんと! その答えは南極大陸に行ったことです!
南極観測隊員たちの希望で不二家が寄贈したのだそう。
ペコちゃんがいると厳しい南極での生活が和むということで希望されたそうです。


現在も昭和基地で隊員の方たちと暮らしているとのこと。


わああああ、知らなかったなあ〜

南極大陸にペコちゃんがいるなんて。。。
素敵なことじゃないですかあ。

そして、そして、不二家は70周年!!!

1950年、不二家の店頭人形としてデビューしたペコちゃん!

でもでも、初代ペコちゃんは今とは全然違って、その姿に驚愕しちゃいましたよお。

木と紙で作ったお人形・・・


傷むのが早かったため、プラスチック製へとなったそうです。
その当時、店頭人形は珍しい存在で、子どもから好かれる人気者になっていきました。


今でも、ペコちゃん人形に目が行ってしまいますものね。
あの愛くるしさは永遠です。

そうです、ペコちゃんは永遠の6歳。
身長:100cm
体重:15kg
名前の由来:“子牛”の愛称「べこ」を西洋風にアレンジしたもの
性格:明るく元気

ペコちゃんの他にもポコちゃんや、ドッグ、ラブリーキャティ、ペコラちゃん、キャットというキャラクターがいます。
ペコちゃんの部屋プロフィール参照

ペコちゃん、いつまでも、いつまでも、南極大陸の昭和基地で隊員の方たちを和ませていてくださいね?

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

7+

コメントを残す