日本武道館の屋根が改修工事により綺麗になったことを発見致しました!!

ホントびっくりしましたねえ、コロナ禍で大変な時期に改修工事をしていたなんて知りませんでしたよお〜

画像元:www.asahi.com

キレイな緑青色です!!

画像元:www.asahi.com

そうか、そうか、東京オリンピックに向けての改修工事をしていたのかあ。
そういうことだったのねえ。
全然知らなかったもので。。。
改修工事が終了し、7月29日に報道陣に公開されていたのですね。
座席も一新されトイレも綺麗に改修されたんだな〜

世の中を斜めに見ているオバヤンですので、こんな大変なコロナ禍だっちゅうのに、なんで?なんで?ということが多々あるものですから、そう感じてしまいましたとさ。

8日に行われた『立皇嗣の礼』で2億円かかったとか、そういうニュースを聞いたばかりで、こんなコロナ禍に秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となられたことを内外に示す儀式なんて今年中にやらなくてもいいのにな なんて斜めに見たばかりだったからかもしれません。

燦然と輝く八角形の大屋根!!
ライトアップの光も心なしか以前よりも明るくなっているような氣がします。
屋根の上の玉ねぎに例えられる擬宝珠(ぎぼし)も綺麗になったのか、黄金に輝き後光が差しているようで、思わず手を合わせてしまいそうになっちゃいましたよ。

武道館に行ってみたのは、『Creepy Nuts(クリーピーナッツ)』というHIP-HOPユニットのコンサートがあり近くまで行ってみたということでなんです。
娘が人生初の1人コンサートで不安そうだったので、武道館まで一緒に行ってあげたというのが本当の話。
まあ、会社から武道館は歩いて10分くらいなんで、そんな仰々しいものじゃないんで。

娘が撮ってきた写真

『Creepy Nuts(クリーピーナッツ)』は、一度『スクール革命!』に出演したのを見たことがあるんですけど、ラップのグループで、自分にはついていけそうにないかなという印象でした。。。トホホ
韻を踏むとか、ディスるとか、センスがないと出来ない難しいものかなと見ております。
ヒップホップ、ラップのコンサートでどんな感じなんだろうなあ!?

ラップの語源は、擬音語で、トントン、コツコツ、といった物音を意味する。心霊現象のひとつであるラップ現象(ラップ音)はこの意味である。(Wikipediaより)
うわっ、ちょっとラップ現象と同じ意味というのが怖いですけれども。

DJを担当しているDJ 松永はイギリス・ロンドンで2019年9月に開催されたDJの世界大会『DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP FINALS 2019』のバトル部門で優勝した経歴の持ち主。
実力派なんですねえ!

映像元:natalie.mu

菅田将暉さんとコラボしている『サントラ』という楽曲もあるんですって。

【画像をクリックすると動画になります】

なかなか、良い歌詞で感動してしまいましたよん。
菅田将暉くんって歌が上手なんですねえ(^o^)

 

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

10+

コメントを残す