ニャロメのCMで検索しようとしたら『ニャロメの塔』というのが出てきて何かな?と見てみたら…

ちょうど今年の5月に【懐かしいなぁ〜『ニャロメ』!!】というブログを書いたばかりで、事あるごとにニャロメの話題が出ているところに、テレビをつけていたら、ニャロメが出てきてビックリしたところだったんですよ〜

ニャロメが出ているCMはなんなのかな???

【画像をクリックすると動画になります】

ソフトバンクの“ワイモバイル”のCMだったのかあ!!
ニャロメに目が行っちゃって、他は全然見ていなかったものでして。。。

横浜流星くんと吉岡里帆さんの【Y!でいいのだ】篇だったのね。

シェ〜〜ってやっているけど、イヤミは『おそ松くん』のキャラなんだけどなあ!?

ニャロメはアブダクションされちゃっているし。
あ〜あ、UFOに吸い込まれちゃって、遠い宇宙に行ってしまうのでしょうか。。。

このニャロメは、“ワイモバイル”のCMでおなじみのふてニャンが【ふてニャロメ】に変身したものだったのか。

これを機に、ニャロメの人気が出てきそうな予感が。
『もーれつア太郎』、大好きだったなあ。

それで、それで、「ニャロメのCM」で検索しようとニャロメとキーを打っていたら、『ニャロメの塔』というのが出てきたんですねえ〜

「何?何?何?何? バベルの塔じゃないよね?」と目をコスっちゃったではないですか。

え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛ 心霊スポットなの??

『ニャロメの塔』で殺人事件も起きているんだ…
2015年に、高校3年生の女子高生が刺殺され、犯人は男子高校生だったのか。

そういうことで、心霊スポットになっているのかな…
殺害された女子高生の霊が出るとウワサされるようになったそうです。

橋本紡さんの純愛小説『半分の月がのぼる空』では、『ニャロメの塔』のある虎尾山が舞台になっていて、恋愛の聖地として熱心なファンが訪れる名所なんだなぁ〜

そもそも、その虎尾山にある『ニャロメの塔』ってなんなんでしょうか??

虎尾山は三重県伊勢市尾上町にあり、標高は50.9m。

 

虎尾山山頂に『明治聖代戦役記念碑』として、1928年(昭和3年)4月3日に日清戦争・日露戦争を記念する碑が建立され、戦役記念碑にニャロメの落書きをされたことから『ニャロメの塔』と呼ばれるようになったみたいなんです。

画像元:ghostmap.net

それにしても、趣がある塔ですよね。

昔の写真を発見!!
塔の頂上の鵄の像は金色だったそうで、近くで見たら迫力があったでしょうね。

画像元:inisienoise.net

ニャロメの落書きをしたことにより、『ニャロメの塔』と言われるようになっちゃったので、その落書きをした人はどう感じているのでしょうかね。
その人は、自分と同年代か少し上くらいの人だと思うのですけれども。。。

 

バナーを押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

7+

コメントを残す