【都市伝説対決】キックvs島田秀平 前編を見てみましたが、ババ・ヴァンガの予言が当たらないで欲しいものだと思いました。

『島田秀平さんの都市伝説』で、時代は巡るとババ・ヴァンガの予言について話をしてくれていました…

【画像をクリックすると動画になります】

とても興味深い内容でした。

なぜ?武漢からコロナが発生したのか?
中国を悪者に仕立て上げている闇の組織がいるんだという話がある。いわゆるディープステートと言われている組織、さらにバックにはイギリスがいるんじゃないか。

なんで、中国を落とし込めたいか?
最近、中国がチカラを持ち過ぎているんで、それを削がないととしているからではないか。

中国は宇宙戦争に勝ち、2019年、月の裏側に先立って到達している。
もう一つは、新しい通貨【デジタル人民元】を発明しているから。

ドルで支配されていた世界で、何もしなくても手数料が入ってきてヌクヌクしてきた人たちが困ってしまうからではないかと。

今年は辛丑(かのとうし)という年で、60年で時代は一周するので還暦もあり、60年周期で色んな事
が起きていく。

60年前の1961年にはどんなことがあったか、

ベルリンの壁が出来た、ガガーリン(人類)が初めて宇宙に行った、ケネディ大統領が誕生したということで、これを見ていくと、世界の二分化が進み、宇宙の大きな発表があるんじゃないか、新しいケネディのようなニューリーダーが出てくるのではないか。

疫病が流行ったあと、地震が起きて、地震が起きた後に皆んなが不安になるので独裁者が生まれて、そのあと戦争にいく・・・
これが結構ワンセットになっている。

2021年は、二分化、宇宙時代、ニューリーダー、地震というキーワードが出てくるんじゃないかなという話があるようです。

 

ババ・ヴァンガが2021年のことをどう占っているのか・・・

ドラゴンが地球を接見する。強いドラゴンが地球を掌握する。
世界は多くの気候変動や災害に苦しむ。
困難な時代がやってきて、人々は分断される。
人類の運命を変えてしまうような衝撃的な出来事を目撃することになる・・・「もう、宇宙人襲来じゃないの」と小沢さん。
3つの巨人が融合する・・・「中国・ロシア・インドなんじゃないか」と島田さん。
一部の者が赤いお金を手にする・・・デジタル人民元を使い始めて、欧米と二分化が進み戦争になるじゃないかと。。。

色んなことが繋がっていくのでしょうか。
いやいや、そうならないで欲しいと願うことしかできませんが。

第三次世界大戦にならないことを祈るばかりです。

今日は2月22日で、2が3つ繋がる有り難い日。
その上、大安。
エンジェルナンバー【222】の意味は、
「心配や不安は手放してください。あなたの想像通りに全てうまくいく事を信じてください。
そして今あなたがしている事をこのままし続けてください。」引用:ukiuki-smile.com

猫ちゃんの日でもあるんですね…

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

9+

コメントを残す