新紙幣が発行する2024年に前代未聞のショーが起きるとは?!

Mr.都市伝説 関暁夫さんの『関さんぽ』で【紙幣の都市伝説】もお話してくれて、改めて千円札紙幣に書かれている絵柄の意味を教えていただきました!!

「なんで、このタイミングで新紙幣なんですか?」とスタッフがMr.都市伝説に聞くと、、、

「実は、政府の隠れた狙いが存在するの」と言うではないですかっ。

日本のタンス貯金は40兆円以上あるって言われていて、政府は新紙幣の発行でこれをあぶり出すということらしいのです。

銀行に呼ぶきっかけができてるわけ

新紙幣は普及させようなんて政府はハナから思ってねえから。。。

そういうことなんですねえ。
「信じるか信じないかはあなた次第です」

もう、信じざるを得ませんよお。

1946年に日本でデノミネーションと預金封鎖が起こった時の大蔵大臣が、渋沢栄一の孫である渋沢敬三ですしね。

デノミネーションと預金封鎖とは、簡単に言うと、古い紙幣を使えなくして新しい紙幣への交換レートを下げ、かつ強制的に預金させるということです。
引用:gentosha-go.com

【紙幣の都市伝説】

千円札裏に書いてある富士山の絵で、水面に映っている富士山は、聖書にも出てくるモーセが十戒を手にしたシナイ山なんですって。

これは有名な話ですけど、野口英世の顔を半分に折ると、正面の顔は日本人だけど、裏返すと外国人の顔になっちゃう。


透かしてみると、富士山頂に目のマークがくるようになっている。
秘密結社のマークを彷彿とさせるものが浮かんでいるなんて。。。

 

野口英雄の左目を真ん中から折り、透かし部分の左目の真ん中を折り、一番端っこを最初に折った折り目に合わせると、裏の NIPPON GINKOの3つのNの同じ箇所に折り目がついているなんて、スゴすぎませんか。


そして、モーセが海を割ったように海を割るアイテムっていうのが鏡。
Mr.都市伝説は「鏡は真実を映すもの」と言い、折った3つのラインに鏡を置くと、Nだった文字がWという文字が出てきたではないですかっ。


そうです、Wというのはヘブライ語で6を表すので、3つのWで、666っていう数字が千円札に刻まれているわけなんです。

うへ〜〜、スゴい都市伝説を教えてくれたMr.都市伝説 関暁夫さん、有り難うございます!!

この世は、摩訶不思議なことばかり。
知らないことばかり。
いや、騙されている、誤魔化されていると言ったほうが合っているのかもしれません。

今日は、ホントにホントに驚いたことがありましてねぇ。
京急車内から、品川に向かって左側の窓から東京タワーが見えることを発見してから、今日は見えるかなと楽しみにしていたのに、椅子に座れず通路に立っていたので確実に見れると思っていたのに、位置が悪かったのか、見られず終い。
トホホと落ち込みながら、品川から泉岳寺に向かう途中、右側の席でボーッと外を見たら、なんと!なんと! 地下に入る寸前で、ほぼ全貌の大きな東京タワーが浮き上がってきたではないですか・・・
あまりの嬉しさで涙が流れてきちゃっていました。
感動で身体中の毛が逆立ち、感動で身体が震えておりました。
有り難うございました

 

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

+11

コメントを残す