『花祭り(灌仏会)』お釈迦様の誕生日に思いを馳せました…小籔さんはお怒りのようですけど

4月8日はお釈迦様の誕生日であり、12月8日はお釈迦様がお悟りを開いた日であり、2月15日はお釈迦様が亡くなった日…

今週初め、急に頭に浮かんだことは、「4月8日は『花祭り』だな〜」と、いうこと。

 

そういえば、花で飾られたお釈迦様に甘茶をかけたっけな。
幼稚園のとき、お稚児行列をさせてもらって楽しかったな〜

最近、ほぼ毎日、瞑想をしているんですけど、よく頭に浮かんでくるのが、お稚児さんの格好して満面の笑顔の自分……

ホント嬉しそうな顔をしてて、今まで生きている中で、あんなにイイ笑顔はないんじゃないかって顔をしているのです。

急にあの顔が浮かんでくるなんて、瞑想って不思議としか言いようがない。

一度出てきて印象が深かったからか、瞑想する度に出てきちゃって。
そして いつの間にか、涙が流れて、流れて、止めどもなく流れて。。。

「どんだけ楽しかったのかな、お稚児さんの格好が出来て嬉しかったのかな」と、色々と想像してみる。

妹が生まれたばかりで、私に目が行き届かなくなってる時に、母親を独り占めにできた嬉しさも入っているのかな…

子どもながらに、花で飾られたお釈迦様がヒカリ輝いて見えて、甘茶がいい香りを放ち、不思議な世界に迷い込んだかの雰囲気も心地良かったのでしょう。

小さい頃に刷り込まれたものは大きくて、お寺が幼稚園を運営していた影響も強いのかもしれません。

そういうことで、お釈迦様というワードが頭の片隅にへばりついている、そんな感じなのです。

幼稚園はだいぶ前に無くなっていて、お寺だけとなり、友人の母親が亡くなった時、幼稚園だったお寺に葬儀で行った際は、なんとも言えない深い郷愁に駆られました。。。

もう一度、幼稚園のあったお寺に行ってみようかなと目論んでいましたけど、グーグルマップで調べたら、今や民家のような佇まいになっていて、諦めた次第です。

心の中で、「『花祭り』おめでとうございます」と密かに言っていたら、京浜蒲田からすぐの所でも東京タワーが見えることを発見できたのです!!
なので、品川に向かうまで2回、東京タワー様を拝むことが出来ました!!
こんな有り難いことがあるのでしょうか〜\(^o^)/

2月に撮った東京タワー

 

小籔千豊さんが、「クリスマスだけやる日本は”おかしい”」と言っているそうなんですね。

画像元:sirabee.com

「お寺やお葬式で、お釈迦様のお弟子さんを元にしたスタイルのところにお世話になってるのに、お釈迦さんの誕生日パーティーをせずクリスマスだけやる」という日本がおかしいと強く語った。
引用:sirabee.com

全く同感。
キリストの誕生日は盛大にお祝いするのに、お釈迦様の誕生日を知ってる人はほとんどいないんじゃないでしょうか。
小籔さんの『釈迦の誕生日祝わんかい!』発言に、共感と納得の声が相次いだそうです。

突然の雷に驚いているところです。
天気予報を見ていなかったな〜
うわああ、ピカッとしましたよん。
ありゃりゃ、スゴい雨だし。。。
ランニングと思っていたのに、コリャ参った、参ったです。。。トホホ

 

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

+9

コメントを残す