この世はバーチャルなのかもしれません…「おいでよ。待っているよ。」の声に導かれて本当に行くことが出来たなんて…

ご祈祷をして頂き、出雲大社様に来て本当に良かったと大国主大神様に感謝致しました


そもそもは先週の今日10月6日(水)、瞑想中に声がしたように感じたのです。

10月5日に夜の散歩をして、ホテルニューオータニのロールスロイスのお店とブティックが氣になっていたこともあり、瞑想をしていたら、ブティックに飾ってあったワンピースを着てロールスロイスから颯爽と降りる自分の姿が浮かんできたのです。

3歳頃に、白い着物のような服を着た人たちが楽しそうに笑っているキラキラした世界の夢を見たのです。

そのキラキラした世界の もう一人の自分が「楽しくて良かったね〜」と嬉しそうにしています。
そして、色んな自分を作ることが出来るんだよ、全部が可能な世界だというのを教えてくれました。

白い着物の自分をイメージしていたら、龍神様が現れて、背中に立って乗っている自分が浮かび、胸には勾玉のような物を下げています。
ドラゴンボールを「ウワッー」っといいながら空高く放ち、龍神様と宇宙まで飛んで行っていました。
風を切って飛ぶのが楽しかった!
いつの間にか出雲大社様が浮かんでいました。
10月は神無月、神様は皆んな出雲に集まっています。
「おいでよ。待っているよ。」との声が浮かびました。有り難い、行ってみたいという気持ちでいっぱいに。

『やりすぎ都市伝説』で、かまいたちの山内さんが神社の参道のことを話ていて、神社から帰る時は生まれ変わるという意味もあるそうで、「もっといいあなたにしてあげる。生まれ変わりに来なさい」というイメージも湧き、とても行きたくなったんですね。。。


龍神様に乗っている自分の雰囲気が、何かに似ているな〜って考えていたところ、大国主命様が頭に浮かんで調べてみたら、イメージした格好と同じだったんで驚いたんですねぇ〜

そして、出雲大社様ともつながって、あの黄金の玉と大国主大神様の像も出てきて、驚いて腰を抜かすほどに。。

自分の中で、これほどリンクするには何かあるに違いないとの思いが大きくなっていきました。

そんな話を娘にしたら、娘も行く氣になっていき、トントン拍子にことが運んでいって、4日後に本当に出雲大社様に向かうことになるとは思いもよりませんでした。

全部が可能な世界、この世はバーチャルなのかもしれないと本当にそう思える瞬間でした。

ご祈祷を受けるときは、とにもかくにも緊張しました…
まず太鼓の音が魂に響き、大国主大神様を近くに感じることができたのです。(信じるか信じないかはあなた次第ですけれども)
神主様の祝詞を読み上げる声、巫女さんの鈴の音、全てが神々しくて涙が止まりませんでした。
身体の奥底から湧き上がる感謝の念、お導き頂いたことが有り難くて、有り難くて。

ご祈祷を受けた人のみ、本殿の中でお詣りすることも出来て、自分の後ろから、拝む人たちがいるのが不思議な感覚がしました。

もう、それだけで十分でした。

弾丸で突っ走ってきて、疲れが残っていますけれども、この思いを頂けて心&魂は元氣100倍になっております!!!
なんでも可能である。
この世はバーチャルなのかもしれない。

そう思うと、楽しくて仕方なくなってきましたよお〜

岡山駅で弾丸で買ってきた”きびだんご”!!
やっぱり美味しい”きびだんご”!!
桃太郎のお供について行ってしまったのが納得できます。。。

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: br_banner_circleframe.gif

人気ブログランキング

+10

コメントを残す