「人は人と出会うから素晴らしいのだ」という言葉に感動いたしました。。。

NHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』の再放送を見ていて心に響く台詞に出会いました…

NHKで16:20〜放送されている連続テレビ小説の再放送を『カーネーション』から録画をして見ているんですけど、『あさが来た』や『花子とアン』などリアルタイムで見れなかったドラマに感動させてもらっています。

ここのところバタバタしていたり 骨折したりして、なかなか録画を見れなかったんですけど、やっと11月30日に放送された第48回を今日見てみたら、心に響く台詞があって なんだか分からないんですけど 胸が熱くなってしまったんですね。。。

今日は祖父の命日で お墓参りに行って来たばかりだったんで、自分の中で「もしかしたら、祖父が贈ってくれた言葉かもしれない…」って、嬉しい解釈にしちゃっていました。

ドラマのあらすじを書くと長くなっちゃうんで省略しますが、純ちゃん(山口智子さん)の家に養子として入った雄太が、養子となる申請時にお世話になった清原先生(浜村純さん)から贈られた言葉が素晴らしかったのです。。。

人間にとって名前は大切なものだ。
これから君は小野雄太として、長い長い人生を送ることになる。
いいかね、誰のためでもないのだ。
自分自身のために名前を大切にしてくれ。

それよりも小野雄太くん、今日は君に こういう言葉を贈ろう。。。

山は大きい
しかし、キリマンジャロはヒマラヤとは会うことは出来ない

人間は小さくて弱い
しかし、時間さえかければ 会いたい人に会うことが出来る


分かるかな
アフリカに伝わる言葉だ
人はね 人と出会うから素晴らしい
覚えておいてくれ

清原先生のお言葉を正座して聞き入っている自分がおりました。

希望に満ち溢れ、これからの人生がワクワクするような・・・そんな気持ちにさせて頂きました!!!
どんな出会いが待っているのだろう。。。
会いたい人に会うことが出来る。。。時間さえかければ…
そう願うことも大事だなぁ〜
自信を持って、楽しみにしていよう。。。

純ちゃんのお父さんを演じた川津祐介さんが素敵だったんですよね〜
「惚れてまうやろー」ってくらいに。

1935年(昭和10年)生まれなんですね。
父と同じ年なのかあ。

色々と思うこともあるので、またの機会に『純ちゃんの応援歌』の出演者についても書きたいと思っています。
小野雄太くんを、のちに唐沢寿明さんが演じることになりますしね。。。

頂いたドトールコーヒーの『もっちりどら焼き』が、ホントにもっちりしていて美味しかったで〜す\(^o^)/

ポチッと押してくださると嬉しいです
応援の程よろしくお願い致します♥

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: br_banner_circleframe.gif

人気ブログランキング

+12

コメントを残す